ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Bridging the communication gap with Specification by Example

Having trouble with users can’t fixed the requirements? Built the wrong functionality? This talk illustrates some of the common problems in software development and shows you how the practice of Specification by Example can reduce the communication gap. Specification by Example has its influences from XP practices like Test-Driven Development and Acceptance testing and is regarded as one of the cornerstones in software ...more »

Submitted by (@stanlylau)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

None.

Voting

15 votes
15 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

大規模スクラムによる市場変化に対応できる組織作り

めまぐるしく変化するIT業界において、変化に対応できる組織の構築が企業の課題となっています。

私たちはインターネットサービスの市場変化に素早く対応できる組織作りを目指し、4つの開発チームで3つのサービスを開発するという取り組みに挑戦しました。

本セッションでは、組織作りを目的に大規模スクラムを導入した背景、この取り組みが組織に何をもたらしたのかを紹介します。

 

■想定する受講者像

・大規模システムの開発担当者

・マネージャー

 

■どのようなものを得られるか

・大規模スクラムの実践例

・市場変化に対応できる組織作り

Submitted by (@shinichiroishikawa)
2 comments

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Simple tool for Retrospective to Impact Beyond Your Team

Retrospectives are great for healthy, productive teams. However we all know that there are causes outside the team that impacts performance. Managers don’t care too much about Velocity. But they do care about ROI. One simple metric can help your Scrum Master get manager support for improving organizational systems. We will teach how to calculate the metric and how to visualize ROI for your team. The Manager will ...more »

Submitted by (@stevemcgee)
Add your comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector

追加の詳細情報 / Comments :

Last fall we introduced this as a lightning talk to a Scrum group. It was well-received.

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

ビジネスプラクティスで捉えるScrum

書店で自己啓発コーナーなどに行けば分かるように、世の中には数多くのビジネスプラクティス・思考フレームワークが出回っています。それらはソフトウェア開発以外だったり、より汎用的なものだったりしますが、ソフトウェア開発に通じることも多くあります。

セッションでは、そのような他のフレームワークの観点でScrumを捉えることにより、Scrumの価値や、Scrumのプラクティスの適用におけるポイントを再認識するきっかけになればと思っています。

また、Scrumが有名なビジネスプラクティスに従ったという説明ができるようになれば、経営者層にも価値を伝えやすくなると思っています。

Submitted by (@takuodoi)
2 comments

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

No Reuse Before Use

The metaphor of software reuse has misled the industry. We believed reuse can help us reduce cost and produce better software. And we spent a lot of time and money to make our software reusable and to reuse it. Sadly, it’s an industry proven to be nothing more than unfulfilled promises. Come to my talk to check out why you should not reuse before use, and my suggestions. The topic is from the perspective of different ...more »

Submitted by (@terryyin)
Add your comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

projector

追加の詳細情報 / Comments :

The speaker is an Agile Coach of Odd-e Singapore team. He's also a software programmer for over 20 years. He has rich training and consulting experience on Agile software development and software engineering, e.g Scrum, Test-Driven Development, system engineering practices and analysis practices. He's also an active contributor to the Agile community and open source community.

Voting

20 votes
20 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

NexusとLeSSの概要説明、比較

これまで、SAFe、DADなどのアジャイルをスケールさせる方法論がありましたが、どれも非常に多くのことが定義されていて、スモールチームのアジャイル開発実践者にはかえってハードルが高かったと思います。 最近LeSS、Nexusと多くを定義するのではなく、スクラムのように見える化と改善のミニマムのフレームワークを定義するものが出てきました。 本セッションでは、Bas Voddeが提唱しているLeSS(Large Scale Scrum)と、スクラムの生みの親、Ken Schwaberの、まだ発表されて間もないNexus ガイドの2つをご紹介します。そこには1チームでの成功をスローダウンする事なく、連続的にスケールしていく方法のヒントがあります。 他のスケール手法との比較なども、参加者の方とディスカッションできればと考えています。スケールが必要なプロジェクトでもアジャイル開発を楽しんでいく方法を探しましょう。 https://www.scrum.org/Resources/The-Nexus-Guide ...more »

Submitted by (@roberts)
6 comments

追加の詳細情報 / Comments :

共同発表者:木村 卓央 株式会社ガイアックス RND PMO , 合同会社カナタク 代表

Voting

26 votes
26 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

The Agile Leader’s toolkit : shifting from manager to leader

I used to work as a Program Manager on a large waterfall project. I spent my day assigning tasks to people, tracking progress and trying to prevent the next crisis. I thought that was the normal life of a Program Manager. I was wrong. Agile proved me it can be different. In this short talk I will share the tools, books and trainings that helped me change my perspective and become a better person in the process: • Which ...more »

Submitted by (@sylvainmahe)
1 comment

追加の詳細情報 / Comments :

20 min talk

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

それ僕のTDDと違う!

TDD(テスト駆動開発)の基本から、賛否両論の議論を紹介し、どうTDDを活かしていけばいいか、紹介します。

 

1年くらい前のネタの再演になります。

http://www.slideshare.net/yattom/hey-its-not-my-tdd

Submitted by (@tsutomu.yasui)
1 comment

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

1000本ノックでふりかえろう

スプリントのふりかえりをチームで行う際に大切と思うことを実際にワークショップを通して体験する

 

・ ふりかえりのテーマの広げ方

・テーマの深堀の仕方

・次に繋げるためのアクションプランの出し方(時間があれば)

Submitted by (@terahide27)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

・付箋紙

・コピー紙(A4,A3)

・サインペン

追加の詳細情報 / Comments :

深堀りはTOCfEのロジック・ブランチを使って行います

 

10/30にアジャイらないひよこ倶楽部さんでお話しした内容をベースに

それをワークショップとして設計する予定です

 

参考:

http://www.slideshare.net/terahide/ss-54563581

Voting

7 votes
7 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

スクラム型受託開発の工夫あれこれ

フリーランスメンバーを中心にスクラムを導入して受託開発を行っています。

その中で行っているプラクティスとその工夫、上手くいくパターンと危ないパターンを報告できればと思います。

受託開発をしている方へのヒントになればと思います。

事例としては、新規事業開発、既存サービスのリプレイス、既存サービスの拡張などのパターンがありますが、基本的にBtoCサービスが多いです。

 

 

【想定アジェンダ】(変更の可能性あり)

* 契約形態

* 発注側と受託側の役割分担

* 発注者の意識や行動の変化(成功パターン)

* 課題(失敗パターン)

 

 

【想定する受講者像】

* 受託開発会社に勤めるエンジニア・マネージャ・経営者

* エンジニア不足に悩む事業会社

 

 

【どのようなものを得られるか】

* 日本の受託開発におけるスクラムの実践例

* 受注側へのスクラムの説明方法/巻き込み方

* フリーランスエンジニアとの協業事例

Submitted by (@tomoyasu0620)
2 comments

追加の詳細情報 / Comments :

20分希望です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum

Ciscoは、アジャイル開発の手法の1つである、スクラムという方法を使いビジネスのやり方を変えようとしています。100%ウォーターフォールモデルを使っていた25,000人のCiscoのエンジニアをどのようにスクラムに移行していったのかをご紹介します。 現在、ビジネス側との強いパートナーシップと連携がビジネスの結果をより迅速に提供する原動力となっています。 しかしながら、私達のアジャイルへの進化のジャーニーは3年前に始まり、戦略的に、戦術的に、そして段階的に進められておりいまだ進行中です。 このジャーニーは、1つのサイクルが6か月から9か月を要するウォーターフォールモデルから、毎週、毎月と短期間で新しい機能をリリースできるアジャイル手法へビジネスの遂行力を変えていかなければならないという 必要性をエグゼクティブリーダーシップが認識し、強く希望したことから始まりました。 そして、全社的にこの進化の要となるアジャイル・リーダーを育成するという難しさを経験しました。 ...more »

Submitted by (@peterim)
9 comments

Voting

37 votes
37 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

僕らのおれおれメトリクス / We metrics in our own way!

メトリクス、数値の取得や分析・評価というのは、開発の役に立たず時間を食われるばかりだと、開発チームから忌避されがちです。しかしスクラムチームがスクラムチーム自身のために取得するメトリクスは、チームの状況把握と問題発見に役立ちますし、チーム自身が見てセルフチェックできるものです。本セッションでは、とあるスクラムチームのメトリクスを紹介しつつ、なぜ測ることにしたか、測ってどうなったかお伝えします。 ハイライト: ・僕たち、見積もり下手だと思ってたけど、意外とそうでもなかったね ・Tシャツだと精度が低いからポイントにしよう! ・スプリントを見比べるとお化けが出る ・僕たちのヘルスチェック 対象: ・スクラムマスター ・スクラムを実践中のチームメンバー ラーニングターゲット: ・メトリクスのアイデアを知り、自分の現場で試してみたくなる ・自分たちの問題解決にメトリクスがどう利用できるか、ヒントを得る Metrics are sometimes ...more »

Submitted by (@tsutomu.yasui)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

講演なので必要ありません。

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes