Regional SCRUM GATHERING® Tokyoセッション公募ページへようこそ

Welcome to Regional SCRUM GATHERING® 2016 Call For Sessions

→ See description in English.


このページは、Regional SCRUM GATHERING® Tokyoのセッション公募サイトです。
イベントについてはRegional SCRUM GATHERING® Tokyo公式サイトをごらんください 。

まずここではセッションを投稿することができます。さらに、興味のある他人のセッションに投票したりコメントすることでコンテンツ作りに参加することができます。投稿者はコメントを受けてセッション内容をより良いものにすることができます。
みなさまの積極的な参加をお待ちしております!

■セッション公募の流れ
下記のスケジュールに沿って、セッションを公募します。

  1. セッション公募とレビュー     2015/10/24~2015/11/28
  2. セッション決定と登壇者へのご連絡 2015/11/28〜2015/12/12

■セッションSpeakerになりたい方へ
下記の要領に従って、セッションの内容を登録してください。

  1. まずは、ideaScaleユーザーの登録
  2. 左上の“新しいアイディアを投稿”をクリック
  3. 画面に従い、セッションの題名、内容を入力
  4. 適当なタグの他に、セッション枠(20分または45分)をタグ付けして下さい
  5. セッション内容に合ったキャンペーンを選択し、投稿!
キャンペーンについて
キャンペーンとは、セッションの内容をカテゴライズしたものです。
セッションの決定にあたっては、キャンペーンの種類ごとにバランスを調整する場合がありますので宜しくお願い致します。
キャンペーンの種類は以下のとおりです。
  • スクラム全般のテーマ
    • スクラムってなに? What is Scrum?
    • スクラムのはじめかた How to begin Scrum
  • チームや組織のテーマ
    • チームの学びと成長 Learn and Grow by Team
    • 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process Improvement
  • 各ロールにフォーカスしたテーマ
    • ソフトウェア開発の熟達 Software Craftsmanship
    • 達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster
    • プロダクトオーナーシップ Product Ownership
  • ワークショップ、その他
    • ゲームで学ぶ Learn by playing Game
    • その他 Others
投稿が終わった時点から投票の対象となります。

■セッションの投票をしたい方
ideaScaleユーザーの登録を行うと、どなたでも投票することができます。自分の見たいセッションに投票しましょう!あなたの一票がプログラム構成に反映されます。
また、投稿されているセッションにコメントしてあげてください。あなたの「ここを一番聞きたい!」「こんなことも話してほしい!」と言った要望が反映されたセッションになるかもしれませんよ。どんどんコメントして、あなたの意見をセッションに反映してもらいましょう!


This is a session proposal submission form for Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016.
To learn event details, go to Regional SCRUM GATHERING® Tokyo website.

The Regional SCRUM GATHERING® Tokyo is one of the biggest conferences focusing on Scrum and Agile in Japan. It will run for two days from January 18th to 19th.

Please share your experience at your workplaces or any ideas related to Scrum. We accept talks, workshops, discussion panel ideas, but we also welcome your ideas. All submissions will be posted here, reviewed and discussed by community. Though Japanese is the official language of the conference, we welcome submissions in English.

Here you can submit ideas, vote on existing ideas, or add comments.

To submit your session, please click the Submit New Idea button at the top of the navigation sidebar. You will then be asked to add a title and choose a campaign for the new idea. Campaigns are like these :

  • Basics
    • What is Scrum?
    • How to begin Scrum
  • Team and organization
    • Learn and Grow by Team
    • Organizational Change and Process Improvement
  • Scrum Roles
    • Software Craftsmanship
    • A way to be a master of ScrumMaster
    • Product Ownership
  • Workshops, etc.
    • Learn by playing Game
    • Others
PLEASE NOTE: Each duration of a session should be a 20 or 45-minute time slot including time for questions. Please provide duration (20mins or 45mins) of your session by adding either tag.

You will also have the option to add tags to the idea. To vote on an idea, simply click the up or down arrows to the right of the idea title/description. And to add a comment, click in the box below the idea.

If you would like to see all ideas created with a specific tag, you can click on the word or phrase via the tagcloud in the navigation sidebar area under "What we're discussing". You can also view ideas sorted by Campaigns from the right navigation area. To return to this page, click the All Ideas link.

Submission and discussion deadline is November 28th. Each person can submit multiple proposals. Organizing committee will send you an acceptance or a reject notice by December 12th. Accepted speaker will receive a free admission ticket.

その他 Others

Submitted by (@hiroyukiito)

Road to CSP:「認定スクラムプロフェッショナル」申請ワークショップ

2015年になって、にわかに取得者が増え始めてきた「認定スクラムプロフェッショナル」(CSP)。同資格は、CSM/CSPO/CSDの上位資格であり、かつスクラムのプロであることをScrum Allianceから認定してもらえるものです。一方で同資格は、全手順が英語であることや入力内容の複雑さから、日本国内のスクラム実践者たちから敬遠されがちであることも事実です。これは、国際的観点から考えて非常にもったいない! そこで本セッションでは、ライブコーディングよろしく、実際の申請手順をデモします。また、申請の際にハマるポイントも紹介させていただきます。 同資格の申請をためらわれている方は、是非ご参加下さい。 また既に取得済の方は、デモに愛のあるツッコミを入れていただければ幸いです。 [参考] How to acquire CSP/「認定スクラムプロフェッショナル」の資格を取得する方法 http://d.hatena.ne.jp/hageyahhoo/20150405/1428220411 ...more »

Voting

17 votes
19 up votes
2 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

Submitted by (@makototakaesu)

ざんねんスクラム放談会

これまで2回にわたって、スクラムに関する誤解/誤用/ScrumButを「ざんねん」とまとめて発表してきましたが、今回は失敗談/懺悔なども加え、参加者皆さんの経験談を中心に語り合いたいと思います。

 

どのように「ざんねん」なのかを通してスクラムの理解をより深めて、また他の実践者の方々が嵌ってしまった落とし穴なども共有できる場にしたいと思います。

 

想定している参加者としては、経験の有無は関係ありませんが、スクラムの用語は言葉だけでも知っている方となります。

 

雑談のように始まって雑談のように終わりますので、途中の入退出もお気軽にどうぞ。

 

参考までに、前回のスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/takaesu0/ss-45655213

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Submitted by (@stevemcgee)

Critical Role of 21st Century Manager in organization change

As a Scrum Coach we can influence. Managers have the power to make changes. Manager has a direct relationship with his people. They look to their manager for direction. Sometimes the SME has similar authority. Organization change is not possible without Manager support. It is their job to meet with and discuss with other managers. They must reach Agreement about the problem and opportunities. We will explain this ...more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

その他 Others

Submitted by (@stevemcgee)

リーンコーヒー:学習をシェアするための素晴らしい方法

「リーンコーヒー」のファシリテーションの仕方を学ぶ。

「リーンコーヒー」は、トピックを議論すると同時に知識をシェアできる人気のある手法です。

 

非常に簡単で早く、とてもアジャイルです。

「リーンコーヒー」は、レトロスペクティブ(振り返り)、いろいろな部門やチームが参加するミーティング、昼食時に行うインフォーマルな話し合い、問題対策や問題解決のミーティングなど、様々なところで実践できます。

 

*さらに今回のカンファレンスでは、カンファレンスで私たちが学んだことを話し合うセッションとして行うことができます。

 

**このセッションは、最後に行うことが望ましいです。

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

Submitted by (@jiangxb)

How to lift off Agile in a team

First I will introduce 2 cases, which has following results: 10 times increase for Gross Merchandise Volume 3 times shorten for cycle time 3 times increase for the active users 2 times increase for delivering velocity of R&D Second, I will introduce a pattern to help team lift off Agile concluded from above 2 cases. It is 1 core and 4 basics. In the meanwhile, besides introducing pattern, I will explain a tool or method ...more »

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Submitted by (@sylvainmahe)

The day I discovered I was not an Agile coach.

I remember that morning, 6 or 7 years ago. I had been practicing Agile for a few years and I had decided to update my LinkedIn profile. I edited my job title and replaced “Scrum Master” with “Agile Coach”. That was a lie. But I didn’t know it at that time. I really believed I had become a coach. But in reality I was a consultant, a trainer, sometimes a mentor. In this short talk, I will share my personal journey to become ...more »

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Submitted by (@peterim)

Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum

Ciscoは、アジャイル開発の手法の1つである、スクラムという方法を使いビジネスのやり方を変えようとしています。100%ウォーターフォールモデルを使っていた25,000人のCiscoのエンジニアをどのようにスクラムに移行していったのかをご紹介します。 現在、ビジネス側との強いパートナーシップと連携がビジネスの結果をより迅速に提供する原動力となっています。 しかしながら、私達のアジャイルへの進化のジャーニーは3年前に始まり、戦略的に、戦術的に、そして段階的に進められておりいまだ進行中です。 このジャーニーは、1つのサイクルが6か月から9か月を要するウォーターフォールモデルから、毎週、毎月と短期間で新しい機能をリリースできるアジャイル手法へビジネスの遂行力を変えていかなければならないという 必要性をエグゼクティブリーダーシップが認識し、強く希望したことから始まりました。 そして、全社的にこの進化の要となるアジャイル・リーダーを育成するという難しさを経験しました。 ...more »

Voting

37 votes
37 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Submitted by (@stevemcgee)

組織変革における21世紀の新しいマネジャーの重要な役割

スクラムコーチとして私たちは影響を与えることができます。 Subject Matter Expert (SME) も同様な権限を持つように、マネジャーは変革を起こすパワーを持っています。 マネジャーは、自分の部下たちと直接的な関係を持っており、部下たちは自分たちのマネジャーに対し、どうしたら良いか明確な方向性を提供してくれることを期待しています。 組織を変革するためには、マネジャーのサポートが不可欠です。 どうすれば組織の目標や課題を達成するために協働できるか、マネジャーが他のマネジャーとミーティングを持ち、話し合うことがマネジャーの仕事です。 マネジャーたちは問題と機会について合意し一致する必要があります。 このセッションでは、マネジャーのこの新しい重要な役割について説明し、マネジャーが組織の透明度を高め、組織の目標を一致させ、方向性を揃え確実にアクションを実行するために用いる新しいツール(OKRやChange Canvasなど)も紹介します。 ...more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster

Submitted by (@marisagility)

Think beyond your thinking – Agility and beyond

Is “working software” enough. Unless the customer is delighted by the working software, the future of the business is not bright. Customer delight has become the new bottom line of business (Net Promoter Score) . Firms that succeed in delighting their customers like GAFA …(Google,Amazon,Facebook,Apple) companies enjoy happy customers, soaring profits and workers who can see meaning in their work. In this session, we ...more »

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes

その他 Others

Submitted by (@nguyenhien)

Automation testing in Agile project

Following the Agile method, the quality needs to be built-in, so normally testing area isn't covered. But it's much difficult to have built-in quality in a product unless we have the different approach in the testing work, in both mindset and practice. Continuous testing throughout is a key success factor but only automation can support this approach. http://www.slideshare.net/hiennvn/automation-testing-in-agile-project ...more »

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Submitted by

「遅延のコスト」に基づく経済的優先順位づけ方法

Quantify the cost of delay, prioritize your backlog with an economic view アジャイル開発では、より高い経済的成果がより早く得られるよう、開発内容を管理するバックログの優先順位が常に適切に更新されなければならない。現在、プロダクトオーナーがバックログの個々の項目に対し、期待されるビジネス上の価値を予測し、その予測に基づいて開発順序を決めたり、MoSCoW体系や狩野の顧客満足度モデルなどの評価方法を用いて評価したりすることが一般的に行われている。しかし、多くのプロダクトオーナーは、優先順位付けが依然として難しい課題の1つと感じている。 Reinertsen[1]は「遅延のコスト」を定量化することによって、時間の流れに伴う価値の変化を理解し、経済的な視点で意思決定を行うという「遅延のコスト」の経済学に基づく優先順位付けの方法を示した。SAFe[2]では、それを具体化する形で、「遅延のコスト」に影響する主要な要因を定義することにより、個々のバックログ項目の「遅延のコスト」の見積もりを可能にした。また、バックログ項目の「遅延のコスト」と開発労力の見積もり値により算出される「重みづけされた最短作業から着手(WSJF)」[3]によって優先順位を決めていく方法を推奨する。 ...more »

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes