Regional SCRUM GATHERING® Tokyoセッション公募ページへようこそ

Welcome to Regional SCRUM GATHERING® 2016 Call For Sessions

→ See description in English.


このページは、Regional SCRUM GATHERING® Tokyoのセッション公募サイトです。
イベントについてはRegional SCRUM GATHERING® Tokyo公式サイトをごらんください 。

まずここではセッションを投稿することができます。さらに、興味のある他人のセッションに投票したりコメントすることでコンテンツ作りに参加することができます。投稿者はコメントを受けてセッション内容をより良いものにすることができます。
みなさまの積極的な参加をお待ちしております!

■セッション公募の流れ
下記のスケジュールに沿って、セッションを公募します。

  1. セッション公募とレビュー     2015/10/24~2015/11/28
  2. セッション決定と登壇者へのご連絡 2015/11/28〜2015/12/12

■セッションSpeakerになりたい方へ
下記の要領に従って、セッションの内容を登録してください。

  1. まずは、ideaScaleユーザーの登録
  2. 左上の“新しいアイディアを投稿”をクリック
  3. 画面に従い、セッションの題名、内容を入力
  4. 適当なタグの他に、セッション枠(20分または45分)をタグ付けして下さい
  5. セッション内容に合ったキャンペーンを選択し、投稿!
キャンペーンについて
キャンペーンとは、セッションの内容をカテゴライズしたものです。
セッションの決定にあたっては、キャンペーンの種類ごとにバランスを調整する場合がありますので宜しくお願い致します。
キャンペーンの種類は以下のとおりです。
  • スクラム全般のテーマ
    • スクラムってなに? What is Scrum?
    • スクラムのはじめかた How to begin Scrum
  • チームや組織のテーマ
    • チームの学びと成長 Learn and Grow by Team
    • 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process Improvement
  • 各ロールにフォーカスしたテーマ
    • ソフトウェア開発の熟達 Software Craftsmanship
    • 達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster
    • プロダクトオーナーシップ Product Ownership
  • ワークショップ、その他
    • ゲームで学ぶ Learn by playing Game
    • その他 Others
投稿が終わった時点から投票の対象となります。

■セッションの投票をしたい方
ideaScaleユーザーの登録を行うと、どなたでも投票することができます。自分の見たいセッションに投票しましょう!あなたの一票がプログラム構成に反映されます。
また、投稿されているセッションにコメントしてあげてください。あなたの「ここを一番聞きたい!」「こんなことも話してほしい!」と言った要望が反映されたセッションになるかもしれませんよ。どんどんコメントして、あなたの意見をセッションに反映してもらいましょう!


This is a session proposal submission form for Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016.
To learn event details, go to Regional SCRUM GATHERING® Tokyo website.

The Regional SCRUM GATHERING® Tokyo is one of the biggest conferences focusing on Scrum and Agile in Japan. It will run for two days from January 18th to 19th.

Please share your experience at your workplaces or any ideas related to Scrum. We accept talks, workshops, discussion panel ideas, but we also welcome your ideas. All submissions will be posted here, reviewed and discussed by community. Though Japanese is the official language of the conference, we welcome submissions in English.

Here you can submit ideas, vote on existing ideas, or add comments.

To submit your session, please click the Submit New Idea button at the top of the navigation sidebar. You will then be asked to add a title and choose a campaign for the new idea. Campaigns are like these :

  • Basics
    • What is Scrum?
    • How to begin Scrum
  • Team and organization
    • Learn and Grow by Team
    • Organizational Change and Process Improvement
  • Scrum Roles
    • Software Craftsmanship
    • A way to be a master of ScrumMaster
    • Product Ownership
  • Workshops, etc.
    • Learn by playing Game
    • Others
PLEASE NOTE: Each duration of a session should be a 20 or 45-minute time slot including time for questions. Please provide duration (20mins or 45mins) of your session by adding either tag.

You will also have the option to add tags to the idea. To vote on an idea, simply click the up or down arrows to the right of the idea title/description. And to add a comment, click in the box below the idea.

If you would like to see all ideas created with a specific tag, you can click on the word or phrase via the tagcloud in the navigation sidebar area under "What we're discussing". You can also view ideas sorted by Campaigns from the right navigation area. To return to this page, click the All Ideas link.

Submission and discussion deadline is November 28th. Each person can submit multiple proposals. Organizing committee will send you an acceptance or a reject notice by December 12th. Accepted speaker will receive a free admission ticket.

Campaign: ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Stack Overflow Driven Development: The Right Way

Stack Overflow Driven Development: The Right Way, Since Stack Overflow was invented, it is the light of hope of software industry. It shows the world that finally we have found our definition of “reuse” which is “copy and paste”. This session will how you “how to use stack overflow in proper way” so that you can deliver software together with good quality of code. Target Audience: For management level you will know what ...more »

Submitted by

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

NexusとLeSSの概要説明、比較

これまで、SAFe、DADなどのアジャイルをスケールさせる方法論がありましたが、どれも非常に多くのことが定義されていて、スモールチームのアジャイル開発実践者にはかえってハードルが高かったと思います。 最近LeSS、Nexusと多くを定義するのではなく、スクラムのように見える化と改善のミニマムのフレームワークを定義するものが出てきました。 本セッションでは、Bas Voddeが提唱しているLeSS(Large Scale Scrum)と、スクラムの生みの親、Ken Schwaberの、まだ発表されて間もないNexus ガイドの2つをご紹介します。そこには1チームでの成功をスローダウンする事なく、連続的にスケールしていく方法のヒントがあります。 他のスケール手法との比較なども、参加者の方とディスカッションできればと考えています。スケールが必要なプロジェクトでもアジャイル開発を楽しんでいく方法を探しましょう。 https://www.scrum.org/Resources/The-Nexus-Guide ...more »

Submitted by

追加の詳細情報 / Comments :

共同発表者:木村 卓央 株式会社ガイアックス RND PMO , 合同会社カナタク 代表

Voting

26 votes
26 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

Re: AgileガチンコFight

「○○のはじめかた」「○○をやってみた」というセッションがあってもいい。だけど俺たちがホントに見たいのは、アジャイルやスクラムの先にある世界だ。 教科書通りにやるのも大事だ。だけどその教科書を疑う姿勢を失ったら思考停止じゃないか!本当に自分たちにとってベストなのか、もっとベターな道がないのか常に探し、常に挑戦し続ける。 よし、ならば戦おうじゃないか。誰が一番アジャイルなのか決める戦いが、いま始まる。 ==== ■AgileガチンコFightとは Regional SCRUM GATHERING Tokyo 2015で大好評をいただいたセッションです(http://goo.gl/yAISvr)。 アジャイル開発、スクラムなどを現場で実践しているとぶちあたる壁・悩ましい問題が出てきます。AgileガチンコFightでは、そういったトピックをテーマにあげてディベート形式で深掘りをします。そういった問題には一つの答えが存在するものなどほとんどありませんが、討論形式で深掘りすることで新たな視点を手に入れて次のステップに進むことができるかもしれません。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

楽しむ心、学ぶ気持ち

追加の詳細情報 / Comments :

エンタテイメント性を出すためにプロレスのメタファを取り入れていますが、内容や議論はいたって真剣です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

本当に顧客の要望わかっていますか?顧客自身もわかっていないのに…~サービスデザイン思考とは?~

スクラムで開発するとき、プロダクトは顧客が本当に望んでいるものになっていますか? 例えば、iPhoneのようなイノベーティブな商品が登場するとき、顧客は事前に 「iPhoneのようなものが欲しい。」と要望していたでしょうか? また、iPhoneの発表があったときにすぐに欲しいと思った人はどれだけいたで しょうか? 大多数の人は、発売されて店頭で実際に見て、触ってみて、はじめて「ああ、これが私の望んでいたものだ」と思ったのではないでしょうか? そう、顧客の本当の要望は顧客自身もわかっていないのです。 わかっていない要望をどのように把握するのでしょうか?もちろん顧客に聞いてもだめです。 そして顧客は、実際に見たり、触ってみないと、自分が望んでいたものかどうかわかりません。 いきなりソースコードを書いてプロトタイプを作っていたら、時間もコストもかかってしまいます。 そこで「サービスデザイン思考」です。 スクラムで開発する前にサービスデザイン思考を用いて、顧客自身もわかっていない要望を見つけましょう。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

付箋紙 ・コピー紙(A4,A3) ・サインペン

追加の詳細情報 / Comments :

発表者:(株)オージス総研 竹政 昭利、赤坂 英彦

90分を希望します。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Using 5S and sticky notes to grow project mgmt skills for team

The Spint Backlog is the set of Product Backlog items selected for the Sprint and plan for delivering the product increment and relizing the Sprint Goal. The Sprint Backlog makes visible all of the work that the Development Team identifies as necessary to meet the Sprint Goal that changes in progress can be understood in the Daily Scrum. 5S (Seiri, Seiton, Seiso, Seiketsu and Shitsuke) as a tool to help the Development ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Flipchat, Marker and post-it

追加の詳細情報 / Comments :

45 minutes presented in English and 20 minutes for discussion

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

Campaign: ゲームで学ぶ Learn by playing Game

“作図ゲーム“で反復開発でのプロセス改善を体感しよう!

スクラムで反復開発を回していく上で、作業プロセスの改善は欠かせません。

本セッションでは、ゲームを通して

・「作業改善をするためにはどのような点に着目すればよいのか」

・「反復で作業を行った場合に効果がではじめるタイミング」

 などを体感することができます。

 

ゲームの内容は単純明快で、チームで協力して様々な図を書く“量”と“精度”を

競うものです。シンプルですが、メチャメチャ盛り上がります!

 

#このゲームは、自分が講師を担当しているスクラム講座で

#数十回にわたって実施しているものをベースに内容を拡張したものです。

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

A4の紙を一束、赤のサインペン×10本、30センチ定規×6本、付箋、筆記用具

Voting

19 votes
19 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

5 Target Conditions towards Agile Adoption

In the book "Toyota Kata" by Mike Rother, highlighted the importance of a "target condition" towards Kaizen. Inspired by this, we had been working with multiple organizations of various sizes and plethora of domains in adopting Scrum and Agile Software Development guided by 5 Target Conditions. This talk will be about what these target conditions are, how we help organizations with these, and what results we had experienced. ...more »

Submitted by

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Being Agile: How we operate an office with flat management

I'm an engineer in 20-engineers-office where we are doing some parallel projects of an awesome product. It's my story about how to operate our office with only engineers (more than 20) who can do everything to make the projects run, the office works in our happiness. It's not only by applying Agile in our projects but also by being Agile in our organization where everybody has a family spirit to be responsibility of ...more »

Submitted by

Voting

17 votes
17 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムとメトリクスとテストを活用するチームの事例

受託開発でスクラムを活用しているチームの事例を紹介します。

このセッションは「スクラムやっているけど、振り返りでなかなかアグレッシブに問題点や改善点がでてこなくて困っている」といった、お悩みスクラムチームにいくつかの大きな発見を提供します。

 

例えば、このチームではほぼ全ての開発活動を数十分単位で見える化したり、テスト設計の時間を80%削減したり、仮想通貨でコスト計算をしたり、スプリントにゲーミフィケーションを導入したり、レビューの質を定量化したり、などなど様々な取り組みをしてきました。

これらをどのようにチームでマネジメントしているのか、どうしてチームに根付いたのか、どうして活用できているのかといった視点で紹介します。

 

この発表自体は初めての内容ですが、一部関連するスライドは次があります。

 

http://www.slideshare.net/KyonMm/kaizen-process-with-test-hackt

Submitted by

Voting

34 votes
34 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムってなに? What is Scrum?

スクラムパタン入門 / Intro to Scrum Patterns

ScrumPLoP は、2010年から活動を開始しているPLoP (Pattern Language of Programming) で、Scrum をパタンランゲージの形で表現して、Scrum がうまくいく理由、考え方、経験などを共有できるようにしようとしています。 このセッションでは、ScrumPLoP自体のご紹介した後、書かれたパタンのいくつかを一緒に読んでみましょう。 みなさんの Scrum 実践の中から、「こうやったらうまくいったよ」というパタンの種も探したいと思っています。 ScrumPLoP is a PLoP focusing on Scrum. We've been working on Scrum as patterns since 2010 and collaborating to form a Scrum pattern language. In this session, we introduce ScrumPLoP ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

ペンと付箋紙があれば

追加の詳細情報 / Comments :

20min でも 45min でも

http://www.scrumplop.org/

Voting

39 votes
39 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

僕らのおれおれメトリクス / We metrics in our own way!

メトリクス、数値の取得や分析・評価というのは、開発の役に立たず時間を食われるばかりだと、開発チームから忌避されがちです。しかしスクラムチームがスクラムチーム自身のために取得するメトリクスは、チームの状況把握と問題発見に役立ちますし、チーム自身が見てセルフチェックできるものです。本セッションでは、とあるスクラムチームのメトリクスを紹介しつつ、なぜ測ることにしたか、測ってどうなったかお伝えします。 ハイライト: ・僕たち、見積もり下手だと思ってたけど、意外とそうでもなかったね ・Tシャツだと精度が低いからポイントにしよう! ・スプリントを見比べるとお化けが出る ・僕たちのヘルスチェック 対象: ・スクラムマスター ・スクラムを実践中のチームメンバー ラーニングターゲット: ・メトリクスのアイデアを知り、自分の現場で試してみたくなる ・自分たちの問題解決にメトリクスがどう利用できるか、ヒントを得る Metrics are sometimes ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

講演なので必要ありません。

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

『エッセンシャルスクラム』翻訳の道 - Agile translation with Re:VIEW

これから本の執筆や翻訳を手がけたいと考えている方は大勢いらっしゃると思います。ですが、翻訳も含めた執筆作業には(ソフトウェア開発と同様に)数多くの困難が伴います。本セッションでは、今回の基調講演者であるKenneth S. Rubinの著書『エッセンシャルスクラム』を日本語に翻訳したプロセスを例に挙げながら、出版支援ツール「Re:VIEW」の利用方法を簡単に紹介します。Re:VIEWの使い方を身に付ければ、あなたも書籍出版までの第一歩を踏み出せることでしょう。

Submitted by

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes