Regional SCRUM GATHERING® Tokyoセッション公募ページへようこそ

Welcome to Regional SCRUM GATHERING® 2016 Call For Sessions

→ See description in English.


このページは、Regional SCRUM GATHERING® Tokyoのセッション公募サイトです。
イベントについてはRegional SCRUM GATHERING® Tokyo公式サイトをごらんください 。

まずここではセッションを投稿することができます。さらに、興味のある他人のセッションに投票したりコメントすることでコンテンツ作りに参加することができます。投稿者はコメントを受けてセッション内容をより良いものにすることができます。
みなさまの積極的な参加をお待ちしております!

■セッション公募の流れ
下記のスケジュールに沿って、セッションを公募します。

  1. セッション公募とレビュー     2015/10/24~2015/11/28
  2. セッション決定と登壇者へのご連絡 2015/11/28〜2015/12/12

■セッションSpeakerになりたい方へ
下記の要領に従って、セッションの内容を登録してください。

  1. まずは、ideaScaleユーザーの登録
  2. 左上の“新しいアイディアを投稿”をクリック
  3. 画面に従い、セッションの題名、内容を入力
  4. 適当なタグの他に、セッション枠(20分または45分)をタグ付けして下さい
  5. セッション内容に合ったキャンペーンを選択し、投稿!
キャンペーンについて
キャンペーンとは、セッションの内容をカテゴライズしたものです。
セッションの決定にあたっては、キャンペーンの種類ごとにバランスを調整する場合がありますので宜しくお願い致します。
キャンペーンの種類は以下のとおりです。
  • スクラム全般のテーマ
    • スクラムってなに? What is Scrum?
    • スクラムのはじめかた How to begin Scrum
  • チームや組織のテーマ
    • チームの学びと成長 Learn and Grow by Team
    • 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process Improvement
  • 各ロールにフォーカスしたテーマ
    • ソフトウェア開発の熟達 Software Craftsmanship
    • 達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster
    • プロダクトオーナーシップ Product Ownership
  • ワークショップ、その他
    • ゲームで学ぶ Learn by playing Game
    • その他 Others
投稿が終わった時点から投票の対象となります。

■セッションの投票をしたい方
ideaScaleユーザーの登録を行うと、どなたでも投票することができます。自分の見たいセッションに投票しましょう!あなたの一票がプログラム構成に反映されます。
また、投稿されているセッションにコメントしてあげてください。あなたの「ここを一番聞きたい!」「こんなことも話してほしい!」と言った要望が反映されたセッションになるかもしれませんよ。どんどんコメントして、あなたの意見をセッションに反映してもらいましょう!


This is a session proposal submission form for Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016.
To learn event details, go to Regional SCRUM GATHERING® Tokyo website.

The Regional SCRUM GATHERING® Tokyo is one of the biggest conferences focusing on Scrum and Agile in Japan. It will run for two days from January 18th to 19th.

Please share your experience at your workplaces or any ideas related to Scrum. We accept talks, workshops, discussion panel ideas, but we also welcome your ideas. All submissions will be posted here, reviewed and discussed by community. Though Japanese is the official language of the conference, we welcome submissions in English.

Here you can submit ideas, vote on existing ideas, or add comments.

To submit your session, please click the Submit New Idea button at the top of the navigation sidebar. You will then be asked to add a title and choose a campaign for the new idea. Campaigns are like these :

  • Basics
    • What is Scrum?
    • How to begin Scrum
  • Team and organization
    • Learn and Grow by Team
    • Organizational Change and Process Improvement
  • Scrum Roles
    • Software Craftsmanship
    • A way to be a master of ScrumMaster
    • Product Ownership
  • Workshops, etc.
    • Learn by playing Game
    • Others
PLEASE NOTE: Each duration of a session should be a 20 or 45-minute time slot including time for questions. Please provide duration (20mins or 45mins) of your session by adding either tag.

You will also have the option to add tags to the idea. To vote on an idea, simply click the up or down arrows to the right of the idea title/description. And to add a comment, click in the box below the idea.

If you would like to see all ideas created with a specific tag, you can click on the word or phrase via the tagcloud in the navigation sidebar area under "What we're discussing". You can also view ideas sorted by Campaigns from the right navigation area. To return to this page, click the All Ideas link.

Submission and discussion deadline is November 28th. Each person can submit multiple proposals. Organizing committee will send you an acceptance or a reject notice by December 12th. Accepted speaker will receive a free admission ticket.

(@shinpeiyamada)

その他 Others

Global Scrum Gathering Prague 2015報告会

2015/11/16-18にチェコ・プラハで行われた「Global Scrum Gathering Prague 2015」に参加した4人が、カンファレンスの内容について「ぺちゃくちゃ(Pecha Kucha)」形式で報告します。 <発表者> 貝瀬 岳志(株式会社ディー・エヌ・エー) 藤井 良平(株式会社リクルートジョブズ) 西村 直人(株式会社リクルートジョブズ) 山田 晋平(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ) Global Scrum Gathering Prague 2015 https://www.scrumalliance.org/courses-events/events/global-gatherings/2015/prague-2015 PechaKucha https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%82%83... more »

Voting

17 votes
17 up votes
0 down votes
(@jiangxb)

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

How to lift off Agile in a team

First I will introduce 2 cases, which has following results: 10 times increase for Gross Merchandise Volume 3 times shorten for cycle time 3 times increase for the active users 2 times increase for delivering velocity of R&D Second, I will introduce a pattern to help team lift off Agile concluded from above 2 cases. It is 1 core and 4 basics. In the meanwhile, besides introducing pattern, I will explain a tool or method... more »

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes
(@hidehikoakasaka)

その他 Others

本当に顧客の要望わかっていますか?顧客自身もわかっていないのに…~サービスデザイン思考とは?~

スクラムで開発するとき、プロダクトは顧客が本当に望んでいるものになっていますか? 例えば、iPhoneのようなイノベーティブな商品が登場するとき、顧客は事前に 「iPhoneのようなものが欲しい。」と要望していたでしょうか? また、iPhoneの発表があったときにすぐに欲しいと思った人はどれだけいたで しょうか? 大多数の人は、発売されて店頭で実際に見て、触ってみて、はじめて「ああ、これが私の望んでいたものだ」と思ったのではないでしょうか? そう、顧客の本当の要望は顧客自身もわかっていないのです。 わかっていない要望をどのように把握するのでしょうか?もちろん顧客に聞いてもだめです。 そして顧客は、実際に見たり、触ってみないと、自分が望んでいたものかどうかわかりません。 いきなりソースコードを書いてプロトタイプを作っていたら、時間もコストもかかってしまいます。 そこで「サービスデザイン思考」です。 スクラムで開発する前にサービスデザイン思考を用いて、顧客自身もわかっていない要望を見つけましょう。... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@lee8donna)

その他 Others

Teach in the University Programme : Agile and Scrum

This will be a session discussing about how the previous company that I worked for partnered with one of the biggest state universities in the Philippines in teaching Agile Methodologies and Practices by creating an elective course where actual Scrum Masters and Engineers from the company talk about how these concepts are being practiced in real working environments. Additional Information : Targeted Audience : Companies/any... more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes
(@stevemcgee)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

組織変革における21世紀の新しいマネジャーの重要な役割

スクラムコーチとして私たちは影響を与えることができます。 Subject Matter Expert (SME) も同様な権限を持つように、マネジャーは変革を起こすパワーを持っています。 マネジャーは、自分の部下たちと直接的な関係を持っており、部下たちは自分たちのマネジャーに対し、どうしたら良いか明確な方向性を提供してくれることを期待しています。 組織を変革するためには、マネジャーのサポートが不可欠です。 どうすれば組織の目標や課題を達成するために協働できるか、マネジャーが他のマネジャーとミーティングを持ち、話し合うことがマネジャーの仕事です。 マネジャーたちは問題と機会について合意し一致する必要があります。 このセッションでは、マネジャーのこの新しい重要な役割について説明し、マネジャーが組織の透明度を高め、組織の目標を一致させ、方向性を揃え確実にアクションを実行するために用いる新しいツール(OKRやChange Canvasなど)も紹介します。... more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes
(@stanlylau)

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Fight Legacy Code Write Unit Test

Legacy code causes pain and impedes delivery. Developers are living with it everyday either from what they wrote or what they received. This session introduces how legacy code comes about and how to work effectively with it. There will be some source code shown. Agenda: 1. What is legacy code? 2. The Problem 3. How to deal with it? Target Audiences: Not limited to developers, team leads and managers who have met the... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@aratafuji)

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみた事例を紹介します。

「スクラムの導入をサポートして欲しい」という依頼をうけて、2015年10月中旬から4週間フィリピンに行ってスクラムの導入にチャレンジしてきました。

英語をほとんど話せない私がフィリピン、インドネシア、日本の多国籍チームに対してどのようにアプローチし、何を行ない、その結果どうなったかについてお話したいと思います。

 

■アジェンダ(仮)

- 経緯

- 当初の状況

- 各週(1〜4週)で実施したこととそのフィードバック

- やり残したこと、言い残してきたこと

- まとめ

 

参考までに、現地のリクルーティングイベントで発表したスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/aratafuji/is-scrum-the-best-choice-for-you

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes
(@mitsuyukishiiba)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムの中で、何をやってて、何をやってないか。とその理由と試行錯誤。

楽天の大阪支社の開発部で、スクラムをベースにした開発を数年楽しくやってます。その中で例えば、スプリントボードをあれこれ考えながら作ってみてたり、バーンダウンチャートは書いてなかったり、組織構造的な難しさがある中でPOチームを組んでたり、ストーリーポイントは使っていなかったり。そんな風に、「やってること」と「やってないこと」があるなぁと思いました。そして、僕は自分がやってることが「これが正解だ!」とは思ってはいないし主張するつもりもないんですけど、その一つずつに自分なりの理由はあるんです。なので、その理由や試行錯誤をみなさんに共有してみて、それに対するみなさんの意見を聞いてみて、僕自身の考え方の幅を広げられる機会になったらいいなぁと思いました。 [これまでの発表内容] The Power of Lazy Engineers http://rakutentechnologyconference2015.sched.org/event/04db5f7f872c40261410edfde901d670... more »

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes
(@thonda)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

価値志向の請負型SCRUM実績 -懐疑的だったアジャイルに魅了されたオジサンの泣き笑いアジャイル紹介-

ウォータフォールしか知らなかった私はアジャイルに懐疑的でした。

そのようなオジサンが、たまたまアジャイルプロジェクトのリーダーを行ったことがきっかけで、いくつかのアジャイルプロジェクトを経験し、今ではすっかり社内のアジャイル推進派に(売上も順調に伸びています)。

 

弊社では「お客様への価値提供」というASEアジャイルポリシーを守りつつ、「お客様もいろいろ」ということで、SCRUMを基本としながらもプロジェクト毎に独自のアレンジを行っています。

日本の商習慣に合わせた請負契約。そして、お客様の体制やプロジェクト規模に合わせたプロジェクト運営。

なぜそのようなアレンジが必要となったのかについて、その背景や失敗談も含めて、弊社独自のASEアジャイルを事例として紹介します。

 

・発表者:本田 孝宏(株式会社 アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング)

 

・共同発表者:渡会 健(株式会社 アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング)

Voting

7 votes
7 up votes
0 down votes
(@i.w.a.o.jp)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

モデリングを使った認識合わせ~簡単にアジャイルするコツ~

スクラム開発はなんてったって忙しいw 「ストーリー中心に対話で解決」と言ったってどうやっても発生しちゃう認識齟齬。 「僕たちはどーしたらいいんだ!」 ってあなたにモデルを使った簡単な認識合わせをオススメしたいと思います。 講演者が現場で繰り返し行っているモデリングとそこから見えたモデルあるあるを含めて話したいと思います。 エンジニアの大好きな「お寿司」で簡単にモデリング体験しませんか? ■対象者  四角と線が描ける人(初心者大歓迎)  開発で「何か話が合わない」とモヤモヤしている人  モデルを描きたいが躊躇している人  DDDバリバリやっている人でも! ■内容 「お寿司」をネタ(w)にモデリングをします。UMLとか知らなくても大丈夫。要は四角と線。皆さんには簡単にモデルを書いてもらいます。隣の人と話ながら書いてもらう形式です。(ペアモデリング)最後に講演者がライブモデリングしながら認識合わせのコツを話します。 アジェンダ... more »

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes
(@prathand)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Using 5S and sticky notes to grow project mgmt skills for team

The Spint Backlog is the set of Product Backlog items selected for the Sprint and plan for delivering the product increment and relizing the Sprint Goal. The Sprint Backlog makes visible all of the work that the Development Team identifies as necessary to meet the Sprint Goal that changes in progress can be understood in the Daily Scrum. 5S (Seiri, Seiton, Seiso, Seiketsu and Shitsuke) as a tool to help the Development... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@marisagility)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

An Agile Coach who became a monk.

This session focus on sharing the 2 years of experience as an enterprise Agile Coach with a Payment Company, sharing a year of experience as an Agile Coach with a bank and sharing 3 months experience with a startup Compare the lesions learned and what can learn from them Top 5 Strategies which helped for the transformation and coaching Talk about the different Transformation and coaching Strategies which was used in... more »

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes
(@tsuyoshiushio)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Microsoftが実践したScrum導入7年間の旅、そしてDevOpsへの進化

巨大企業Microsoftがなぜ、そしてどのようにScrumを導入していったのか?サービスリリース日に直面した失敗と学び、そしてその後のチーム学びと進化を、人・プロセス・技術の面から生々しくレポートしたいと思います。全世界にまたがったグローバルチーム開発、グローバル分散環境のデプロイメント戦略、プロダクションからの学び、テレメトリ戦略、DevOpsへの旅まで具体的にお話しいたします。

 

 近年突然インパクトある製品やサービスを生み出すことができるようになったMicrosoftは何故変わることが出来たのでしょうか?その秘密を公開いたします。

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes