チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムの中で、何をやってて、何をやってないか。とその理由と試行錯誤。

楽天の大阪支社の開発部で、スクラムをベースにした開発を数年楽しくやってます。その中で例えば、スプリントボードをあれこれ考えながら作ってみてたり、バーンダウンチャートは書いてなかったり、組織構造的な難しさがある中でPOチームを組んでたり、ストーリーポイントは使っていなかったり。そんな風に、「やってること」と「やってないこと」があるなぁと思いました。そして、僕は自分がやってることが「これが正解だ!」とは思ってはいないし主張するつもりもないんですけど、その一つずつに自分なりの理由はあるんです。なので、その理由や試行錯誤をみなさんに共有してみて、それに対するみなさんの意見を聞いてみて、僕自身の考え方の幅を広げられる機会になったらいいなぁと思いました。

 

[これまでの発表内容]

The Power of Lazy Engineers

http://rakutentechnologyconference2015.sched.org/event/04db5f7f872c40261410edfde901d670

 

#AgileJapan 2015 で喋りました!

http://bufferings.hatenablog.com/entry/2015/04/16/174742

 

Regional Scrum Gathering® Tokyo 2015 で喋りました!

http://bufferings.hatenablog.com/entry/2015/02/28/232520

 

 

 

[普段、こんな感じのこと考えてますん。]

 

スチレンスプリントボードとスプリントバックログマッピング

http://bufferings.hatenablog.com/entry/2015/10/02/091021

 

今の僕のチームの開発スタイル

http://bufferings.hatenablog.com/entry/2015/08/03/091544

 

アジャイル開発と僕

http://bufferings.hatenablog.com/entry/2014/07/27/162718

 

開発をうまく回したいなと思って僕が意識している40くらいのこと

http://bufferings.hatenablog.com/entry/2014/02/19/062250

 

チャーハンと俺くん達と要件定義

http://bufferings.hatenablog.com/entry/2013/08/25/233936

Tags

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes
Idea No. 9