Regional SCRUM GATHERING® Tokyoセッション公募ページへようこそ

Welcome to Regional SCRUM GATHERING® 2016 Call For Sessions

→ See description in English.


このページは、Regional SCRUM GATHERING® Tokyoのセッション公募サイトです。
イベントについてはRegional SCRUM GATHERING® Tokyo公式サイトをごらんください 。

まずここではセッションを投稿することができます。さらに、興味のある他人のセッションに投票したりコメントすることでコンテンツ作りに参加することができます。投稿者はコメントを受けてセッション内容をより良いものにすることができます。
みなさまの積極的な参加をお待ちしております!

■セッション公募の流れ
下記のスケジュールに沿って、セッションを公募します。

  1. セッション公募とレビュー     2015/10/24~2015/11/28
  2. セッション決定と登壇者へのご連絡 2015/11/28〜2015/12/12

■セッションSpeakerになりたい方へ
下記の要領に従って、セッションの内容を登録してください。

  1. まずは、ideaScaleユーザーの登録
  2. 左上の“新しいアイディアを投稿”をクリック
  3. 画面に従い、セッションの題名、内容を入力
  4. 適当なタグの他に、セッション枠(20分または45分)をタグ付けして下さい
  5. セッション内容に合ったキャンペーンを選択し、投稿!
キャンペーンについて
キャンペーンとは、セッションの内容をカテゴライズしたものです。
セッションの決定にあたっては、キャンペーンの種類ごとにバランスを調整する場合がありますので宜しくお願い致します。
キャンペーンの種類は以下のとおりです。
  • スクラム全般のテーマ
    • スクラムってなに? What is Scrum?
    • スクラムのはじめかた How to begin Scrum
  • チームや組織のテーマ
    • チームの学びと成長 Learn and Grow by Team
    • 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process Improvement
  • 各ロールにフォーカスしたテーマ
    • ソフトウェア開発の熟達 Software Craftsmanship
    • 達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster
    • プロダクトオーナーシップ Product Ownership
  • ワークショップ、その他
    • ゲームで学ぶ Learn by playing Game
    • その他 Others
投稿が終わった時点から投票の対象となります。

■セッションの投票をしたい方
ideaScaleユーザーの登録を行うと、どなたでも投票することができます。自分の見たいセッションに投票しましょう!あなたの一票がプログラム構成に反映されます。
また、投稿されているセッションにコメントしてあげてください。あなたの「ここを一番聞きたい!」「こんなことも話してほしい!」と言った要望が反映されたセッションになるかもしれませんよ。どんどんコメントして、あなたの意見をセッションに反映してもらいましょう!


This is a session proposal submission form for Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016.
To learn event details, go to Regional SCRUM GATHERING® Tokyo website.

The Regional SCRUM GATHERING® Tokyo is one of the biggest conferences focusing on Scrum and Agile in Japan. It will run for two days from January 18th to 19th.

Please share your experience at your workplaces or any ideas related to Scrum. We accept talks, workshops, discussion panel ideas, but we also welcome your ideas. All submissions will be posted here, reviewed and discussed by community. Though Japanese is the official language of the conference, we welcome submissions in English.

Here you can submit ideas, vote on existing ideas, or add comments.

To submit your session, please click the Submit New Idea button at the top of the navigation sidebar. You will then be asked to add a title and choose a campaign for the new idea. Campaigns are like these :

  • Basics
    • What is Scrum?
    • How to begin Scrum
  • Team and organization
    • Learn and Grow by Team
    • Organizational Change and Process Improvement
  • Scrum Roles
    • Software Craftsmanship
    • A way to be a master of ScrumMaster
    • Product Ownership
  • Workshops, etc.
    • Learn by playing Game
    • Others
PLEASE NOTE: Each duration of a session should be a 20 or 45-minute time slot including time for questions. Please provide duration (20mins or 45mins) of your session by adding either tag.

You will also have the option to add tags to the idea. To vote on an idea, simply click the up or down arrows to the right of the idea title/description. And to add a comment, click in the box below the idea.

If you would like to see all ideas created with a specific tag, you can click on the word or phrase via the tagcloud in the navigation sidebar area under "What we're discussing". You can also view ideas sorted by Campaigns from the right navigation area. To return to this page, click the All Ideas link.

Submission and discussion deadline is November 28th. Each person can submit multiple proposals. Organizing committee will send you an acceptance or a reject notice by December 12th. Accepted speaker will receive a free admission ticket.

(@hiroyukiito)

その他 Others

Road to CSP:「認定スクラムプロフェッショナル」申請ワークショップ

2015年になって、にわかに取得者が増え始めてきた「認定スクラムプロフェッショナル」(CSP)。同資格は、CSM/CSPO/CSDの上位資格であり、かつスクラムのプロであることをScrum Allianceから認定してもらえるものです。一方で同資格は、全手順が英語であることや入力内容の複雑さから、日本国内のスクラム実践者たちから敬遠されがちであることも事実です。これは、国際的観点から考えて非常にもったいない! そこで本セッションでは、ライブコーディングよろしく、実際の申請手順をデモします。また、申請の際にハマるポイントも紹介させていただきます。 同資格の申請をためらわれている方は、是非ご参加下さい。 また既に取得済の方は、デモに愛のあるツッコミを入れていただければ幸いです。 [参考] How to acquire CSP/「認定スクラムプロフェッショナル」の資格を取得する方法 http://d.hatena.ne.jp/hageyahhoo/20150405/1428220411 ...more »

Voting

17 votes
19 up votes
2 down votes
(@makototakaesu)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

PMP取ってみた

Project Management Professionalの取得者はまだまだ非アジャイル実践者に多いと思われます。 が、プロジェクトである以上プロジェクトマネジメントが必要であるのはアジャイルやスクラムを取り入れた開発でも変わりはありません。 「プロジェクトマネジャーについては書かれてないし、むしろ自己組織化を阻む存在でしかないのでいらない」、なんて思っていませんか? それを否定はしませんが、だからこそスクラムチームみんなでプロジェクトマネジメントとは何かを学び、それらを自分たちで取り組むべきこととしてプロジェクトに望む姿勢が必要だと思いませんか? ということで本セッションでは、以下のことを話したいと思います。 ・PMPへの想い ・PM要る? ・PMBOKいいとこ紹介 ・PMP要る? そもそもプロジェクトってなんなのよ?な方、プロジェクトマネジメントって嫌いだし苦手なんだよなぁとお悩みの方、プロジェクトマネジャーなんだけどどうすればアジャイル/スクラムってものをうちでもやれるんだろう?と疑問に思ってる方、などなどどなたでもお気軽にご参加ください! ...more »

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes
(@takuodoi)

スクラムってなに? What is Scrum?

ビジネスプラクティスで捉えるScrum

書店で自己啓発コーナーなどに行けば分かるように、世の中には数多くのビジネスプラクティス・思考フレームワークが出回っています。それらはソフトウェア開発以外だったり、より汎用的なものだったりしますが、ソフトウェア開発に通じることも多くあります。

セッションでは、そのような他のフレームワークの観点でScrumを捉えることにより、Scrumの価値や、Scrumのプラクティスの適用におけるポイントを再認識するきっかけになればと思っています。

また、Scrumが有名なビジネスプラクティスに従ったという説明ができるようになれば、経営者層にも価値を伝えやすくなると思っています。

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes
(@shinichiroishikawa)

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

大規模スクラムによる市場変化に対応できる組織作り

めまぐるしく変化するIT業界において、変化に対応できる組織の構築が企業の課題となっています。

私たちはインターネットサービスの市場変化に素早く対応できる組織作りを目指し、4つの開発チームで3つのサービスを開発するという取り組みに挑戦しました。

本セッションでは、組織作りを目的に大規模スクラムを導入した背景、この取り組みが組織に何をもたらしたのかを紹介します。

 

■想定する受講者像

・大規模システムの開発担当者

・マネージャー

 

■どのようなものを得られるか

・大規模スクラムの実践例

・市場変化に対応できる組織作り

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes
(@hiroyukiito)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Technology-Driven Development

サブタイトル:Using Automation and Development Techniques to Grow an Agile Culture 2014年にアメリカのAgile2014で発表した内容の、日本語での再演になります。(ちなみに初めての日本語再演です。) とあるスマートフォンアプリの開発プロジェクトを通じて、私はCI/CD・TDD・BDDといった自動化の施策に、3つの可能性があるという考えに至りました。すなわち、1) 業務の効率化、2) チームメンバーやステークホルダーらとの良好な関係の構築、3) チームの学習と成長です。私はこの考え方を「Technology-Driven Development」と名付け、実務でも活用しています。現場での試行錯誤を通じて得たアジャイル・スクラムの実践知の1つを紹介させていただければと思います。 [参考] 1) Slideshare http://www.slideshare.net/ssuser968fab/technology-drivendevelopment-forslideshare-38323907 ...more »

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes
(@juacompe)

その他 Others

Peaceful teams build great products

A neuropsychologist Rick Hanson has identified 3 parts of our human brains: primate, mammal and reptile brain. Sadly, many teams I have met are conditioned to operate using mostly reptile and mammal parts, but the primate part is sealed. In this session I'm going to share the reasons we are sealed and how to unseal it so that we can build not just good but great products.

Voting

7 votes
7 up votes
0 down votes
(@stevemcgee)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Critical Role of 21st Century Manager in organization change

As a Scrum Coach we can influence. Managers have the power to make changes. Manager has a direct relationship with his people. They look to their manager for direction. Sometimes the SME has similar authority. Organization change is not possible without Manager support. It is their job to meet with and discuss with other managers. They must reach Agreement about the problem and opportunities. We will explain this ...more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes
(@tsutomu.yasui)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

僕らのおれおれメトリクス / We metrics in our own way!

メトリクス、数値の取得や分析・評価というのは、開発の役に立たず時間を食われるばかりだと、開発チームから忌避されがちです。しかしスクラムチームがスクラムチーム自身のために取得するメトリクスは、チームの状況把握と問題発見に役立ちますし、チーム自身が見てセルフチェックできるものです。本セッションでは、とあるスクラムチームのメトリクスを紹介しつつ、なぜ測ることにしたか、測ってどうなったかお伝えします。 ハイライト: ・僕たち、見積もり下手だと思ってたけど、意外とそうでもなかったね ・Tシャツだと精度が低いからポイントにしよう! ・スプリントを見比べるとお化けが出る ・僕たちのヘルスチェック 対象: ・スクラムマスター ・スクラムを実践中のチームメンバー ラーニングターゲット: ・メトリクスのアイデアを知り、自分の現場で試してみたくなる ・自分たちの問題解決にメトリクスがどう利用できるか、ヒントを得る Metrics are sometimes ...more »

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes
(@nakato.arase)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

アジャイル開発で個人成果主義からチーム成果主義へ

技術力が高いエンジニアほどプロジェクトの設計から運用までをコンポーネントごとに責任を持つ傾向にあります。

Yahoo! JAPANのサービスを支える基盤システムを担当するエンジニアは高い技術力と強い責任感があります。そんな彼らの成果を個人評価に留めず、チーム評価に最大限に活かした事例をお話しいたします。

 

以下の観点から分析、チームビルディングした内容になります。

・ヤフーの評価の仕組み

・システム基盤プロダクトの性質

・エンジニアが大事にしている価値

 

また上記チームを増やすために現在取り組んでいる組織へのアプローチについてもお話しいたします。

Voting

25 votes
25 up votes
0 down votes
(@kawaguti)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

チョコレーゴ! 〜 スクラムゲームで学ぶDevOps

このワークショップでは「チョコレーゴスクラム (Chocolate, LEGO and Scrum)」というゲームを使ってDevOpsの文化を導入するシミュレーションを行います。 このセッションに参加すると、開発プロセスごとに分かれた組織全体をいかに最適化していくべきか、自分で試してみることができます。スプリント期間が長すぎたり、デプロイが延期された場合の悪影響を視覚化します。フィードバックループを増幅し、セキュリティ担当を巻き込み、継続的に価値を届けるために進化していきます。でも使うのは、レゴとチョコレートだけ (特定技術の経験は問いません)。 『The DevOps 逆転だ! 究極の継続的デリバリー (The Phoenix Project)』と『ザ・ゴール (The Goal)』にインスパイヤされて作られたこのワークショップで、DevOps文化をモノにする最初のステップを踏みましょう。その必要性がはっきりと理解できるにちがいありません。 ...more »

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes
(@prathand)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Using 5S and sticky notes to grow project mgmt skills for team

The Spint Backlog is the set of Product Backlog items selected for the Sprint and plan for delivering the product increment and relizing the Sprint Goal. The Sprint Backlog makes visible all of the work that the Development Team identifies as necessary to meet the Sprint Goal that changes in progress can be understood in the Daily Scrum. 5S (Seiri, Seiton, Seiso, Seiketsu and Shitsuke) as a tool to help the Development ...more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@mrmallete)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

5 Target Conditions towards Agile Adoption

In the book "Toyota Kata" by Mike Rother, highlighted the importance of a "target condition" towards Kaizen. Inspired by this, we had been working with multiple organizations of various sizes and plethora of domains in adopting Scrum and Agile Software Development guided by 5 Target Conditions. This talk will be about what these target conditions are, how we help organizations with these, and what results we had experienced. ...more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@i.w.a.o.jp)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

モデリングを使った認識合わせ~簡単にアジャイルするコツ~

スクラム開発はなんてったって忙しいw 「ストーリー中心に対話で解決」と言ったってどうやっても発生しちゃう認識齟齬。 「僕たちはどーしたらいいんだ!」 ってあなたにモデルを使った簡単な認識合わせをオススメしたいと思います。 講演者が現場で繰り返し行っているモデリングとそこから見えたモデルあるあるを含めて話したいと思います。 エンジニアの大好きな「お寿司」で簡単にモデリング体験しませんか? ■対象者  四角と線が描ける人(初心者大歓迎)  開発で「何か話が合わない」とモヤモヤしている人  モデルを描きたいが躊躇している人  DDDバリバリやっている人でも! ■内容 「お寿司」をネタ(w)にモデリングをします。UMLとか知らなくても大丈夫。要は四角と線。皆さんには簡単にモデルを書いてもらいます。隣の人と話ながら書いてもらう形式です。(ペアモデリング)最後に講演者がライブモデリングしながら認識合わせのコツを話します。 アジェンダ ...more »

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes
(@miuranobuak)

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

「ただのチームメンバー」がフォロワーにジョブチェンジするための9つの心得

ひとりのチームメンバーとして、自分のチームをより良くしたいと日々考えている人は多くいると思います。

何をするべきか、何ができるかを考えた時に私がとったフォロワーというあり方とフォロワーとして、ひとりのチームメンバーとして大切だと感じた9つの心得をお話できればと思います。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes