(@hiroyukiito)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Technology-Driven Development

サブタイトル:Using Automation and Development Techniques to Grow an Agile Culture 2014年にアメリカのAgile2014で発表した内容の、日本語での再演になります。(ちなみに初めての日本語再演です。) とあるスマートフォンアプリの開発プロジェクトを通じて、私はCI/CD・TDD・BDDといった自動化の施策に、3つの可能性があるという考えに至りました。すなわち、1) 業務の効率化、2) チームメンバーやステークホルダーらとの良好な関係の構築、3) チームの学習と成長です。私はこの考え方を「Technology-Driven Development」と名付け、実務でも活用しています。現場での試行錯誤を通じて得たアジャイル・スクラムの実践知の1つを紹介させていただければと思います。 [参考] 1) Slideshare http://www.slideshare.net/ssuser968fab/technology-drivendevelopment-forslideshare-38323907... more »

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes
(@imagire)

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

ボードゲーム「世界一周ゲーム」で遊ぼう

「JALで行こう!世界一周ゲーム」を遊びに来ませんか?

このボードゲームは、昔、バンダイから発売されていたもので、ゲームの目的は3週間の旅を満喫してマイルを貯めることです。

ルールとしては、毎週、旅行の目的地が決まり、毎日の移動で各地を楽しみながらマイルを貯めていきます。

毎週ゴールがあるこのゲームは、1週間スプリントが体験できる市販ゲームと見ることができます。スクラムをチームに導入するさいのとっかかりとして使えそうな、このボードゲームを体験してみませんか?

 

スクラムを導入する際に組織の抵抗をどのように軽減しようか悩んでいる方にとっての、あらたな導入方法の一助になれば幸いです。

 

当日は、ふりかえりなどのイベントを加えながらゲームで遊び続ける予定です。

 

難しいことを考えなくても、ゲームを楽しむ気軽な場として、ご来場ください。

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes
(@roberts)

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

NexusとLeSSの概要説明、比較

これまで、SAFe、DADなどのアジャイルをスケールさせる方法論がありましたが、どれも非常に多くのことが定義されていて、スモールチームのアジャイル開発実践者にはかえってハードルが高かったと思います。 最近LeSS、Nexusと多くを定義するのではなく、スクラムのように見える化と改善のミニマムのフレームワークを定義するものが出てきました。 本セッションでは、Bas Voddeが提唱しているLeSS(Large Scale Scrum)と、スクラムの生みの親、Ken Schwaberの、まだ発表されて間もないNexus ガイドの2つをご紹介します。そこには1チームでの成功をスローダウンする事なく、連続的にスケールしていく方法のヒントがあります。 他のスケール手法との比較なども、参加者の方とディスカッションできればと考えています。スケールが必要なプロジェクトでもアジャイル開発を楽しんでいく方法を探しましょう。 https://www.scrum.org/Resources/The-Nexus-Guide... more »

Voting

26 votes
26 up votes
0 down votes
(@terahide27)

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

1000本ノックでふりかえろう

スプリントのふりかえりをチームで行う際に大切と思うことを実際にワークショップを通して体験する

 

・ ふりかえりのテーマの広げ方

・テーマの深堀の仕方

・次に繋げるためのアクションプランの出し方(時間があれば)

Voting

7 votes
7 up votes
0 down votes
(@prathand)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Using 5S and sticky notes to grow project mgmt skills for team

The Spint Backlog is the set of Product Backlog items selected for the Sprint and plan for delivering the product increment and relizing the Sprint Goal. The Sprint Backlog makes visible all of the work that the Development Team identifies as necessary to meet the Sprint Goal that changes in progress can be understood in the Daily Scrum. 5S (Seiri, Seiton, Seiso, Seiketsu and Shitsuke) as a tool to help the Development... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@makototakaesu)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

TG(てーげー)でScrumをよりAgileに

沖縄人発案のアジャイル開発プロセスTG(てーげー)の紹介と、そこで推奨される「ScrumをよりAgileにする」プラクティスを紹介します。

 

ざっくり紹介すると、アジャイルマニフェストと守破離を大事にした、中身が無い(ので自分たちで作り上げていく)アジャイル開発プロセスです。

 

Scrumを実践しているからといってAgileであるとは限りません。

 

このセッションを通して、Scrumをより良く、楽しく実践できるヒントが得られます。

 

これまでに発表したものに加え新作も用意してますので、どなたでもお気軽にどうぞ。

 

参考までに、前回のスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/takaesu0/scrum-45654767

 

発表予定の内容は次のとおりです。

・TG(てーげー)って?

・ちゃんぷるーって?

・○○ぱなしって?

・あんべーって?

・でーじてーげーって?

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes
(@terryyin)

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Product Backlog Refinement Workshop in Large Scale Scrum

Product backlog refinement (or grooming) is one of the activities in Scrum. This session is about how to do it in different scales. In this session, we’ll explore the product backlog refinement practices from the situation of “a single person project”, to "a single scrum team", to "one PO with multiple teams", and to "8+ teams on one product." The examples in the session are from real life organization. There will also... more »

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes
(@stevemcgee)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

進化を目指すアプローチと旧来の変革アプローチ

自分たちの問題が解決しないような急激な変革に賛同するようにマネジャーや人々を説得することは、全く時間の無駄です。 あなたが今行っていることから始めていき、その中から変化を起こしながら進化することは可能です。 Agile Change Management、Lean Change Method、Kanban Methodといった組織を変革するための新しいアプローチが生まれました。 これらは、「Push型のアプローチに対してPull型のアプローチ」であり、小手先のトリックではなく、最初からエンゲージメントすることが組み込まれています。 2014年に日本で「ユニークなアプローチ:マネジャー主導で、まず問題の合意にフォーカスし、問題解決のソリューションの仮説を作り、結果を測定する」をスクラムコーチに紹介しました。 このセッションでは、この新しいアプローチのさらなる全体像とその具体例、用いるツールなどを紹介します。 参加者は、進化を目指すアプローチとは何か、どのように始め、いかに継続していったらよいかを理解できます。... more »

Voting

5 votes
5 up votes
0 down votes
(@shinichiroishikawa)

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

大規模スクラムによる市場変化に対応できる組織作り

めまぐるしく変化するIT業界において、変化に対応できる組織の構築が企業の課題となっています。

私たちはインターネットサービスの市場変化に素早く対応できる組織作りを目指し、4つの開発チームで3つのサービスを開発するという取り組みに挑戦しました。

本セッションでは、組織作りを目的に大規模スクラムを導入した背景、この取り組みが組織に何をもたらしたのかを紹介します。

 

■想定する受講者像

・大規模システムの開発担当者

・マネージャー

 

■どのようなものを得られるか

・大規模スクラムの実践例

・市場変化に対応できる組織作り

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes
(@marisagility)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

An Agile Coach who became a monk.

This session focus on sharing the 2 years of experience as an enterprise Agile Coach with a Payment Company, sharing a year of experience as an Agile Coach with a bank and sharing 3 months experience with a startup Compare the lesions learned and what can learn from them Top 5 Strategies which helped for the transformation and coaching Talk about the different Transformation and coaching Strategies which was used in... more »

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes
(@shinpeiyamada)

その他 Others

Global Scrum Gathering Prague 2015報告会

2015/11/16-18にチェコ・プラハで行われた「Global Scrum Gathering Prague 2015」に参加した4人が、カンファレンスの内容について「ぺちゃくちゃ(Pecha Kucha)」形式で報告します。 <発表者> 貝瀬 岳志(株式会社ディー・エヌ・エー) 藤井 良平(株式会社リクルートジョブズ) 西村 直人(株式会社リクルートジョブズ) 山田 晋平(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ) Global Scrum Gathering Prague 2015 https://www.scrumalliance.org/courses-events/events/global-gatherings/2015/prague-2015 PechaKucha https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%82%83... more »

Voting

17 votes
17 up votes
0 down votes
(@stevemcgee)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Simple tool for Retrospective to Impact Beyond Your Team

Retrospectives are great for healthy, productive teams. However we all know that there are causes outside the team that impacts performance. Managers don’t care too much about Velocity. But they do care about ROI. One simple metric can help your Scrum Master get manager support for improving organizational systems. We will teach how to calculate the metric and how to visualize ROI for your team. The Manager will... more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes
(@mihonagase)

スクラムってなに? What is Scrum?

自分たちのAチームを作ろう!

スクラムをベースしたアジャイル開発のイントロダクションを話します。AはアジリティのA、かつ優等のAです。最近、アジャイル開発が単なる反復型のソフトウェア開発プロセスだと誤解されているのを耳にすることが多くなってきました。チームが協働するための仕組みという観点から、あらためてスクラムのフレームワークを紹介します。

プレゼンテーション実績:

2015.6.27 ハッカーズチャンプルー2015

http://www.slideshare.net/MihoNagase/build-yourateamwithscrum

 

参加対象者:

チーム開発をしている開発担当者、開発部門のリーダー・マネージャー

 

Scrumそのものに対する説明は詳細に行いません。

Scrum Guideに記載されている用語および基本概念については理解している方、もしくは詳細説明は不要でチーム開発や協調作業に興味のある方が対象です。

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes
(@kdmsnr)

その他 Others

『エッセンシャルスクラム』翻訳の道 - Agile translation with Re:VIEW

これから本の執筆や翻訳を手がけたいと考えている方は大勢いらっしゃると思います。ですが、翻訳も含めた執筆作業には(ソフトウェア開発と同様に)数多くの困難が伴います。本セッションでは、今回の基調講演者であるKenneth S. Rubinの著書『エッセンシャルスクラム』を日本語に翻訳したプロセスを例に挙げながら、出版支援ツール「Re:VIEW」の利用方法を簡単に紹介します。Re:VIEWの使い方を身に付ければ、あなたも書籍出版までの第一歩を踏み出せることでしょう。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@aratafuji)

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみた事例を紹介します。

「スクラムの導入をサポートして欲しい」という依頼をうけて、2015年10月中旬から4週間フィリピンに行ってスクラムの導入にチャレンジしてきました。

英語をほとんど話せない私がフィリピン、インドネシア、日本の多国籍チームに対してどのようにアプローチし、何を行ない、その結果どうなったかについてお話したいと思います。

 

■アジェンダ(仮)

- 経緯

- 当初の状況

- 各週(1〜4週)で実施したこととそのフィードバック

- やり残したこと、言い残してきたこと

- まとめ

 

参考までに、現地のリクルーティングイベントで発表したスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/aratafuji/is-scrum-the-best-choice-for-you

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes