チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムの中で、何をやってて、何をやってないか。とその理由と試行錯誤。

楽天の大阪支社の開発部で、スクラムをベースにした開発を数年楽しくやってます。その中で例えば、スプリントボードをあれこれ考えながら作ってみてたり、バーンダウンチャートは書いてなかったり、組織構造的な難しさがある中でPOチームを組んでたり、ストーリーポイントは使っていなかったり。そんな風に、「やってること」と「やってないこと」があるなぁと思いました。そして、僕は自分がやってることが「これが正解だ!」とは思ってはいないし主張するつもりもないんですけど、その一つずつに自分なりの理由はあるんです。なので、その理由や試行錯誤をみなさんに共有してみて、それに対するみなさんの意見を聞いてみて、僕自身の考え方の幅を広げられる機会になったらいいなぁと思いました。 [これまでの発表内容] The Power of Lazy Engineers http://rakutentechnologyconference2015.sched.org/event/04db5f7f872c40261410edfde901d670 ...more »

Submitted by (@mitsuyukishiiba)
6 comments

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

TG(てーげー)でScrumをよりAgileに

沖縄人発案のアジャイル開発プロセスTG(てーげー)の紹介と、そこで推奨される「ScrumをよりAgileにする」プラクティスを紹介します。

 

ざっくり紹介すると、アジャイルマニフェストと守破離を大事にした、中身が無い(ので自分たちで作り上げていく)アジャイル開発プロセスです。

 

Scrumを実践しているからといってAgileであるとは限りません。

 

このセッションを通して、Scrumをより良く、楽しく実践できるヒントが得られます。

 

これまでに発表したものに加え新作も用意してますので、どなたでもお気軽にどうぞ。

 

参考までに、前回のスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/takaesu0/scrum-45654767

 

発表予定の内容は次のとおりです。

・TG(てーげー)って?

・ちゃんぷるーって?

・○○ぱなしって?

・あんべーって?

・でーじてーげーって?

Submitted by (@makototakaesu)
1 comment

追加の詳細情報 / Comments :

45分でも20分でもどちらでも可能です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Using 5S and sticky notes to grow project mgmt skills for team

The Spint Backlog is the set of Product Backlog items selected for the Sprint and plan for delivering the product increment and relizing the Sprint Goal. The Sprint Backlog makes visible all of the work that the Development Team identifies as necessary to meet the Sprint Goal that changes in progress can be understood in the Daily Scrum. 5S (Seiri, Seiton, Seiso, Seiketsu and Shitsuke) as a tool to help the Development ...more »

Submitted by (@prathand)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Flipchat, Marker and post-it

追加の詳細情報 / Comments :

45 minutes presented in English and 20 minutes for discussion

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

初めての『アジャイル×ニアショア』のチーム成長記録【現在進行形で育成中!】

とある有料会員向け情報発信サイトの開発を請け負うこととなったインフォコム様がそれまでのお客様とのやり取りの中で、なかなか要件が固まらないことから、自らがいまだ経験したことのないアジャイルでの開発を提案したことからこの物語は始まります。   時を同じくして、インフォコム社の機能子会社(四国・松山)を活用する方針もありました。 そこで、アジャイル開発実績の豊富な弊社(株式会社アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング)にお声掛けがあり、一緒にチームを組んで取り組むことになりました。 ところが、初めてのアジャイルだけでも沢山の乗り越えない壁があるのに、リモート(ニアショア)要素も考慮しなければなりません。私たちもリモートの開発は初めてでした。 本PJは2015年6月~要件定義が始まり、8月中旬からSprint0を開始、2016年4月末をリリース日としています。   今回の発表では、今正に現在進行形で実施しているPJを題材に、赤裸々なチームの成長実録を依頼主のスクラムマスターであるインフォコムの嶋田様を共同発表者に迎え、生の声とともに皆様にお届けできればと思っています。 ...more »

Submitted by (@twatarai)
2 comments

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Designing Your Retrospective by Pattern Language

スクラムではレトロスペクティブ(ふりかえり)がコアプラクティスとして定義されており、プロセスのカイゼンにとって重要な活動である。 国内ではKPTというふりかえりのフレームワークが2006年ごろより広く使われるようになってきており、はじめてアジャイル・スクラムを実施する際には、KPTを利用することも多い。最近では「YWT」(やったこと、わかったこと、試すこと)という新しいフレームワークも出てきている。 しかし、実際にレトロスペクティブを実行するチームの状況に合わせてふりかえり自身も最適化されていくことが望ましい。 例えば「アジャイルレトロスペクティブズ」のような書籍には、様々なレトロスペクティブで用いるツールが紹介されており、大抵のチームはこのような書籍で自分に合うツールを探す、あるいは独自に元のフレームワークをカイゼンしていくことが多い。 しかし実際には、ツールの選定は「慣れによるマンネリ打破」「目新しさ」が優先されてしまうことが多く、チームの状況に応じたふりかえりのカイゼンができないケースがある。本来フレームワークは目的達成のために状況に合わせて選択されるべきであるが、フレームワークを使っているとどうしてもフレームワークに囚われてしまう。 ...more »

Submitted by (@takeshikakeda)
6 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

* サインペン/1人

* 付箋(75mm x 75mm)/1人

* 模造紙 or ホワイトボード/グループ

* A3用紙/グループ

* マスキングテープ/グループ

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Technology-Driven Development

サブタイトル:Using Automation and Development Techniques to Grow an Agile Culture 2014年にアメリカのAgile2014で発表した内容の、日本語での再演になります。(ちなみに初めての日本語再演です。) とあるスマートフォンアプリの開発プロジェクトを通じて、私はCI/CD・TDD・BDDといった自動化の施策に、3つの可能性があるという考えに至りました。すなわち、1) 業務の効率化、2) チームメンバーやステークホルダーらとの良好な関係の構築、3) チームの学習と成長です。私はこの考え方を「Technology-Driven Development」と名付け、実務でも活用しています。現場での試行錯誤を通じて得たアジャイル・スクラムの実践知の1つを紹介させていただければと思います。 [参考] 1) Slideshare http://www.slideshare.net/ssuser968fab/technology-drivendevelopment-forslideshare-38323907 ...more »

Submitted by (@hiroyukiito)
1 comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

特にありません。

追加の詳細情報 / Comments :

45分を希望です。

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムとメトリクスとテストを活用するチームの事例

受託開発でスクラムを活用しているチームの事例を紹介します。

このセッションは「スクラムやっているけど、振り返りでなかなかアグレッシブに問題点や改善点がでてこなくて困っている」といった、お悩みスクラムチームにいくつかの大きな発見を提供します。

 

例えば、このチームではほぼ全ての開発活動を数十分単位で見える化したり、テスト設計の時間を80%削減したり、仮想通貨でコスト計算をしたり、スプリントにゲーミフィケーションを導入したり、レビューの質を定量化したり、などなど様々な取り組みをしてきました。

これらをどのようにチームでマネジメントしているのか、どうしてチームに根付いたのか、どうして活用できているのかといった視点で紹介します。

 

この発表自体は初めての内容ですが、一部関連するスライドは次があります。

 

http://www.slideshare.net/KyonMm/kaizen-process-with-test-hackt

Submitted by (@kyonmm)
3 comments

Voting

34 votes
34 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

僕らのおれおれメトリクス / We metrics in our own way!

メトリクス、数値の取得や分析・評価というのは、開発の役に立たず時間を食われるばかりだと、開発チームから忌避されがちです。しかしスクラムチームがスクラムチーム自身のために取得するメトリクスは、チームの状況把握と問題発見に役立ちますし、チーム自身が見てセルフチェックできるものです。本セッションでは、とあるスクラムチームのメトリクスを紹介しつつ、なぜ測ることにしたか、測ってどうなったかお伝えします。 ハイライト: ・僕たち、見積もり下手だと思ってたけど、意外とそうでもなかったね ・Tシャツだと精度が低いからポイントにしよう! ・スプリントを見比べるとお化けが出る ・僕たちのヘルスチェック 対象: ・スクラムマスター ・スクラムを実践中のチームメンバー ラーニングターゲット: ・メトリクスのアイデアを知り、自分の現場で試してみたくなる ・自分たちの問題解決にメトリクスがどう利用できるか、ヒントを得る Metrics are sometimes ...more »

Submitted by (@tsutomu.yasui)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

講演なので必要ありません。

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Scrum, The Planning and The Learning Loops

The topic shows a different angle of Scrum’s activities. This viewpoint can help the team much in Being Agile instead of Doing Agile. Additionally, it can help to answer a lot of questions and issues of growing Scrum teams.

Submitted by (@quangnguyen)
3 comments

Voting

10 votes
10 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

The natural of software development: stop do things in fashion

I am the person in charge of a start-up inside a corporate of Vietnam. I have my own team and our own products. We gather from 7 people, who want to “change the air” after stressing out with strict-and-tight management way from the corporate. We don’t follow Scrum and Lean startup fully. We gather together and start with asking “why” every week and trying to find what is actually needed for our team. Fortunately, now ...more »

Submitted by (@nhungnguyen)
2 comments

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

価値志向の請負型SCRUM実績 -懐疑的だったアジャイルに魅了されたオジサンの泣き笑いアジャイル紹介-

ウォータフォールしか知らなかった私はアジャイルに懐疑的でした。

そのようなオジサンが、たまたまアジャイルプロジェクトのリーダーを行ったことがきっかけで、いくつかのアジャイルプロジェクトを経験し、今ではすっかり社内のアジャイル推進派に(売上も順調に伸びています)。

 

弊社では「お客様への価値提供」というASEアジャイルポリシーを守りつつ、「お客様もいろいろ」ということで、SCRUMを基本としながらもプロジェクト毎に独自のアレンジを行っています。

日本の商習慣に合わせた請負契約。そして、お客様の体制やプロジェクト規模に合わせたプロジェクト運営。

なぜそのようなアレンジが必要となったのかについて、その背景や失敗談も含めて、弊社独自のASEアジャイルを事例として紹介します。

 

・発表者:本田 孝宏(株式会社 アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング)

 

・共同発表者:渡会 健(株式会社 アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング)

Submitted by (@thonda)
3 comments

Voting

7 votes
7 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

モデリングを使った認識合わせ~簡単にアジャイルするコツ~

スクラム開発はなんてったって忙しいw 「ストーリー中心に対話で解決」と言ったってどうやっても発生しちゃう認識齟齬。 「僕たちはどーしたらいいんだ!」 ってあなたにモデルを使った簡単な認識合わせをオススメしたいと思います。 講演者が現場で繰り返し行っているモデリングとそこから見えたモデルあるあるを含めて話したいと思います。 エンジニアの大好きな「お寿司」で簡単にモデリング体験しませんか? ■対象者  四角と線が描ける人(初心者大歓迎)  開発で「何か話が合わない」とモヤモヤしている人  モデルを描きたいが躊躇している人  DDDバリバリやっている人でも! ■内容 「お寿司」をネタ(w)にモデリングをします。UMLとか知らなくても大丈夫。要は四角と線。皆さんには簡単にモデルを書いてもらいます。隣の人と話ながら書いてもらう形式です。(ペアモデリング)最後に講演者がライブモデリングしながら認識合わせのコツを話します。 アジェンダ ...more »

Submitted by (@i.w.a.o.jp)
9 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

・情報カード:講演者が用意

・ペン:参加者が用意

・ホワイトボード:あれば。なければホワイトボードシートを講演者が用意する。(ホワイトボードの場合は「壁」も欲しい)

追加の詳細情報 / Comments :

希望時間:20分

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes