プロダクトオーナーシップ Product Ownership

PO - the forgotten role: Define and Schedule Complex Work

In USA job website, 500,000 SM jobs, 3 PO jobs… Each team is supposed to have both!? Since 2007, every company I have visited has a problem. They can't bridge the gap between strategy and User Stories. In the session, we will survey several techniques and tools that PO use to clarify design, and then clarify requirements. Most importantly, we show the PO’s critical role in limiting WIP, and scheduling work. Target ...more »

Submitted by (@stevemcgee)
3 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector. White board if available.

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes

その他 Others

The Facilitator’s Toolkit: 12 tools to reinvent your ceremonies

Goal of the session Learn how facilitation tools can help you bring an Agile team to the next level! Session Outline This energetic session will give the participants the opportunity to discover and experiment facilitation tools that make meetings more productive, fun and engaging while promoting collaboration and building trust: – How do you easily break the ice? – How can you identify participants that would prefer ...more »

Submitted by (@sylvainmahe)
1 comment

追加の詳細情報 / Comments :

Presented internally in companies + Scrum Gathering Shanghai 2015 + Agile Tour Vietnam Da Nang/Ho Chi Minh 2015

 

45 min presentation.

Based on the feedback from participants I'll cover an end to end scenario and show tools for each step.

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

自分たちのAチームを作ろう!

スクラムをベースしたアジャイル開発のイントロダクションを話します。AはアジリティのA、かつ優等のAです。最近、アジャイル開発が単なる反復型のソフトウェア開発プロセスだと誤解されているのを耳にすることが多くなってきました。チームが協働するための仕組みという観点から、あらためてスクラムのフレームワークを紹介します。

プレゼンテーション実績:

2015.6.27 ハッカーズチャンプルー2015

http://www.slideshare.net/MihoNagase/build-yourateamwithscrum

 

参加対象者:

チーム開発をしている開発担当者、開発部門のリーダー・マネージャー

 

Scrumそのものに対する説明は詳細に行いません。

Scrum Guideに記載されている用語および基本概念については理解している方、もしくは詳細説明は不要でチーム開発や協調作業に興味のある方が対象です。

Submitted by (@mihonagase)
2 comments

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

Product owner & Development Team - A tango in communication

Using the dance tango, I will explain the principles of communication techniques. We will learn through doing.

Submitted by (@jaschong)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector, empty space

追加の詳細情報 / Comments :

Co-presenting with another speaker.

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

ビジネスプラクティスで捉えるScrum

書店で自己啓発コーナーなどに行けば分かるように、世の中には数多くのビジネスプラクティス・思考フレームワークが出回っています。それらはソフトウェア開発以外だったり、より汎用的なものだったりしますが、ソフトウェア開発に通じることも多くあります。

セッションでは、そのような他のフレームワークの観点でScrumを捉えることにより、Scrumの価値や、Scrumのプラクティスの適用におけるポイントを再認識するきっかけになればと思っています。

また、Scrumが有名なビジネスプラクティスに従ったという説明ができるようになれば、経営者層にも価値を伝えやすくなると思っています。

Submitted by (@takuodoi)
2 comments

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

あなたのチームの「いい人」は機能していますか?

【概要】 あなたの開発チームには、だれもやりたがらない仕事を率先して引き受けてくれたり、落ちているボールを積極的に拾ってくれるような、「いい人」はいますか? 言われなければ気が付かないけど、誰かがやってくれているからチームがうまくいっている「文化的雪かき」のような仕事が存在します。 そして、そういった仕事をやっている「いい人」が知らぬうちにすり減ってしまうケースが意外に多く存在するのかもしれません。   とある開発チームの1年の変革をベースに、以下をお話します   - 開発チームにおける「いい人」の定義 - 「いい人」が陥りがちで見逃しがちな罠 - 「いい人」がチームに与える悪影響 - 「文化的雪かき」を分類する - 「いい人」のかけがえない価値について - 多様なマインドセットを持ったチームにおける「文化的雪かき」の平準化方法 - OKR を用いたチームマネジメント - 「いい人」のキャリアマネジメント   【想定する受講者層】 ...more »

Submitted by (@ykmc09)
2 comments

追加の詳細情報 / Comments :

株式会社 RightSegment

Voting

20 votes
20 up votes
0 down votes

その他 Others

How to manage distributed teams successfully

In Hugo’s workshop, participants will create a best practice board in teams of 5-6 people. The teams go through each block of ‘The Bridge Canvas’. The goal is to share best practices, ideas and experiences. Per block, each team selects the ‘best best practice’. At the end of the workshop, each team will present the best best practices for each block. At the start of the workshop, Hugo shares a few best practices (personal ...more »

Submitted by (@h.messer)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

The ideal room layout is round tables which seat up to 6 people. Alternatively, a room where people can easily move chairs to sit in groups (or move to other rooms). Walls to stick large papers; post it notes, pens and pencils. A project screen for some slides and videos (without it, it’s also possible). There’s no preparation requirement’s for participants.

追加の詳細情報 / Comments :

Key learning points:

• Practical experiences from seasoned distributed team managers/coaches

• Learn how to communicate smoothly across culture, distance and time

• How to bridge cultural differences in distributed teams

• How to apply agile methods to a distributed setting

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

開発以外でスクラム実践してみた

営業チーム、社内プロジェクトそれぞれでスクラムを実践した中ででてきた、良かったことと難しかったこと、開発以外に適用させるための工夫を報告します。

 

【想定アジェンダ】

* 導入したプロジェクトの背景

* 導入ステップ

* 実践したプラクティス

* 効果/メンバーからの反応

* 課題と改善案

 

(変更の可能性あります。営業チームでの実践と社内プロセス改善プロジェクトでの事例があり、どちらを報告するかは思案中です)

 

【想定する受講者像】

* スクラム実践に興味がある非開発者

* 営業や企画等のチームにスクラムを導入してみたい方

 

【どのようなものを得られるか】

* 通常の開発おけるスクラム実践と異なるポイント

* 営業チームでのスクラムの型としての実践例

* 非開発者(営業担当、マーケター等)のスクラムへの反応

Submitted by (@tomoyasu0620)
7 comments

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes

その他 Others

Get BDD with Cucumber

BDD is principally an idea about how software development should be managed by both business interests and technical insight, the practice of BDD does assume the use of specialized software tools to support the development process.[2] Although these tools are often developed specifically for use in BDD projects, • Speaking a common language • Making user stories power effective conversations • Why describing behaviours ...more »

Submitted by (@marisagility)
4 comments

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Mob Programming をやってみよう! (Let's try Mob Programming!)

Mob Programming は、チームメンバー全員で、1台のPCを使って、アプリケーションを開発する手法です。

(詳しい説明は、後で追加します)

 

Youtubeでその様子が紹介されてます。

 

前から興味はあるのですが、こればっかりは1人じゃできないので、SCRUM GATHERING Tokyoに集まる人と一緒にやれると、とても嬉しい。

 

時間: 90分くらい? (もっと??)

人数: 8人程度 (本家はMAXこれくらい、最初のTRYは少なくしたほうが良い?)

ネタ: ペアプロのお題からちょっと難しそうなのを選ぶのはどうだろう?

言語: (どうすればいいんだろう? 固定しても大丈夫かな)

PC: (私の使ってもいいけど日本語配列だよ?)

Submitted by (@toshiyukiando)
9 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

スクリーン(かなり大きいやつ)、プロジェクタ

追加の詳細情報 / Comments :

本家サイトでワークショップの概要が紹介されてます。(1日コース)

http://mobprogramming.org/mobprogramming-workshop-at-tagged-in-sf/

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

チョコレーゴ! 〜 スクラムゲームで学ぶDevOps

このワークショップでは「チョコレーゴスクラム (Chocolate, LEGO and Scrum)」というゲームを使ってDevOpsの文化を導入するシミュレーションを行います。 このセッションに参加すると、開発プロセスごとに分かれた組織全体をいかに最適化していくべきか、自分で試してみることができます。スプリント期間が長すぎたり、デプロイが延期された場合の悪影響を視覚化します。フィードバックループを増幅し、セキュリティ担当を巻き込み、継続的に価値を届けるために進化していきます。でも使うのは、レゴとチョコレートだけ (特定技術の経験は問いません)。 『The DevOps 逆転だ! 究極の継続的デリバリー (The Phoenix Project)』と『ザ・ゴール (The Goal)』にインスパイヤされて作られたこのワークショップで、DevOps文化をモノにする最初のステップを踏みましょう。その必要性がはっきりと理解できるにちがいありません。 ...more »

Submitted by (@kawaguti)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

8人チーム(Dev,Ops) x 4、6人チーム(Biz) x 2 を基本構成とします。それぞれ長机2-3台を合わせたグループ机が必要です。

 

Bizチームに一台ずつのホワイトボード、全体用に一枚のホワイトボード

 

プロジェクタとスクリーン1セット

 

そのほかの備品は用意します。

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Technology-Driven Development

サブタイトル:Using Automation and Development Techniques to Grow an Agile Culture 2014年にアメリカのAgile2014で発表した内容の、日本語での再演になります。(ちなみに初めての日本語再演です。) とあるスマートフォンアプリの開発プロジェクトを通じて、私はCI/CD・TDD・BDDといった自動化の施策に、3つの可能性があるという考えに至りました。すなわち、1) 業務の効率化、2) チームメンバーやステークホルダーらとの良好な関係の構築、3) チームの学習と成長です。私はこの考え方を「Technology-Driven Development」と名付け、実務でも活用しています。現場での試行錯誤を通じて得たアジャイル・スクラムの実践知の1つを紹介させていただければと思います。 [参考] 1) Slideshare http://www.slideshare.net/ssuser968fab/technology-drivendevelopment-forslideshare-38323907 ...more »

Submitted by (@hiroyukiito)
1 comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

特にありません。

追加の詳細情報 / Comments :

45分を希望です。

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes