Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Using 5S and sticky notes to grow project mgmt skills for team

The Spint Backlog is the set of Product Backlog items selected for the Sprint and plan for delivering the product increment and relizing the Sprint Goal. The Sprint Backlog makes visible all of the work that the Development Team identifies as necessary to meet the Sprint Goal that changes in progress can be understood in the Daily Scrum. 5S (Seiri, Seiton, Seiso, Seiketsu and Shitsuke) as a tool to help the Development ...more »

Submitted by (@prathand)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Flipchat, Marker and post-it

追加の詳細情報 / Comments :

45 minutes presented in English and 20 minutes for discussion

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムのはじめかた How to begin Scrum

レゴスクラムの覚醒 / The Lego Scrum Awakens

「あまり時間をかけずにスクラムを導入したい」「開発者以外にもスクラムを広めたい」。そのような声をいただいて、ワイクル株式会社では2012年から「レゴスクラム」と呼ばれるシミュレーションゲームを実施してきました。これまでに500人以上の方々に受講いただいております。ですが、年に数回程度しか一般公開しておらず、法人研修でのみ実施しているため、あまり目に触れる機会がないと思います。本セッションでは、そのような方々のために、「レゴスクラムとは何か」「どのような特徴があるのか」「組織にどのような効果をもたらすのか」などといった気になる点を簡単にご紹介いたします。

Submitted by (@kdmsnr)

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

リーンコーヒー:学習をシェアするための素晴らしい方法

「リーンコーヒー」のファシリテーションの仕方を学ぶ。

「リーンコーヒー」は、トピックを議論すると同時に知識をシェアできる人気のある手法です。

 

非常に簡単で早く、とてもアジャイルです。

「リーンコーヒー」は、レトロスペクティブ(振り返り)、いろいろな部門やチームが参加するミーティング、昼食時に行うインフォーマルな話し合い、問題対策や問題解決のミーティングなど、様々なところで実践できます。

 

*さらに今回のカンファレンスでは、カンファレンスで私たちが学んだことを話し合うセッションとして行うことができます。

 

**このセッションは、最後に行うことが望ましいです。

Submitted by (@stevemcgee)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

1人につき4枚の付箋とペン1本(自分のペンでOK)

テーブルと椅子

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムってなに? What is Scrum?

10分でスクラム みんなで作ろう2016年版

私が2011年に公開したスライド「10分でスクラム Scrum in 10 mins」は、スクラムの基本的な流れを解説した超入門的な資料で、35000件を超えるアクセスをいただきました。時は2016年。5年の間に多くのことが変化しました。私自身のスクラムの経験も増えましたし、スクラムガイドも改訂されました。そこで、5年ぶりにアップデートした「10分でスクラム」を使りたいと思います。 パターン・ランゲージ活用のワークショップを参考にして、Scrum Patternを参照しながら、それぞれの10分でスクラムを作っていきます。 新しい「10分でスクラム」をみんなでつくりませんか? 2011年版の構成 - スクラムとは - スクラムのイベント - リリースとスプリント - プロダクトバックログと見積りと計画 - スクラムのロール - すごいをふつうにするために [参考] 10分でスクラム (2011年) http://www.slideshare.net/kawaguti/20110118-scrum-10-mins ...more »

Submitted by (@kawaguti)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

付箋、ペンを人数分頂きたいです。

できれば壁ないし、壁に代わるホワイトボードか、スチレンボードを使いたいです。

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

初めての『アジャイル×ニアショア』のチーム成長記録【現在進行形で育成中!】

とある有料会員向け情報発信サイトの開発を請け負うこととなったインフォコム様がそれまでのお客様とのやり取りの中で、なかなか要件が固まらないことから、自らがいまだ経験したことのないアジャイルでの開発を提案したことからこの物語は始まります。   時を同じくして、インフォコム社の機能子会社(四国・松山)を活用する方針もありました。 そこで、アジャイル開発実績の豊富な弊社(株式会社アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング)にお声掛けがあり、一緒にチームを組んで取り組むことになりました。 ところが、初めてのアジャイルだけでも沢山の乗り越えない壁があるのに、リモート(ニアショア)要素も考慮しなければなりません。私たちもリモートの開発は初めてでした。 本PJは2015年6月~要件定義が始まり、8月中旬からSprint0を開始、2016年4月末をリリース日としています。   今回の発表では、今正に現在進行形で実施しているPJを題材に、赤裸々なチームの成長実録を依頼主のスクラムマスターであるインフォコムの嶋田様を共同発表者に迎え、生の声とともに皆様にお届けできればと思っています。 ...more »

Submitted by (@twatarai)

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムってなに? What is Scrum?

People As the Conveyer of Knowledge (知識は人が運ぶ)

In 1986, Prof. Ikujiro Nonaka co-wrote with Prof.Takeuchi a well-known paper "The New New Product Development Game", and coined the word "Scrum" which is later referred to by Jeff Sutherland in his modern Scrum in Agile development context. Here I’ll present some important ideas about “how knowledge is created” and “who is the center of the knowledge creation”, discussed in the Nonaka's Scrum concept but not yet discussed ...more »

Submitted by (@khiranabe)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

none

追加の詳細情報 / Comments :

A keynote from Agileroots 2014, revised.

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

Campaign: ゲームで学ぶ Learn by playing Game

ボードゲーム「世界一周ゲーム」で遊ぼう

「JALで行こう!世界一周ゲーム」を遊びに来ませんか?

このボードゲームは、昔、バンダイから発売されていたもので、ゲームの目的は3週間の旅を満喫してマイルを貯めることです。

ルールとしては、毎週、旅行の目的地が決まり、毎日の移動で各地を楽しみながらマイルを貯めていきます。

毎週ゴールがあるこのゲームは、1週間スプリントが体験できる市販ゲームと見ることができます。スクラムをチームに導入するさいのとっかかりとして使えそうな、このボードゲームを体験してみませんか?

 

スクラムを導入する際に組織の抵抗をどのように軽減しようか悩んでいる方にとっての、あらたな導入方法の一助になれば幸いです。

 

当日は、ふりかえりなどのイベントを加えながらゲームで遊び続ける予定です。

 

難しいことを考えなくても、ゲームを楽しむ気軽な場として、ご来場ください。

Submitted by (@imagire)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

ホワイトボード

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Scrum, The Planning and The Learning Loops

The topic shows a different angle of Scrum’s activities. This viewpoint can help the team much in Being Agile instead of Doing Agile. Additionally, it can help to answer a lot of questions and issues of growing Scrum teams.

Submitted by (@quangnguyen)

Voting

10 votes
10 up votes
0 down votes

Campaign: プロダクトオーナーシップ Product Ownership

DtoDに基づくユーザーストーリーの組み立て Eliciting user stories with DtoD

アジャイル開発の普及とともに、要求をユーザーストーリーの形式で記述し、優先順位の高い順に開発を進め、納品していくというプラクティスが多くの開発に適用されている。 ユーザーストーリーは、「<役割>として、<機能/性能>ができる。そして<価値>が得られる」という簡潔な形式で要求を表現できる。しかし、記述されたユーザーストーリーが顧客、業務及び技術などの複数の利害関係者の観点を反映しているかどうか、また「INVEST」[1]を満たしているかどうか、を判断するためには不十分である。 これらの課題の解決策として、要求/分析の分野で長年に渡り活躍してきた米国EBG Consulting社のEllen GottesdienerとMary Gormanが Discover To Deliver (DtoD)[2]というフレームワークを考案した。DtoDは複数のリリース、次のリリース、次の反復という3つの時間軸と以下に示すプロダクトの7側面の観点を用いて、ユーザーストーリーを組み立てて、その実現スケジュールを利害関係者で話し合い、合意し、「正しいプロダクト」を納品するためのフレームワークである。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

90分~105分のセッションを希望します。

追加の詳細情報 / Comments :

発表者:(株)オージス総研 アジャイル開発センター長 藤井 拓ワークショップのファシリテータ:(株)オージス総研 アジャイル開発センター 張 嵐

Voting

10 votes
10 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

Road to CSP:「認定スクラムプロフェッショナル」申請ワークショップ

2015年になって、にわかに取得者が増え始めてきた「認定スクラムプロフェッショナル」(CSP)。同資格は、CSM/CSPO/CSDの上位資格であり、かつスクラムのプロであることをScrum Allianceから認定してもらえるものです。一方で同資格は、全手順が英語であることや入力内容の複雑さから、日本国内のスクラム実践者たちから敬遠されがちであることも事実です。これは、国際的観点から考えて非常にもったいない! そこで本セッションでは、ライブコーディングよろしく、実際の申請手順をデモします。また、申請の際にハマるポイントも紹介させていただきます。 同資格の申請をためらわれている方は、是非ご参加下さい。 また既に取得済の方は、デモに愛のあるツッコミを入れていただければ幸いです。 [参考] How to acquire CSP/「認定スクラムプロフェッショナル」の資格を取得する方法 http://d.hatena.ne.jp/hageyahhoo/20150405/1428220411 ...more »

Submitted by (@hiroyukiito)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

(任意)CSP申請希望者は、PC持参で申請フォームを開ける状態にして参加していただけると、内容の理解と申請記入との一挙両得になります。

追加の詳細情報 / Comments :

45分を希望です。

Voting

17 votes
19 up votes
2 down votes

Campaign: スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

大規模スクラムによる市場変化に対応できる組織作り

めまぐるしく変化するIT業界において、変化に対応できる組織の構築が企業の課題となっています。

私たちはインターネットサービスの市場変化に素早く対応できる組織作りを目指し、4つの開発チームで3つのサービスを開発するという取り組みに挑戦しました。

本セッションでは、組織作りを目的に大規模スクラムを導入した背景、この取り組みが組織に何をもたらしたのかを紹介します。

 

■想定する受講者像

・大規模システムの開発担当者

・マネージャー

 

■どのようなものを得られるか

・大規模スクラムの実践例

・市場変化に対応できる組織作り

Submitted by (@shinichiroishikawa)

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムのはじめかた How to begin Scrum

スクラム型受託開発の工夫あれこれ

フリーランスメンバーを中心にスクラムを導入して受託開発を行っています。

その中で行っているプラクティスとその工夫、上手くいくパターンと危ないパターンを報告できればと思います。

受託開発をしている方へのヒントになればと思います。

事例としては、新規事業開発、既存サービスのリプレイス、既存サービスの拡張などのパターンがありますが、基本的にBtoCサービスが多いです。

 

 

【想定アジェンダ】(変更の可能性あり)

* 契約形態

* 発注側と受託側の役割分担

* 発注者の意識や行動の変化(成功パターン)

* 課題(失敗パターン)

 

 

【想定する受講者像】

* 受託開発会社に勤めるエンジニア・マネージャ・経営者

* エンジニア不足に悩む事業会社

 

 

【どのようなものを得られるか】

* 日本の受託開発におけるスクラムの実践例

* 受注側へのスクラムの説明方法/巻き込み方

* フリーランスエンジニアとの協業事例

Submitted by (@tomoyasu0620)

追加の詳細情報 / Comments :

20分希望です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes