Regional SCRUM GATHERING® Tokyoセッション公募ページへようこそ

Welcome to Regional SCRUM GATHERING® 2016 Call For Sessions

→ See description in English.


このページは、Regional SCRUM GATHERING® Tokyoのセッション公募サイトです。
イベントについてはRegional SCRUM GATHERING® Tokyo公式サイトをごらんください 。

まずここではセッションを投稿することができます。さらに、興味のある他人のセッションに投票したりコメントすることでコンテンツ作りに参加することができます。投稿者はコメントを受けてセッション内容をより良いものにすることができます。
みなさまの積極的な参加をお待ちしております!

■セッション公募の流れ
下記のスケジュールに沿って、セッションを公募します。

  1. セッション公募とレビュー     2015/10/24~2015/11/28
  2. セッション決定と登壇者へのご連絡 2015/11/28〜2015/12/12

■セッションSpeakerになりたい方へ
下記の要領に従って、セッションの内容を登録してください。

  1. まずは、ideaScaleユーザーの登録
  2. 左上の“新しいアイディアを投稿”をクリック
  3. 画面に従い、セッションの題名、内容を入力
  4. 適当なタグの他に、セッション枠(20分または45分)をタグ付けして下さい
  5. セッション内容に合ったキャンペーンを選択し、投稿!
キャンペーンについて
キャンペーンとは、セッションの内容をカテゴライズしたものです。
セッションの決定にあたっては、キャンペーンの種類ごとにバランスを調整する場合がありますので宜しくお願い致します。
キャンペーンの種類は以下のとおりです。
  • スクラム全般のテーマ
    • スクラムってなに? What is Scrum?
    • スクラムのはじめかた How to begin Scrum
  • チームや組織のテーマ
    • チームの学びと成長 Learn and Grow by Team
    • 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process Improvement
  • 各ロールにフォーカスしたテーマ
    • ソフトウェア開発の熟達 Software Craftsmanship
    • 達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster
    • プロダクトオーナーシップ Product Ownership
  • ワークショップ、その他
    • ゲームで学ぶ Learn by playing Game
    • その他 Others
投稿が終わった時点から投票の対象となります。

■セッションの投票をしたい方
ideaScaleユーザーの登録を行うと、どなたでも投票することができます。自分の見たいセッションに投票しましょう!あなたの一票がプログラム構成に反映されます。
また、投稿されているセッションにコメントしてあげてください。あなたの「ここを一番聞きたい!」「こんなことも話してほしい!」と言った要望が反映されたセッションになるかもしれませんよ。どんどんコメントして、あなたの意見をセッションに反映してもらいましょう!


This is a session proposal submission form for Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016.
To learn event details, go to Regional SCRUM GATHERING® Tokyo website.

The Regional SCRUM GATHERING® Tokyo is one of the biggest conferences focusing on Scrum and Agile in Japan. It will run for two days from January 18th to 19th.

Please share your experience at your workplaces or any ideas related to Scrum. We accept talks, workshops, discussion panel ideas, but we also welcome your ideas. All submissions will be posted here, reviewed and discussed by community. Though Japanese is the official language of the conference, we welcome submissions in English.

Here you can submit ideas, vote on existing ideas, or add comments.

To submit your session, please click the Submit New Idea button at the top of the navigation sidebar. You will then be asked to add a title and choose a campaign for the new idea. Campaigns are like these :

  • Basics
    • What is Scrum?
    • How to begin Scrum
  • Team and organization
    • Learn and Grow by Team
    • Organizational Change and Process Improvement
  • Scrum Roles
    • Software Craftsmanship
    • A way to be a master of ScrumMaster
    • Product Ownership
  • Workshops, etc.
    • Learn by playing Game
    • Others
PLEASE NOTE: Each duration of a session should be a 20 or 45-minute time slot including time for questions. Please provide duration (20mins or 45mins) of your session by adding either tag.

You will also have the option to add tags to the idea. To vote on an idea, simply click the up or down arrows to the right of the idea title/description. And to add a comment, click in the box below the idea.

If you would like to see all ideas created with a specific tag, you can click on the word or phrase via the tagcloud in the navigation sidebar area under "What we're discussing". You can also view ideas sorted by Campaigns from the right navigation area. To return to this page, click the All Ideas link.

Submission and discussion deadline is November 28th. Each person can submit multiple proposals. Organizing committee will send you an acceptance or a reject notice by December 12th. Accepted speaker will receive a free admission ticket.

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

僕らのおれおれメトリクス / We metrics in our own way!

メトリクス、数値の取得や分析・評価というのは、開発の役に立たず時間を食われるばかりだと、開発チームから忌避されがちです。しかしスクラムチームがスクラムチーム自身のために取得するメトリクスは、チームの状況把握と問題発見に役立ちますし、チーム自身が見てセルフチェックできるものです。本セッションでは、とあるスクラムチームのメトリクスを紹介しつつ、なぜ測ることにしたか、測ってどうなったかお伝えします。 ハイライト: ・僕たち、見積もり下手だと思ってたけど、意外とそうでもなかったね ・Tシャツだと精度が低いからポイントにしよう! ・スプリントを見比べるとお化けが出る ・僕たちのヘルスチェック 対象: ・スクラムマスター ・スクラムを実践中のチームメンバー ラーニングターゲット: ・メトリクスのアイデアを知り、自分の現場で試してみたくなる ・自分たちの問題解決にメトリクスがどう利用できるか、ヒントを得る Metrics are sometimes ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

講演なので必要ありません。

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

組織変革における21世紀の新しいマネジャーの重要な役割

スクラムコーチとして私たちは影響を与えることができます。 Subject Matter Expert (SME) も同様な権限を持つように、マネジャーは変革を起こすパワーを持っています。 マネジャーは、自分の部下たちと直接的な関係を持っており、部下たちは自分たちのマネジャーに対し、どうしたら良いか明確な方向性を提供してくれることを期待しています。 組織を変革するためには、マネジャーのサポートが不可欠です。 どうすれば組織の目標や課題を達成するために協働できるか、マネジャーが他のマネジャーとミーティングを持ち、話し合うことがマネジャーの仕事です。 マネジャーたちは問題と機会について合意し一致する必要があります。 このセッションでは、マネジャーのこの新しい重要な役割について説明し、マネジャーが組織の透明度を高め、組織の目標を一致させ、方向性を揃え確実にアクションを実行するために用いる新しいツール(OKRやChange Canvasなど)も紹介します。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

プロジェクター

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Being Agile: How we operate an office with flat management

I'm an engineer in 20-engineers-office where we are doing some parallel projects of an awesome product. It's my story about how to operate our office with only engineers (more than 20) who can do everything to make the projects run, the office works in our happiness. It's not only by applying Agile in our projects but also by being Agile in our organization where everybody has a family spirit to be responsibility of ...more »

Submitted by

Voting

17 votes
17 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

「遅延のコスト」に基づく経済的優先順位づけ方法

Quantify the cost of delay, prioritize your backlog with an economic view アジャイル開発では、より高い経済的成果がより早く得られるよう、開発内容を管理するバックログの優先順位が常に適切に更新されなければならない。現在、プロダクトオーナーがバックログの個々の項目に対し、期待されるビジネス上の価値を予測し、その予測に基づいて開発順序を決めたり、MoSCoW体系や狩野の顧客満足度モデルなどの評価方法を用いて評価したりすることが一般的に行われている。しかし、多くのプロダクトオーナーは、優先順位付けが依然として難しい課題の1つと感じている。 Reinertsen[1]は「遅延のコスト」を定量化することによって、時間の流れに伴う価値の変化を理解し、経済的な視点で意思決定を行うという「遅延のコスト」の経済学に基づく優先順位付けの方法を示した。SAFe[2]では、それを具体化する形で、「遅延のコスト」に影響する主要な要因を定義することにより、個々のバックログ項目の「遅延のコスト」の見積もりを可能にした。また、バックログ項目の「遅延のコスト」と開発労力の見積もり値により算出される「重みづけされた最短作業から着手(WSJF)」[3]によって優先順位を決めていく方法を推奨する。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

ペン、附箋

追加の詳細情報 / Comments :

解説:15分、演習:30分

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Designing Your Retrospective by Pattern Language

スクラムではレトロスペクティブ(ふりかえり)がコアプラクティスとして定義されており、プロセスのカイゼンにとって重要な活動である。 国内ではKPTというふりかえりのフレームワークが2006年ごろより広く使われるようになってきており、はじめてアジャイル・スクラムを実施する際には、KPTを利用することも多い。最近では「YWT」(やったこと、わかったこと、試すこと)という新しいフレームワークも出てきている。 しかし、実際にレトロスペクティブを実行するチームの状況に合わせてふりかえり自身も最適化されていくことが望ましい。 例えば「アジャイルレトロスペクティブズ」のような書籍には、様々なレトロスペクティブで用いるツールが紹介されており、大抵のチームはこのような書籍で自分に合うツールを探す、あるいは独自に元のフレームワークをカイゼンしていくことが多い。 しかし実際には、ツールの選定は「慣れによるマンネリ打破」「目新しさ」が優先されてしまうことが多く、チームの状況に応じたふりかえりのカイゼンができないケースがある。本来フレームワークは目的達成のために状況に合わせて選択されるべきであるが、フレームワークを使っているとどうしてもフレームワークに囚われてしまう。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

* サインペン/1人

* 付箋(75mm x 75mm)/1人

* 模造紙 or ホワイトボード/グループ

* A3用紙/グループ

* マスキングテープ/グループ

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

Get BDD with Cucumber

BDD is principally an idea about how software development should be managed by both business interests and technical insight, the practice of BDD does assume the use of specialized software tools to support the development process.[2] Although these tools are often developed specifically for use in BDD projects, • Speaking a common language • Making user stories power effective conversations • Why describing behaviours ...more »

Submitted by

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムとメトリクスとテストを活用するチームの事例

受託開発でスクラムを活用しているチームの事例を紹介します。

このセッションは「スクラムやっているけど、振り返りでなかなかアグレッシブに問題点や改善点がでてこなくて困っている」といった、お悩みスクラムチームにいくつかの大きな発見を提供します。

 

例えば、このチームではほぼ全ての開発活動を数十分単位で見える化したり、テスト設計の時間を80%削減したり、仮想通貨でコスト計算をしたり、スプリントにゲーミフィケーションを導入したり、レビューの質を定量化したり、などなど様々な取り組みをしてきました。

これらをどのようにチームでマネジメントしているのか、どうしてチームに根付いたのか、どうして活用できているのかといった視点で紹介します。

 

この発表自体は初めての内容ですが、一部関連するスライドは次があります。

 

http://www.slideshare.net/KyonMm/kaizen-process-with-test-hackt

Submitted by

Voting

34 votes
34 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

"あの"メーカーがスクラムを始めたようです

あの有名な電機メーカーで、私たちのグループはとあるクラウドサービスを開発しています。

- ユーザーのニーズにあったサービスを、素早く、しかし品質を犠牲にすることなく提供したい

- トップダウンによる恐怖政治ではなく、自己組織化されたチームにしたい

等々を目指して、数ヶ月前からスクラムを導入しました。ところが…。

 

まだまだ始めたばかりで、目に見えるような効果はそれほど出ていませんが、

大きな企業ならではの悩みや躓き、事件など、

社内初(かどうかは知らんけど)の公認スクラムマスター(そんな役職はありません)がお話しします。

Submitted by

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Offshore and Nearshore Scrum teams

Offshoring / Near-shoring part of a team is relatively much more difficult in a Scrum framework than in Waterfall. But with a committed organization that can make well-defined engagements and appropriate infrastructure changes, the benefits can be tremendous. It will be Scrum that can work around the clock . . . literally!

 

Come and join the session to know how to deal with offshore / nearshore Scrum teams.

Submitted by

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムってなに? What is Scrum?

ざんねんスクラム放談会

これまで2回にわたって、スクラムに関する誤解/誤用/ScrumButを「ざんねん」とまとめて発表してきましたが、今回は失敗談/懺悔なども加え、参加者皆さんの経験談を中心に語り合いたいと思います。

 

どのように「ざんねん」なのかを通してスクラムの理解をより深めて、また他の実践者の方々が嵌ってしまった落とし穴なども共有できる場にしたいと思います。

 

想定している参加者としては、経験の有無は関係ありませんが、スクラムの用語は言葉だけでも知っている方となります。

 

雑談のように始まって雑談のように終わりますので、途中の入退出もお気軽にどうぞ。

 

参考までに、前回のスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/takaesu0/ss-45655213

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

他の参加者の話を楽しく聴いて、時には話を被せにいって盛り上げて、話題をどんどん広げていく心構えでお願いします!

ネタの持ち込みも大歓迎です!!

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

Peaceful teams build great products

A neuropsychologist Rick Hanson has identified 3 parts of our human brains: primate, mammal and reptile brain. Sadly, many teams I have met are conditioned to operate using mostly reptile and mammal parts, but the primate part is sealed. In this session I'm going to share the reasons we are sealed and how to unseal it so that we can build not just good but great products.

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

markers, flipchart, index cards (1 for each participant)

追加の詳細情報 / Comments :

session lenght: 45 mins

Voting

7 votes
7 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

生き延びよう!強い組織になろう! - 迷わず行けよ 行けばわかるさ

本セッションでは、これからスクラムを導入したいと思っているリーダーへは勇気と覚悟を、そのリーダーを支える経営層やマネージャーには、変革者やチームへの支援と寛容の気持を持ってもらえるようなセッションが出来たらいいなと思って応募しました! ちょっと固めで古臭い企業でスクラムをはじめたマネージャが、スクラムをどうやって始めて、どのような変化が起きたのか。 定期的に感じる失敗感・挫折感を乗り越えて、これからどのような手を打って行こうとしているのか、現在進行形のお話をしたいと思います。 具体的には、マネージャができるチームへの支援や、支援をどのように取り付けたのか、外部アジャイルコーチの有効性、現場の人たちの戸惑いや変化、グループ企業内で静かにゆっくりと波及しはじめている変化や、ちょっとした対立なんかを生々しくまとめたものを発表してみたいと思います。 聞いてもらうことによって、スクラムをはじめやすくなったり、間接的に良い開発現場つくりの貢献ができれば、とてもうれしいと思っています。 ...more »

Submitted by

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes