Regional SCRUM GATHERING® Tokyoセッション公募ページへようこそ

Welcome to Regional SCRUM GATHERING® 2016 Call For Sessions

→ See description in English.


このページは、Regional SCRUM GATHERING® Tokyoのセッション公募サイトです。
イベントについてはRegional SCRUM GATHERING® Tokyo公式サイトをごらんください 。

まずここではセッションを投稿することができます。さらに、興味のある他人のセッションに投票したりコメントすることでコンテンツ作りに参加することができます。投稿者はコメントを受けてセッション内容をより良いものにすることができます。
みなさまの積極的な参加をお待ちしております!

■セッション公募の流れ
下記のスケジュールに沿って、セッションを公募します。

  1. セッション公募とレビュー     2015/10/24~2015/11/28
  2. セッション決定と登壇者へのご連絡 2015/11/28〜2015/12/12

■セッションSpeakerになりたい方へ
下記の要領に従って、セッションの内容を登録してください。

  1. まずは、ideaScaleユーザーの登録
  2. 左上の“新しいアイディアを投稿”をクリック
  3. 画面に従い、セッションの題名、内容を入力
  4. 適当なタグの他に、セッション枠(20分または45分)をタグ付けして下さい
  5. セッション内容に合ったキャンペーンを選択し、投稿!
キャンペーンについて
キャンペーンとは、セッションの内容をカテゴライズしたものです。
セッションの決定にあたっては、キャンペーンの種類ごとにバランスを調整する場合がありますので宜しくお願い致します。
キャンペーンの種類は以下のとおりです。
  • スクラム全般のテーマ
    • スクラムってなに? What is Scrum?
    • スクラムのはじめかた How to begin Scrum
  • チームや組織のテーマ
    • チームの学びと成長 Learn and Grow by Team
    • 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process Improvement
  • 各ロールにフォーカスしたテーマ
    • ソフトウェア開発の熟達 Software Craftsmanship
    • 達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster
    • プロダクトオーナーシップ Product Ownership
  • ワークショップ、その他
    • ゲームで学ぶ Learn by playing Game
    • その他 Others
投稿が終わった時点から投票の対象となります。

■セッションの投票をしたい方
ideaScaleユーザーの登録を行うと、どなたでも投票することができます。自分の見たいセッションに投票しましょう!あなたの一票がプログラム構成に反映されます。
また、投稿されているセッションにコメントしてあげてください。あなたの「ここを一番聞きたい!」「こんなことも話してほしい!」と言った要望が反映されたセッションになるかもしれませんよ。どんどんコメントして、あなたの意見をセッションに反映してもらいましょう!


This is a session proposal submission form for Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016.
To learn event details, go to Regional SCRUM GATHERING® Tokyo website.

The Regional SCRUM GATHERING® Tokyo is one of the biggest conferences focusing on Scrum and Agile in Japan. It will run for two days from January 18th to 19th.

Please share your experience at your workplaces or any ideas related to Scrum. We accept talks, workshops, discussion panel ideas, but we also welcome your ideas. All submissions will be posted here, reviewed and discussed by community. Though Japanese is the official language of the conference, we welcome submissions in English.

Here you can submit ideas, vote on existing ideas, or add comments.

To submit your session, please click the Submit New Idea button at the top of the navigation sidebar. You will then be asked to add a title and choose a campaign for the new idea. Campaigns are like these :

  • Basics
    • What is Scrum?
    • How to begin Scrum
  • Team and organization
    • Learn and Grow by Team
    • Organizational Change and Process Improvement
  • Scrum Roles
    • Software Craftsmanship
    • A way to be a master of ScrumMaster
    • Product Ownership
  • Workshops, etc.
    • Learn by playing Game
    • Others
PLEASE NOTE: Each duration of a session should be a 20 or 45-minute time slot including time for questions. Please provide duration (20mins or 45mins) of your session by adding either tag.

You will also have the option to add tags to the idea. To vote on an idea, simply click the up or down arrows to the right of the idea title/description. And to add a comment, click in the box below the idea.

If you would like to see all ideas created with a specific tag, you can click on the word or phrase via the tagcloud in the navigation sidebar area under "What we're discussing". You can also view ideas sorted by Campaigns from the right navigation area. To return to this page, click the All Ideas link.

Submission and discussion deadline is November 28th. Each person can submit multiple proposals. Organizing committee will send you an acceptance or a reject notice by December 12th. Accepted speaker will receive a free admission ticket.

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

Kanban in Action with a Game

The getKanban Board Game is a physical board game designed to teach the concepts and mechanics of Kanban for software development in a workshop setting. It has been described as the most effective way to teach Kanban. It’s hands-on, engaging, and fun.

 

During the workshop the teams construct charts based on data from the game including a Cumulative Flow Diagram, and a Statistical Process Control Chart.

Submitted by (@marisagility)

Voting

20 votes
21 up votes
1 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

あじゃいる時代のソフトウェア品質保証 〜DevSQAの提案〜

「アジャイルってなんだか流行ってるけど、ソフトウェアの品質保証ってどうやるのか。品質保証部門はどうアジャイルに関われば良いのか。」

アジャイル宣言にもその背後の12の原則にも、「品質」という言葉は一切出てきません。アジャイルの時代において、品質保証部門はもはや用済みなのでしょうか。

アジャイル、DevOps、IoTの時代における品質保証部門の存在意義とは何か、どんな取り組みをしていくべきなのか。DevOpsならぬ"DevSQA"の提案と共にお話しさせていただきます。

Submitted by (@hiroaki.xo)

Voting

19 votes
19 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

The day I discovered I was not an Agile coach.

I remember that morning, 6 or 7 years ago. I had been practicing Agile for a few years and I had decided to update my LinkedIn profile. I edited my job title and replaced “Scrum Master” with “Agile Coach”. That was a lie. But I didn’t know it at that time. I really believed I had become a coach. But in reality I was a consultant, a trainer, sometimes a mentor. In this short talk, I will share my personal journey to become ...more »

Submitted by (@sylvainmahe)

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes

その他 Others

Peaceful teams build great products

A neuropsychologist Rick Hanson has identified 3 parts of our human brains: primate, mammal and reptile brain. Sadly, many teams I have met are conditioned to operate using mostly reptile and mammal parts, but the primate part is sealed. In this session I'm going to share the reasons we are sealed and how to unseal it so that we can build not just good but great products.

Submitted by (@juacompe)

Voting

7 votes
7 up votes
0 down votes

その他 Others

『エッセンシャルスクラム』翻訳の道 - Agile translation with Re:VIEW

これから本の執筆や翻訳を手がけたいと考えている方は大勢いらっしゃると思います。ですが、翻訳も含めた執筆作業には(ソフトウェア開発と同様に)数多くの困難が伴います。本セッションでは、今回の基調講演者であるKenneth S. Rubinの著書『エッセンシャルスクラム』を日本語に翻訳したプロセスを例に挙げながら、出版支援ツール「Re:VIEW」の利用方法を簡単に紹介します。Re:VIEWの使い方を身に付ければ、あなたも書籍出版までの第一歩を踏み出せることでしょう。

Submitted by (@kdmsnr)

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

その他 Others

Road to CSP:「認定スクラムプロフェッショナル」申請ワークショップ

2015年になって、にわかに取得者が増え始めてきた「認定スクラムプロフェッショナル」(CSP)。同資格は、CSM/CSPO/CSDの上位資格であり、かつスクラムのプロであることをScrum Allianceから認定してもらえるものです。一方で同資格は、全手順が英語であることや入力内容の複雑さから、日本国内のスクラム実践者たちから敬遠されがちであることも事実です。これは、国際的観点から考えて非常にもったいない! そこで本セッションでは、ライブコーディングよろしく、実際の申請手順をデモします。また、申請の際にハマるポイントも紹介させていただきます。 同資格の申請をためらわれている方は、是非ご参加下さい。 また既に取得済の方は、デモに愛のあるツッコミを入れていただければ幸いです。 [参考] How to acquire CSP/「認定スクラムプロフェッショナル」の資格を取得する方法 http://d.hatena.ne.jp/hageyahhoo/20150405/1428220411 ...more »

Submitted by (@hiroyukiito)

Voting

17 votes
19 up votes
2 down votes

その他 Others

Automation testing in Agile project

Following the Agile method, the quality needs to be built-in, so normally testing area isn't covered. But it's much difficult to have built-in quality in a product unless we have the different approach in the testing work, in both mindset and practice. Continuous testing throughout is a key success factor but only automation can support this approach. http://www.slideshare.net/hiennvn/automation-testing-in-agile-project ...more »

Submitted by (@nguyenhien)

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムとメトリクスとテストを活用するチームの事例

受託開発でスクラムを活用しているチームの事例を紹介します。

このセッションは「スクラムやっているけど、振り返りでなかなかアグレッシブに問題点や改善点がでてこなくて困っている」といった、お悩みスクラムチームにいくつかの大きな発見を提供します。

 

例えば、このチームではほぼ全ての開発活動を数十分単位で見える化したり、テスト設計の時間を80%削減したり、仮想通貨でコスト計算をしたり、スプリントにゲーミフィケーションを導入したり、レビューの質を定量化したり、などなど様々な取り組みをしてきました。

これらをどのようにチームでマネジメントしているのか、どうしてチームに根付いたのか、どうして活用できているのかといった視点で紹介します。

 

この発表自体は初めての内容ですが、一部関連するスライドは次があります。

 

http://www.slideshare.net/KyonMm/kaizen-process-with-test-hackt

Submitted by (@kyonmm)

Voting

34 votes
34 up votes
0 down votes

その他 Others

リーンコーヒー:学習をシェアするための素晴らしい方法

「リーンコーヒー」のファシリテーションの仕方を学ぶ。

「リーンコーヒー」は、トピックを議論すると同時に知識をシェアできる人気のある手法です。

 

非常に簡単で早く、とてもアジャイルです。

「リーンコーヒー」は、レトロスペクティブ(振り返り)、いろいろな部門やチームが参加するミーティング、昼食時に行うインフォーマルな話し合い、問題対策や問題解決のミーティングなど、様々なところで実践できます。

 

*さらに今回のカンファレンスでは、カンファレンスで私たちが学んだことを話し合うセッションとして行うことができます。

 

**このセッションは、最後に行うことが望ましいです。

Submitted by (@stevemcgee)

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Simple tool for Retrospective to Impact Beyond Your Team

Retrospectives are great for healthy, productive teams. However we all know that there are causes outside the team that impacts performance. Managers don’t care too much about Velocity. But they do care about ROI. One simple metric can help your Scrum Master get manager support for improving organizational systems. We will teach how to calculate the metric and how to visualize ROI for your team. The Manager will ...more »

Submitted by (@stevemcgee)

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

ボードゲーム「世界一周ゲーム」で遊ぼう

「JALで行こう!世界一周ゲーム」を遊びに来ませんか?

このボードゲームは、昔、バンダイから発売されていたもので、ゲームの目的は3週間の旅を満喫してマイルを貯めることです。

ルールとしては、毎週、旅行の目的地が決まり、毎日の移動で各地を楽しみながらマイルを貯めていきます。

毎週ゴールがあるこのゲームは、1週間スプリントが体験できる市販ゲームと見ることができます。スクラムをチームに導入するさいのとっかかりとして使えそうな、このボードゲームを体験してみませんか?

 

スクラムを導入する際に組織の抵抗をどのように軽減しようか悩んでいる方にとっての、あらたな導入方法の一助になれば幸いです。

 

当日は、ふりかえりなどのイベントを加えながらゲームで遊び続ける予定です。

 

難しいことを考えなくても、ゲームを楽しむ気軽な場として、ご来場ください。

Submitted by (@imagire)

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

チョコレーゴ! 〜 スクラムゲームで学ぶDevOps

このワークショップでは「チョコレーゴスクラム (Chocolate, LEGO and Scrum)」というゲームを使ってDevOpsの文化を導入するシミュレーションを行います。 このセッションに参加すると、開発プロセスごとに分かれた組織全体をいかに最適化していくべきか、自分で試してみることができます。スプリント期間が長すぎたり、デプロイが延期された場合の悪影響を視覚化します。フィードバックループを増幅し、セキュリティ担当を巻き込み、継続的に価値を届けるために進化していきます。でも使うのは、レゴとチョコレートだけ (特定技術の経験は問いません)。 『The DevOps 逆転だ! 究極の継続的デリバリー (The Phoenix Project)』と『ザ・ゴール (The Goal)』にインスパイヤされて作られたこのワークショップで、DevOps文化をモノにする最初のステップを踏みましょう。その必要性がはっきりと理解できるにちがいありません。 ...more »

Submitted by (@kawaguti)

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes