(@miuranobuak)

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

「ただのチームメンバー」がフォロワーにジョブチェンジするための9つの心得

ひとりのチームメンバーとして、自分のチームをより良くしたいと日々考えている人は多くいると思います。

何をするべきか、何ができるかを考えた時に私がとったフォロワーというあり方とフォロワーとして、ひとりのチームメンバーとして大切だと感じた9つの心得をお話できればと思います。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@mihonagase)

スクラムってなに? What is Scrum?

自分たちのAチームを作ろう!

スクラムをベースしたアジャイル開発のイントロダクションを話します。AはアジリティのA、かつ優等のAです。最近、アジャイル開発が単なる反復型のソフトウェア開発プロセスだと誤解されているのを耳にすることが多くなってきました。チームが協働するための仕組みという観点から、あらためてスクラムのフレームワークを紹介します。

プレゼンテーション実績:

2015.6.27 ハッカーズチャンプルー2015

http://www.slideshare.net/MihoNagase/build-yourateamwithscrum

 

参加対象者:

チーム開発をしている開発担当者、開発部門のリーダー・マネージャー

 

Scrumそのものに対する説明は詳細に行いません。

Scrum Guideに記載されている用語および基本概念については理解している方、もしくは詳細説明は不要でチーム開発や協調作業に興味のある方が対象です。

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes
(@makototakaesu)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

PMP取ってみた

Project Management Professionalの取得者はまだまだ非アジャイル実践者に多いと思われます。 が、プロジェクトである以上プロジェクトマネジメントが必要であるのはアジャイルやスクラムを取り入れた開発でも変わりはありません。 「プロジェクトマネジャーについては書かれてないし、むしろ自己組織化を阻む存在でしかないのでいらない」、なんて思っていませんか? それを否定はしませんが、だからこそスクラムチームみんなでプロジェクトマネジメントとは何かを学び、それらを自分たちで取り組むべきこととしてプロジェクトに望む姿勢が必要だと思いませんか? ということで本セッションでは、以下のことを話したいと思います。 ・PMPへの想い ・PM要る? ・PMBOKいいとこ紹介 ・PMP要る? そもそもプロジェクトってなんなのよ?な方、プロジェクトマネジメントって嫌いだし苦手なんだよなぁとお悩みの方、プロジェクトマネジャーなんだけどどうすればアジャイル/スクラムってものをうちでもやれるんだろう?と疑問に思ってる方、などなどどなたでもお気軽にご参加ください! ...more »

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes
(@misakonagano)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

ベトナムで「ベトナムエンジニア+非IT系日本・韓国人」とScrumによる生産性の改善をした話。

--------------------------------------------------------- 日本語 --------------------------------------------------------- ●想定する受講者像 ・ベトナム・韓国・日本など、様々な国の方とチームとして働くことに課題・興味がある方 ・非IT系xIT系の方が一緒に1チームとして働く場合の課題をお持ちの方、そのようなチーム構成に興味がある方 ●どのようなものを得られるか ・様々なバックグラウンドや役割を持ったチームメンバーのモチベーションに対する「源泉」や「考え方」の違いを知ることができます。 ・この差異を知ることで、異なるバックグラウンドを持ったチームメンバーと一緒に仕事をしていくためのTipsやヒントを得ることができます。 (チーム間の協力方法、バイアスやギャップの縮め方) ・役員や事業長など決済権や最終判断の権限を持つ方に、Scrumの効果を理解してもらった上で組織構造を変える方法(会社規模〜30人くらい) ...more »

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes
(@kyonmm)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムとメトリクスとテストを活用するチームの事例

受託開発でスクラムを活用しているチームの事例を紹介します。

このセッションは「スクラムやっているけど、振り返りでなかなかアグレッシブに問題点や改善点がでてこなくて困っている」といった、お悩みスクラムチームにいくつかの大きな発見を提供します。

 

例えば、このチームではほぼ全ての開発活動を数十分単位で見える化したり、テスト設計の時間を80%削減したり、仮想通貨でコスト計算をしたり、スプリントにゲーミフィケーションを導入したり、レビューの質を定量化したり、などなど様々な取り組みをしてきました。

これらをどのようにチームでマネジメントしているのか、どうしてチームに根付いたのか、どうして活用できているのかといった視点で紹介します。

 

この発表自体は初めての内容ですが、一部関連するスライドは次があります。

 

http://www.slideshare.net/KyonMm/kaizen-process-with-test-hackt

Voting

34 votes
34 up votes
0 down votes
(@stevemcgee)

プロダクトオーナーシップ Product Ownership

PO - the forgotten role: Define and Schedule Complex Work

In USA job website, 500,000 SM jobs, 3 PO jobs… Each team is supposed to have both!? Since 2007, every company I have visited has a problem. They can't bridge the gap between strategy and User Stories. In the session, we will survey several techniques and tools that PO use to clarify design, and then clarify requirements. Most importantly, we show the PO’s critical role in limiting WIP, and scheduling work. Target ...more »

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes
(@shinichiroishikawa)

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

大規模スクラムによる市場変化に対応できる組織作り

めまぐるしく変化するIT業界において、変化に対応できる組織の構築が企業の課題となっています。

私たちはインターネットサービスの市場変化に素早く対応できる組織作りを目指し、4つの開発チームで3つのサービスを開発するという取り組みに挑戦しました。

本セッションでは、組織作りを目的に大規模スクラムを導入した背景、この取り組みが組織に何をもたらしたのかを紹介します。

 

■想定する受講者像

・大規模システムの開発担当者

・マネージャー

 

■どのようなものを得られるか

・大規模スクラムの実践例

・市場変化に対応できる組織作り

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes
(@kawaguti)

スクラムってなに? What is Scrum?

10分でスクラム みんなで作ろう2016年版

私が2011年に公開したスライド「10分でスクラム Scrum in 10 mins」は、スクラムの基本的な流れを解説した超入門的な資料で、35000件を超えるアクセスをいただきました。時は2016年。5年の間に多くのことが変化しました。私自身のスクラムの経験も増えましたし、スクラムガイドも改訂されました。そこで、5年ぶりにアップデートした「10分でスクラム」を使りたいと思います。 パターン・ランゲージ活用のワークショップを参考にして、Scrum Patternを参照しながら、それぞれの10分でスクラムを作っていきます。 新しい「10分でスクラム」をみんなでつくりませんか? 2011年版の構成 - スクラムとは - スクラムのイベント - リリースとスプリント - プロダクトバックログと見積りと計画 - スクラムのロール - すごいをふつうにするために [参考] 10分でスクラム (2011年) http://www.slideshare.net/kawaguti/20110118-scrum-10-mins ...more »

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes
(@kdmsnr)

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

レゴスクラムの覚醒 / The Lego Scrum Awakens

「あまり時間をかけずにスクラムを導入したい」「開発者以外にもスクラムを広めたい」。そのような声をいただいて、ワイクル株式会社では2012年から「レゴスクラム」と呼ばれるシミュレーションゲームを実施してきました。これまでに500人以上の方々に受講いただいております。ですが、年に数回程度しか一般公開しておらず、法人研修でのみ実施しているため、あまり目に触れる機会がないと思います。本セッションでは、そのような方々のために、「レゴスクラムとは何か」「どのような特徴があるのか」「組織にどのような効果をもたらすのか」などといった気になる点を簡単にご紹介いたします。

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes
(@h.messer)

その他 Others

How to manage distributed teams successfully

In Hugo’s workshop, participants will create a best practice board in teams of 5-6 people. The teams go through each block of ‘The Bridge Canvas’. The goal is to share best practices, ideas and experiences. Per block, each team selects the ‘best best practice’. At the end of the workshop, each team will present the best best practices for each block. At the start of the workshop, Hugo shares a few best practices (personal ...more »

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes
(@nhungnguyen)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

The natural of software development: stop do things in fashion

I am the person in charge of a start-up inside a corporate of Vietnam. I have my own team and our own products. We gather from 7 people, who want to “change the air” after stressing out with strict-and-tight management way from the corporate. We don’t follow Scrum and Lean startup fully. We gather together and start with asking “why” every week and trying to find what is actually needed for our team. Fortunately, now ...more »

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes
(@sylvainmahe)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

The day I discovered I was not an Agile coach.

I remember that morning, 6 or 7 years ago. I had been practicing Agile for a few years and I had decided to update my LinkedIn profile. I edited my job title and replaced “Scrum Master” with “Agile Coach”. That was a lie. But I didn’t know it at that time. I really believed I had become a coach. But in reality I was a consultant, a trainer, sometimes a mentor. In this short talk, I will share my personal journey to become ...more »

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes
(@nguyenhien)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Being Agile: How we operate an office with flat management

I'm an engineer in 20-engineers-office where we are doing some parallel projects of an awesome product. It's my story about how to operate our office with only engineers (more than 20) who can do everything to make the projects run, the office works in our happiness. It's not only by applying Agile in our projects but also by being Agile in our organization where everybody has a family spirit to be responsibility of ...more »

Voting

17 votes
17 up votes
0 down votes
(@takeshikakeda)

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Designing Your Retrospective by Pattern Language

スクラムではレトロスペクティブ(ふりかえり)がコアプラクティスとして定義されており、プロセスのカイゼンにとって重要な活動である。 国内ではKPTというふりかえりのフレームワークが2006年ごろより広く使われるようになってきており、はじめてアジャイル・スクラムを実施する際には、KPTを利用することも多い。最近では「YWT」(やったこと、わかったこと、試すこと)という新しいフレームワークも出てきている。 しかし、実際にレトロスペクティブを実行するチームの状況に合わせてふりかえり自身も最適化されていくことが望ましい。 例えば「アジャイルレトロスペクティブズ」のような書籍には、様々なレトロスペクティブで用いるツールが紹介されており、大抵のチームはこのような書籍で自分に合うツールを探す、あるいは独自に元のフレームワークをカイゼンしていくことが多い。 しかし実際には、ツールの選定は「慣れによるマンネリ打破」「目新しさ」が優先されてしまうことが多く、チームの状況に応じたふりかえりのカイゼンができないケースがある。本来フレームワークは目的達成のために状況に合わせて選択されるべきであるが、フレームワークを使っているとどうしてもフレームワークに囚われてしまう。 ...more »

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes
(@mrmallete)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

5 Target Conditions towards Agile Adoption

In the book "Toyota Kata" by Mike Rother, highlighted the importance of a "target condition" towards Kaizen. Inspired by this, we had been working with multiple organizations of various sizes and plethora of domains in adopting Scrum and Agile Software Development guided by 5 Target Conditions. This talk will be about what these target conditions are, how we help organizations with these, and what results we had experienced. ...more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes