スクラムのはじめかた How to begin Scrum

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

System of Systemsの開発にSCRUMで立ち向かう(ただし、一部だけw)

車や航空機に代表されるコンピュータシステムが幾つか連携して一つの大きなシステムを構成している製品はSystem of Systemsと呼ばれています。この様なSystem of Systemsの開発はいろいろな制約からウォーターフォール型の開発が当たり前でした。 今回、その制約がちょっと緩んだのでそのスキをついてSystem of Systemsの開発をSCRUMで行いました。そこで得られた、全体がウォーターフォール型開発で行われている中でどうやって一部をSUCRUMでやったのか、ターゲットのハードウェアがない状態でどの様に開発を進めたのか、スコープが変えられない問題にどうの様に立ち向かったのか等Webシステム等の開発とは異なる制約の中での状況をお話します。 先ずは、System of Systemsの説明、System of Systems(組込みシステム)とWebシステム等との開発の違い等をお話した後、弊社の開発環境や適用したメソッドや諦めたメソッド等についてもお話する予定です。 ...more »

Submitted by (@yo4.furukawa)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

なし

追加の詳細情報 / Comments :

想定している受講者 : 組込みソフトウェアの開発者

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

スクラム型受託開発の工夫あれこれ

フリーランスメンバーを中心にスクラムを導入して受託開発を行っています。

その中で行っているプラクティスとその工夫、上手くいくパターンと危ないパターンを報告できればと思います。

受託開発をしている方へのヒントになればと思います。

事例としては、新規事業開発、既存サービスのリプレイス、既存サービスの拡張などのパターンがありますが、基本的にBtoCサービスが多いです。

 

 

【想定アジェンダ】(変更の可能性あり)

* 契約形態

* 発注側と受託側の役割分担

* 発注者の意識や行動の変化(成功パターン)

* 課題(失敗パターン)

 

 

【想定する受講者像】

* 受託開発会社に勤めるエンジニア・マネージャ・経営者

* エンジニア不足に悩む事業会社

 

 

【どのようなものを得られるか】

* 日本の受託開発におけるスクラムの実践例

* 受注側へのスクラムの説明方法/巻き込み方

* フリーランスエンジニアとの協業事例

Submitted by (@tomoyasu0620)
2 comments

追加の詳細情報 / Comments :

20分希望です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

金融系IT企業におけるスクラムへの挑戦

当社は生命保険分野を中心として、様々な生保、銀行様向けのシステムをウォーターフォールで開発してきました。 このような当社が、今回新規ソリューション開発において、初めてアジャイル開発にチャレンジしており、その中での具体的な取組み内容や、悩んだこと、工夫したことをご紹介いたします。 通常のウォーターフォールプロジェクトでは、EVMによる進捗報告、メトリクスによる定量的な品質評価が当たり前の世界の中で、アジャイル開発ではどのように進捗の定量報告、品質担保、品質評価していったかなど、試行錯誤しながら取組んだ施策をご説明いたします。 【想定アジェンダ】(変更の可能性あり)  ・導入/立上げプロセスとポイント    -WF前提の社内標準開発ルールからの逸脱の調整    -社内の管理部門との合意(リスク管理、品質生産管理部門)    -ファシリティ    -スクラムコーチの活用  ・KPTによるプロセス、運営改善の具体事例と効果    -デイリーミーティングでの工夫 ...more »

Submitted by (@yasuminakano)
9 comments

Voting

20 votes
20 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみた事例を紹介します。

「スクラムの導入をサポートして欲しい」という依頼をうけて、2015年10月中旬から4週間フィリピンに行ってスクラムの導入にチャレンジしてきました。

英語をほとんど話せない私がフィリピン、インドネシア、日本の多国籍チームに対してどのようにアプローチし、何を行ない、その結果どうなったかについてお話したいと思います。

 

■アジェンダ(仮)

- 経緯

- 当初の状況

- 各週(1〜4週)で実施したこととそのフィードバック

- やり残したこと、言い残してきたこと

- まとめ

 

参考までに、現地のリクルーティングイベントで発表したスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/aratafuji/is-scrum-the-best-choice-for-you

Submitted by (@aratafuji)
5 comments

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

レゴスクラムの覚醒 / The Lego Scrum Awakens

「あまり時間をかけずにスクラムを導入したい」「開発者以外にもスクラムを広めたい」。そのような声をいただいて、ワイクル株式会社では2012年から「レゴスクラム」と呼ばれるシミュレーションゲームを実施してきました。これまでに500人以上の方々に受講いただいております。ですが、年に数回程度しか一般公開しておらず、法人研修でのみ実施しているため、あまり目に触れる機会がないと思います。本セッションでは、そのような方々のために、「レゴスクラムとは何か」「どのような特徴があるのか」「組織にどのような効果をもたらすのか」などといった気になる点を簡単にご紹介いたします。

Submitted by (@kdmsnr)
3 comments

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

How to lift off Agile in a team

First I will introduce 2 cases, which has following results: 10 times increase for Gross Merchandise Volume 3 times shorten for cycle time 3 times increase for the active users 2 times increase for delivering velocity of R&D Second, I will introduce a pattern to help team lift off Agile concluded from above 2 cases. It is 1 core and 4 basics. In the meanwhile, besides introducing pattern, I will explain a tool or method ...more »

Submitted by (@jiangxb)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

no

追加の詳細情報 / Comments :

Here are some Learning Objectives from this presentation:

 

Case studies from the biggest B2C e-commercial company in China (JD.com)

Pattern for lifting off Agile in a team

Practical tool/method for starting Agile

Emphasis Value is core in Agile

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

1000本ノックでふりかえろう

スプリントのふりかえりをチームで行う際に大切と思うことを実際にワークショップを通して体験する

 

・ ふりかえりのテーマの広げ方

・テーマの深堀の仕方

・次に繋げるためのアクションプランの出し方(時間があれば)

Submitted by (@terahide27)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

・付箋紙

・コピー紙(A4,A3)

・サインペン

追加の詳細情報 / Comments :

深堀りはTOCfEのロジック・ブランチを使って行います

 

10/30にアジャイらないひよこ倶楽部さんでお話しした内容をベースに

それをワークショップとして設計する予定です

 

参考:

http://www.slideshare.net/terahide/ss-54563581

Voting

7 votes
7 up votes
0 down votes