Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Offshore and Nearshore Scrum teams

Offshoring / Near-shoring part of a team is relatively much more difficult in a Scrum framework than in Waterfall. But with a committed organization that can make well-defined engagements and appropriate infrastructure changes, the benefits can be tremendous. It will be Scrum that can work around the clock . . . literally!

 

Come and join the session to know how to deal with offshore / nearshore Scrum teams.

Submitted by

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes

Campaign: ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

No Reuse Before Use

The metaphor of software reuse has misled the industry. We believed reuse can help us reduce cost and produce better software. And we spent a lot of time and money to make our software reusable and to reuse it. Sadly, it’s an industry proven to be nothing more than unfulfilled promises. Come to my talk to check out why you should not reuse before use, and my suggestions. The topic is from the perspective of different ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

projector

追加の詳細情報 / Comments :

The speaker is an Agile Coach of Odd-e Singapore team. He's also a software programmer for over 20 years. He has rich training and consulting experience on Agile software development and software engineering, e.g Scrum, Test-Driven Development, system engineering practices and analysis practices. He's also an active contributor to the Agile community and open source community.

Voting

20 votes
20 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum

Ciscoは、アジャイル開発の手法の1つである、スクラムという方法を使いビジネスのやり方を変えようとしています。100%ウォーターフォールモデルを使っていた25,000人のCiscoのエンジニアをどのようにスクラムに移行していったのかをご紹介します。 現在、ビジネス側との強いパートナーシップと連携がビジネスの結果をより迅速に提供する原動力となっています。 しかしながら、私達のアジャイルへの進化のジャーニーは3年前に始まり、戦略的に、戦術的に、そして段階的に進められておりいまだ進行中です。 このジャーニーは、1つのサイクルが6か月から9か月を要するウォーターフォールモデルから、毎週、毎月と短期間で新しい機能をリリースできるアジャイル手法へビジネスの遂行力を変えていかなければならないという 必要性をエグゼクティブリーダーシップが認識し、強く希望したことから始まりました。 そして、全社的にこの進化の要となるアジャイル・リーダーを育成するという難しさを経験しました。 ...more »

Submitted by

Voting

37 votes
37 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

ゲーム作りから導くスクラムマネージャー

最近、星のドラゴンクエストをプレイしています。面白いですね。 ゲームが面白いのは、楽しむ仕組みをいろいろな場所で入れているからです。 しっかりとした全体のストーリーを持ち、各所でのゲームメカニクス・レベルデザインがきちんと抑えられていないと、ゲームはすぐにつまらなくなります。 スクラムでは、自己組織化されたチームを望ましい姿として、メンバーの自由度を高めることを促します。 しかしながら、ゲームでは、単に自由度を高めるだけでは面白いゲームには仕上がりません。 あなたのチームは楽しんでいますか? 本セッションでは、18年間のゲーム業界の開発と、バンダイナムコやグリーでスクラムマスターなどとしてスクラムを導入してきた経験から、ゲーム設計を基にチームの成長を導く方法を検討し、スクラムのフレームワークからあえてはずされているプロセスのマネージャーについて考えてみます。 教科書とおりのスクラムの勉強を卒業された方に新たな視点をお届けできればと思います。 ...more »

Submitted by

Voting

19 votes
19 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

Teach in the University Programme : Agile and Scrum

This will be a session discussing about how the previous company that I worked for partnered with one of the biggest state universities in the Philippines in teaching Agile Methodologies and Practices by creating an elective course where actual Scrum Masters and Engineers from the company talk about how these concepts are being practiced in real working environments. Additional Information : Targeted Audience : Companies/any ...more »

Submitted by

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

TG(てーげー)でScrumをよりAgileに

沖縄人発案のアジャイル開発プロセスTG(てーげー)の紹介と、そこで推奨される「ScrumをよりAgileにする」プラクティスを紹介します。

 

ざっくり紹介すると、アジャイルマニフェストと守破離を大事にした、中身が無い(ので自分たちで作り上げていく)アジャイル開発プロセスです。

 

Scrumを実践しているからといってAgileであるとは限りません。

 

このセッションを通して、Scrumをより良く、楽しく実践できるヒントが得られます。

 

これまでに発表したものに加え新作も用意してますので、どなたでもお気軽にどうぞ。

 

参考までに、前回のスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/takaesu0/scrum-45654767

 

発表予定の内容は次のとおりです。

・TG(てーげー)って?

・ちゃんぷるーって?

・○○ぱなしって?

・あんべーって?

・でーじてーげーって?

Submitted by

追加の詳細情報 / Comments :

45分でも20分でもどちらでも可能です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Simple tool for Retrospective to Impact Beyond Your Team

Retrospectives are great for healthy, productive teams. However we all know that there are causes outside the team that impacts performance. Managers don’t care too much about Velocity. But they do care about ROI. One simple metric can help your Scrum Master get manager support for improving organizational systems. We will teach how to calculate the metric and how to visualize ROI for your team. The Manager will ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector

追加の詳細情報 / Comments :

Last fall we introduced this as a lightning talk to a Scrum group. It was well-received.

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

あなたのチームの「いい人」は機能していますか?

【概要】 あなたの開発チームには、だれもやりたがらない仕事を率先して引き受けてくれたり、落ちているボールを積極的に拾ってくれるような、「いい人」はいますか? 言われなければ気が付かないけど、誰かがやってくれているからチームがうまくいっている「文化的雪かき」のような仕事が存在します。 そして、そういった仕事をやっている「いい人」が知らぬうちにすり減ってしまうケースが意外に多く存在するのかもしれません。   とある開発チームの1年の変革をベースに、以下をお話します   - 開発チームにおける「いい人」の定義 - 「いい人」が陥りがちで見逃しがちな罠 - 「いい人」がチームに与える悪影響 - 「文化的雪かき」を分類する - 「いい人」のかけがえない価値について - 多様なマインドセットを持ったチームにおける「文化的雪かき」の平準化方法 - OKR を用いたチームマネジメント - 「いい人」のキャリアマネジメント   【想定する受講者層】 ...more »

Submitted by

追加の詳細情報 / Comments :

株式会社 RightSegment

Voting

20 votes
20 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

ベトナムで「ベトナムエンジニア+非IT系日本・韓国人」とScrumによる生産性の改善をした話。

--------------------------------------------------------- 日本語 --------------------------------------------------------- ●想定する受講者像 ・ベトナム・韓国・日本など、様々な国の方とチームとして働くことに課題・興味がある方 ・非IT系xIT系の方が一緒に1チームとして働く場合の課題をお持ちの方、そのようなチーム構成に興味がある方 ●どのようなものを得られるか ・様々なバックグラウンドや役割を持ったチームメンバーのモチベーションに対する「源泉」や「考え方」の違いを知ることができます。 ・この差異を知ることで、異なるバックグラウンドを持ったチームメンバーと一緒に仕事をしていくためのTipsやヒントを得ることができます。 (チーム間の協力方法、バイアスやギャップの縮め方) ・役員や事業長など決済権や最終判断の権限を持つ方に、Scrumの効果を理解してもらった上で組織構造を変える方法(会社規模〜30人くらい) ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

無し

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

The day I discovered I was not an Agile coach.

I remember that morning, 6 or 7 years ago. I had been practicing Agile for a few years and I had decided to update my LinkedIn profile. I edited my job title and replaced “Scrum Master” with “Agile Coach”. That was a lie. But I didn’t know it at that time. I really believed I had become a coach. But in reality I was a consultant, a trainer, sometimes a mentor. In this short talk, I will share my personal journey to become ...more »

Submitted by

追加の詳細情報 / Comments :

20 minutes presentation.

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes

Campaign: スクラムのはじめかた How to begin Scrum

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみた事例を紹介します。

「スクラムの導入をサポートして欲しい」という依頼をうけて、2015年10月中旬から4週間フィリピンに行ってスクラムの導入にチャレンジしてきました。

英語をほとんど話せない私がフィリピン、インドネシア、日本の多国籍チームに対してどのようにアプローチし、何を行ない、その結果どうなったかについてお話したいと思います。

 

■アジェンダ(仮)

- 経緯

- 当初の状況

- 各週(1〜4週)で実施したこととそのフィードバック

- やり残したこと、言い残してきたこと

- まとめ

 

参考までに、現地のリクルーティングイベントで発表したスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/aratafuji/is-scrum-the-best-choice-for-you

Submitted by

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

An Agile Coach who became a monk.

This session focus on sharing the 2 years of experience as an enterprise Agile Coach with a Payment Company, sharing a year of experience as an Agile Coach with a bank and sharing 3 months experience with a startup Compare the lesions learned and what can learn from them Top 5 Strategies which helped for the transformation and coaching Talk about the different Transformation and coaching Strategies which was used in ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

markers, Post its

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes