Regional SCRUM GATHERING® Tokyoセッション公募ページへようこそ

Welcome to Regional SCRUM GATHERING® 2016 Call For Sessions

→ See description in English.


このページは、Regional SCRUM GATHERING® Tokyoのセッション公募サイトです。
イベントについてはRegional SCRUM GATHERING® Tokyo公式サイトをごらんください 。

まずここではセッションを投稿することができます。さらに、興味のある他人のセッションに投票したりコメントすることでコンテンツ作りに参加することができます。投稿者はコメントを受けてセッション内容をより良いものにすることができます。
みなさまの積極的な参加をお待ちしております!

■セッション公募の流れ
下記のスケジュールに沿って、セッションを公募します。

  1. セッション公募とレビュー     2015/10/24~2015/11/28
  2. セッション決定と登壇者へのご連絡 2015/11/28〜2015/12/12

■セッションSpeakerになりたい方へ
下記の要領に従って、セッションの内容を登録してください。

  1. まずは、ideaScaleユーザーの登録
  2. 左上の“新しいアイディアを投稿”をクリック
  3. 画面に従い、セッションの題名、内容を入力
  4. 適当なタグの他に、セッション枠(20分または45分)をタグ付けして下さい
  5. セッション内容に合ったキャンペーンを選択し、投稿!
キャンペーンについて
キャンペーンとは、セッションの内容をカテゴライズしたものです。
セッションの決定にあたっては、キャンペーンの種類ごとにバランスを調整する場合がありますので宜しくお願い致します。
キャンペーンの種類は以下のとおりです。
  • スクラム全般のテーマ
    • スクラムってなに? What is Scrum?
    • スクラムのはじめかた How to begin Scrum
  • チームや組織のテーマ
    • チームの学びと成長 Learn and Grow by Team
    • 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process Improvement
  • 各ロールにフォーカスしたテーマ
    • ソフトウェア開発の熟達 Software Craftsmanship
    • 達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster
    • プロダクトオーナーシップ Product Ownership
  • ワークショップ、その他
    • ゲームで学ぶ Learn by playing Game
    • その他 Others
投稿が終わった時点から投票の対象となります。

■セッションの投票をしたい方
ideaScaleユーザーの登録を行うと、どなたでも投票することができます。自分の見たいセッションに投票しましょう!あなたの一票がプログラム構成に反映されます。
また、投稿されているセッションにコメントしてあげてください。あなたの「ここを一番聞きたい!」「こんなことも話してほしい!」と言った要望が反映されたセッションになるかもしれませんよ。どんどんコメントして、あなたの意見をセッションに反映してもらいましょう!


This is a session proposal submission form for Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016.
To learn event details, go to Regional SCRUM GATHERING® Tokyo website.

The Regional SCRUM GATHERING® Tokyo is one of the biggest conferences focusing on Scrum and Agile in Japan. It will run for two days from January 18th to 19th.

Please share your experience at your workplaces or any ideas related to Scrum. We accept talks, workshops, discussion panel ideas, but we also welcome your ideas. All submissions will be posted here, reviewed and discussed by community. Though Japanese is the official language of the conference, we welcome submissions in English.

Here you can submit ideas, vote on existing ideas, or add comments.

To submit your session, please click the Submit New Idea button at the top of the navigation sidebar. You will then be asked to add a title and choose a campaign for the new idea. Campaigns are like these :

  • Basics
    • What is Scrum?
    • How to begin Scrum
  • Team and organization
    • Learn and Grow by Team
    • Organizational Change and Process Improvement
  • Scrum Roles
    • Software Craftsmanship
    • A way to be a master of ScrumMaster
    • Product Ownership
  • Workshops, etc.
    • Learn by playing Game
    • Others
PLEASE NOTE: Each duration of a session should be a 20 or 45-minute time slot including time for questions. Please provide duration (20mins or 45mins) of your session by adding either tag.

You will also have the option to add tags to the idea. To vote on an idea, simply click the up or down arrows to the right of the idea title/description. And to add a comment, click in the box below the idea.

If you would like to see all ideas created with a specific tag, you can click on the word or phrase via the tagcloud in the navigation sidebar area under "What we're discussing". You can also view ideas sorted by Campaigns from the right navigation area. To return to this page, click the All Ideas link.

Submission and discussion deadline is November 28th. Each person can submit multiple proposals. Organizing committee will send you an acceptance or a reject notice by December 12th. Accepted speaker will receive a free admission ticket.

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Six Key Success Factors in Applying Kanban

Beside Scrum, Kanban is also very good tool for Agile teams. This session covers 6 key success factors that make a real Kanban team HAPPY. And this is a 45 minutes session.

Submitted by

Voting

7 votes
8 up votes
1 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

初めての『アジャイル×ニアショア』のチーム成長記録【現在進行形で育成中!】

とある有料会員向け情報発信サイトの開発を請け負うこととなったインフォコム様がそれまでのお客様とのやり取りの中で、なかなか要件が固まらないことから、自らがいまだ経験したことのないアジャイルでの開発を提案したことからこの物語は始まります。   時を同じくして、インフォコム社の機能子会社(四国・松山)を活用する方針もありました。 そこで、アジャイル開発実績の豊富な弊社(株式会社アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング)にお声掛けがあり、一緒にチームを組んで取り組むことになりました。 ところが、初めてのアジャイルだけでも沢山の乗り越えない壁があるのに、リモート(ニアショア)要素も考慮しなければなりません。私たちもリモートの開発は初めてでした。 本PJは2015年6月~要件定義が始まり、8月中旬からSprint0を開始、2016年4月末をリリース日としています。   今回の発表では、今正に現在進行形で実施しているPJを題材に、赤裸々なチームの成長実録を依頼主のスクラムマスターであるインフォコムの嶋田様を共同発表者に迎え、生の声とともに皆様にお届けできればと思っています。 ...more »

Submitted by

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

リーンコーヒー:学習をシェアするための素晴らしい方法

「リーンコーヒー」のファシリテーションの仕方を学ぶ。

「リーンコーヒー」は、トピックを議論すると同時に知識をシェアできる人気のある手法です。

 

非常に簡単で早く、とてもアジャイルです。

「リーンコーヒー」は、レトロスペクティブ(振り返り)、いろいろな部門やチームが参加するミーティング、昼食時に行うインフォーマルな話し合い、問題対策や問題解決のミーティングなど、様々なところで実践できます。

 

*さらに今回のカンファレンスでは、カンファレンスで私たちが学んだことを話し合うセッションとして行うことができます。

 

**このセッションは、最後に行うことが望ましいです。

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

1人につき4枚の付箋とペン1本(自分のペンでOK)

テーブルと椅子

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

The natural of software development: stop do things in fashion

I am the person in charge of a start-up inside a corporate of Vietnam. I have my own team and our own products. We gather from 7 people, who want to “change the air” after stressing out with strict-and-tight management way from the corporate. We don’t follow Scrum and Lean startup fully. We gather together and start with asking “why” every week and trying to find what is actually needed for our team. Fortunately, now ...more »

Submitted by

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Technology-Driven Development

サブタイトル:Using Automation and Development Techniques to Grow an Agile Culture 2014年にアメリカのAgile2014で発表した内容の、日本語での再演になります。(ちなみに初めての日本語再演です。) とあるスマートフォンアプリの開発プロジェクトを通じて、私はCI/CD・TDD・BDDといった自動化の施策に、3つの可能性があるという考えに至りました。すなわち、1) 業務の効率化、2) チームメンバーやステークホルダーらとの良好な関係の構築、3) チームの学習と成長です。私はこの考え方を「Technology-Driven Development」と名付け、実務でも活用しています。現場での試行錯誤を通じて得たアジャイル・スクラムの実践知の1つを紹介させていただければと思います。 [参考] 1) Slideshare http://www.slideshare.net/ssuser968fab/technology-drivendevelopment-forslideshare-38323907 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

特にありません。

追加の詳細情報 / Comments :

45分を希望です。

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

チョコレーゴ! 〜 スクラムゲームで学ぶDevOps

このワークショップでは「チョコレーゴスクラム (Chocolate, LEGO and Scrum)」というゲームを使ってDevOpsの文化を導入するシミュレーションを行います。 このセッションに参加すると、開発プロセスごとに分かれた組織全体をいかに最適化していくべきか、自分で試してみることができます。スプリント期間が長すぎたり、デプロイが延期された場合の悪影響を視覚化します。フィードバックループを増幅し、セキュリティ担当を巻き込み、継続的に価値を届けるために進化していきます。でも使うのは、レゴとチョコレートだけ (特定技術の経験は問いません)。 『The DevOps 逆転だ! 究極の継続的デリバリー (The Phoenix Project)』と『ザ・ゴール (The Goal)』にインスパイヤされて作られたこのワークショップで、DevOps文化をモノにする最初のステップを踏みましょう。その必要性がはっきりと理解できるにちがいありません。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

8人チーム(Dev,Ops) x 4、6人チーム(Biz) x 2 を基本構成とします。それぞれ長机2-3台を合わせたグループ机が必要です。

 

Bizチームに一台ずつのホワイトボード、全体用に一枚のホワイトボード

 

プロジェクタとスクリーン1セット

 

そのほかの備品は用意します。

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムってなに? What is Scrum?

自分たちのAチームを作ろう!

スクラムをベースしたアジャイル開発のイントロダクションを話します。AはアジリティのA、かつ優等のAです。最近、アジャイル開発が単なる反復型のソフトウェア開発プロセスだと誤解されているのを耳にすることが多くなってきました。チームが協働するための仕組みという観点から、あらためてスクラムのフレームワークを紹介します。

プレゼンテーション実績:

2015.6.27 ハッカーズチャンプルー2015

http://www.slideshare.net/MihoNagase/build-yourateamwithscrum

 

参加対象者:

チーム開発をしている開発担当者、開発部門のリーダー・マネージャー

 

Scrumそのものに対する説明は詳細に行いません。

Scrum Guideに記載されている用語および基本概念については理解している方、もしくは詳細説明は不要でチーム開発や協調作業に興味のある方が対象です。

Submitted by

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

Campaign: ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

ペア・ドローイングやってみよう! / Let's try pair drawing

ペアプログラミングは実際にやってみないと効果が理解できず、実際に職場でやるのは意外とハードルが高いことが多いです。ペアプログラミングの効果を手軽に体感できる、ペア・ドローイングというエクササイズがあります。Joshua Kerievskyが考案したもので、このエクササイズを参加者どうしでペアを組み、実際にやってみましょう。 https://www.industriallogic.com/blog/pairdraw-2/ It can be difficult to understand the value of pair programming without actually doing it. And doing pair programming in your working environment can also be hard. There is an excersice named Pair Drawing ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

ペン(多色、1人1本)と紙を使います。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Evolutionary Change to Overcome Resistance

Don’t waste time trying convince managers to implement a radical system that doesn’t solve their (the Manager’s) problem. Starting with what you do now, it is possible to begin an evolutionary transformation. New approaches to organization change have emerged: Agile Change Management, Lean Change Method, the Kanban Method. These are ‘pull vs. push’ approaches. They have engagement built in - no gimmicks. Introduced ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

projector. White board.

追加の詳細情報 / Comments :

45 minutes for fast presentation.

90 minutes to include exercises.

Voting

5 votes
5 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

本当に顧客の要望わかっていますか?顧客自身もわかっていないのに…~サービスデザイン思考とは?~

スクラムで開発するとき、プロダクトは顧客が本当に望んでいるものになっていますか? 例えば、iPhoneのようなイノベーティブな商品が登場するとき、顧客は事前に 「iPhoneのようなものが欲しい。」と要望していたでしょうか? また、iPhoneの発表があったときにすぐに欲しいと思った人はどれだけいたで しょうか? 大多数の人は、発売されて店頭で実際に見て、触ってみて、はじめて「ああ、これが私の望んでいたものだ」と思ったのではないでしょうか? そう、顧客の本当の要望は顧客自身もわかっていないのです。 わかっていない要望をどのように把握するのでしょうか?もちろん顧客に聞いてもだめです。 そして顧客は、実際に見たり、触ってみないと、自分が望んでいたものかどうかわかりません。 いきなりソースコードを書いてプロトタイプを作っていたら、時間もコストもかかってしまいます。 そこで「サービスデザイン思考」です。 スクラムで開発する前にサービスデザイン思考を用いて、顧客自身もわかっていない要望を見つけましょう。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

付箋紙 ・コピー紙(A4,A3) ・サインペン

追加の詳細情報 / Comments :

発表者:(株)オージス総研 竹政 昭利、赤坂 英彦

90分を希望します。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムってなに? What is Scrum?

People As the Conveyer of Knowledge (知識は人が運ぶ)

In 1986, Prof. Ikujiro Nonaka co-wrote with Prof.Takeuchi a well-known paper "The New New Product Development Game", and coined the word "Scrum" which is later referred to by Jeff Sutherland in his modern Scrum in Agile development context. Here I’ll present some important ideas about “how knowledge is created” and “who is the center of the knowledge creation”, discussed in the Nonaka's Scrum concept but not yet discussed ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

none

追加の詳細情報 / Comments :

A keynote from Agileroots 2014, revised.

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

進化を目指すアプローチと旧来の変革アプローチ

自分たちの問題が解決しないような急激な変革に賛同するようにマネジャーや人々を説得することは、全く時間の無駄です。 あなたが今行っていることから始めていき、その中から変化を起こしながら進化することは可能です。 Agile Change Management、Lean Change Method、Kanban Methodといった組織を変革するための新しいアプローチが生まれました。 これらは、「Push型のアプローチに対してPull型のアプローチ」であり、小手先のトリックではなく、最初からエンゲージメントすることが組み込まれています。 2014年に日本で「ユニークなアプローチ:マネジャー主導で、まず問題の合意にフォーカスし、問題解決のソリューションの仮説を作り、結果を測定する」をスクラムコーチに紹介しました。 このセッションでは、この新しいアプローチのさらなる全体像とその具体例、用いるツールなどを紹介します。 参加者は、進化を目指すアプローチとは何か、どのように始め、いかに継続していったらよいかを理解できます。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

VGAか HDMI コネクターでつながるプロジェクター

可能であれば、ホワイトボード

Voting

5 votes
5 up votes
0 down votes