チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

僕らのおれおれメトリクス / We metrics in our own way!

メトリクス、数値の取得や分析・評価というのは、開発の役に立たず時間を食われるばかりだと、開発チームから忌避されがちです。しかしスクラムチームがスクラムチーム自身のために取得するメトリクスは、チームの状況把握と問題発見に役立ちますし、チーム自身が見てセルフチェックできるものです。本セッションでは、とあるスクラムチームのメトリクスを紹介しつつ、なぜ測ることにしたか、測ってどうなったかお伝えします。

 

ハイライト:

・僕たち、見積もり下手だと思ってたけど、意外とそうでもなかったね

・Tシャツだと精度が低いからポイントにしよう!

・スプリントを見比べるとお化けが出る

・僕たちのヘルスチェック

 

対象:

・スクラムマスター

・スクラムを実践中のチームメンバー

 

ラーニングターゲット:

・メトリクスのアイデアを知り、自分の現場で試してみたくなる

・自分たちの問題解決にメトリクスがどう利用できるか、ヒントを得る

 

Metrics are sometimes considered as evil as Minesweeper by developers; it is unproductive, just takes time, and unavoidable. But when Scrum teams measure themselve by themselves for themselves there can be a totally different story. Metrics can help teams understand the situation and find impediments. Teams can health-check with those metrics.

In this session, I'll present some original metrics taken from a real Scrum team and explain why and how they are working.

This session will be presented in Japanese, provided I receive no other requests.

 

Highlights:

- We considered ourself being bad at estimates, which actually was not very true

- T-shirt estimates are not precise enough so let's move to points!

- Compare sprints and Jack wil out of box

- Our health-check

Tags

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

講演なので必要ありません。

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes
Idea No. 52