Campaign: スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum

Ciscoは、アジャイル開発の手法の1つである、スクラムという方法を使いビジネスのやり方を変えようとしています。100%ウォーターフォールモデルを使っていた25,000人のCiscoのエンジニアをどのようにスクラムに移行していったのかをご紹介します。

 

現在、ビジネス側との強いパートナーシップと連携がビジネスの結果をより迅速に提供する原動力となっています。

しかしながら、私達のアジャイルへの進化のジャーニーは3年前に始まり、戦略的に、戦術的に、そして段階的に進められておりいまだ進行中です。

このジャーニーは、1つのサイクルが6か月から9か月を要するウォーターフォールモデルから、毎週、毎月と短期間で新しい機能をリリースできるアジャイル手法へビジネスの遂行力を変えていかなければならないという

必要性をエグゼクティブリーダーシップが認識し、強く希望したことから始まりました。

そして、全社的にこの進化の要となるアジャイル・リーダーを育成するという難しさを経験しました。

 

グラウンドゼロからどのように組織化し、推進力を生み出し、文化的な抵抗等の数々のチャレンジを乗り越え計画を全社的に実行に移してきたかを共有させていただきます。

 

Cisco is changing the way Cisco does business through Continuous Delivery and Scaled Scrum. We would like to share how we have moved a $49B enterprise of 25,000 engineers across the globe from 100% waterfall based delivery to scrum delivery in a massive scale.

 

Today, a strong partnership with the business and increased collaboration is driving delivery of new business outcomes faster. However, our journey started over 3 years back and was a gradual, and still on-going, evolution of mobilizing the agile transformation, strategically and tactically. We started with a strong executive leadership’s desire on the recognition of inevitable need for a change in the way we enabled business capabilities, from waterfall based 6 to 9 months delivery cycles to agile based weekly and monthly delivery capabilities. We experienced our share of challenges in just getting started to organically creating the critical core of passionate agile leaders throughout the enterprise.

 

Let us share how we organized, created the momentum, and overcame various challenges along the way, from getting beyond the long standing cultural resistance to a practical matter of scaling scrum from ground zero, from planning to executing, across the enterprise.

Submitted by

Tags

Voting

37 votes
37 up votes
0 down votes
Idea No. 36