組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

チョコレーゴ! 〜 スクラムゲームで学ぶDevOps

このワークショップでは「チョコレーゴスクラム (Chocolate, LEGO and Scrum)」というゲームを使ってDevOpsの文化を導入するシミュレーションを行います。

 

このセッションに参加すると、開発プロセスごとに分かれた組織全体をいかに最適化していくべきか、自分で試してみることができます。スプリント期間が長すぎたり、デプロイが延期された場合の悪影響を視覚化します。フィードバックループを増幅し、セキュリティ担当を巻き込み、継続的に価値を届けるために進化していきます。でも使うのは、レゴとチョコレートだけ (特定技術の経験は問いません)。

 

『The DevOps 逆転だ! 究極の継続的デリバリー (The Phoenix Project)』と『ザ・ゴール (The Goal)』にインスパイヤされて作られたこのワークショップで、DevOps文化をモノにする最初のステップを踏みましょう。その必要性がはっきりと理解できるにちがいありません。

 

対象参加者

開発者、チーム、スクラムマスター、プロダクトオーナー、マネージャー、ビジネス担当

 

得られるもの

DevOpsの組織文化的側面の理解、変化に対応できる開発フローについて考えてみるきっかけ、それらを他者に説明できるような語彙、ワークショップそのものの文書

 

進め方

1.概要説明 - DevOpsとは

2.スプリント1 - 通常のフローで

3.スプリント2 - 少し手を加えて

4.スプリント3 - DevOpsで

5.ふりかえりとまとめ

 

※このセッションは Rakuten Technology Conference 2015 での Dana Pylayeva さんによるオリジナルのワークショップを日本語訳するものです。提案者は当該ワークショップの日本語通訳を一部サポートしました。

 

元々、90分のセッションのため45分には収まりませんが、いったん提案させていただきます。

 

 

<<オリジナルのセッションはこちら>>

 

https://rakutentechnologyconference2015.sched.org/event/bf43b5b82096ce61b08e8c58e2208ef6

 

DevOps with Lego and Chocolate simulation game

 

This dynamic workshop uses “Chocolate, LEGO and Scrum” simulation game to introduce DevOps culture.

 

Join this session to experiment with optimizing a flow of work through the entire organization. Visualize negative effects of long sprints and deferred deployments. Amplify feedback loop, bring in security and evolve towards continuous value delivery – all using LEGO and chocolate.

 

Inspired by ideas from “The Phoenix Project” and “The Goal", this workshop will help you clearly see a need for taking first steps towards embracing DevOps culture.

 

Video Recorded:

Tags

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes
Idea No. 55