ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Stack Overflow Driven Development: The Right Way

Stack Overflow Driven Development: The Right Way, Since Stack Overflow was invented, it is the light of hope of software industry. It shows the world that finally we have found our definition of “reuse” which is “copy and paste”. This session will how you “how to use stack overflow in proper way” so that you can deliver software together with good quality of code. Target Audience: For management level you will know what ...more »

Submitted by (@twinpanichsombat)
1 comment

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum

Ciscoは、アジャイル開発の手法の1つである、スクラムという方法を使いビジネスのやり方を変えようとしています。100%ウォーターフォールモデルを使っていた25,000人のCiscoのエンジニアをどのようにスクラムに移行していったのかをご紹介します。 現在、ビジネス側との強いパートナーシップと連携がビジネスの結果をより迅速に提供する原動力となっています。 しかしながら、私達のアジャイルへの進化のジャーニーは3年前に始まり、戦略的に、戦術的に、そして段階的に進められておりいまだ進行中です。 このジャーニーは、1つのサイクルが6か月から9か月を要するウォーターフォールモデルから、毎週、毎月と短期間で新しい機能をリリースできるアジャイル手法へビジネスの遂行力を変えていかなければならないという 必要性をエグゼクティブリーダーシップが認識し、強く希望したことから始まりました。 そして、全社的にこの進化の要となるアジャイル・リーダーを育成するという難しさを経験しました。 ...more »

Submitted by (@peterim)
9 comments

Voting

37 votes
37 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Why only Agile Organisation will survive? / なぜアジャイルな組織しか生き残れないのか

The agile manifesto is not necessarily a mindset which is only valid for IT organisations. The power of the agile manifesto is, that it can be translated to any industries. In fact, Chris is of the opinion, that any organisation of any other industry should embrace and live the agile values and principles in order to survive the growing complexity of today's globalisation. In his talk, Chris will covers the reason, ...more »

Submitted by (@chriskruppa)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

- Sticky notes

- Whiteboard

- Markers, pens

- VGA Adapter for Mac Book Air

Voting

17 votes
17 up votes
0 down votes

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

“作図ゲーム“で反復開発でのプロセス改善を体感しよう!

スクラムで反復開発を回していく上で、作業プロセスの改善は欠かせません。

本セッションでは、ゲームを通して

・「作業改善をするためにはどのような点に着目すればよいのか」

・「反復で作業を行った場合に効果がではじめるタイミング」

 などを体感することができます。

 

ゲームの内容は単純明快で、チームで協力して様々な図を書く“量”と“精度”を

競うものです。シンプルですが、メチャメチャ盛り上がります!

 

#このゲームは、自分が講師を担当しているスクラム講座で

#数十回にわたって実施しているものをベースに内容を拡張したものです。

Submitted by (@etsuoyamada)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

A4の紙を一束、赤のサインペン×10本、30センチ定規×6本、付箋、筆記用具

Voting

19 votes
19 up votes
0 down votes

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

Product owner & Development Team - A tango in communication

Using the dance tango, I will explain the principles of communication techniques. We will learn through doing.

Submitted by (@jaschong)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector, empty space

追加の詳細情報 / Comments :

Co-presenting with another speaker.

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

1000本ノックでふりかえろう

スプリントのふりかえりをチームで行う際に大切と思うことを実際にワークショップを通して体験する

 

・ ふりかえりのテーマの広げ方

・テーマの深堀の仕方

・次に繋げるためのアクションプランの出し方(時間があれば)

Submitted by (@terahide27)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

・付箋紙

・コピー紙(A4,A3)

・サインペン

追加の詳細情報 / Comments :

深堀りはTOCfEのロジック・ブランチを使って行います

 

10/30にアジャイらないひよこ倶楽部さんでお話しした内容をベースに

それをワークショップとして設計する予定です

 

参考:

http://www.slideshare.net/terahide/ss-54563581

Voting

7 votes
7 up votes
0 down votes

その他 Others

Automation testing in Agile project

Following the Agile method, the quality needs to be built-in, so normally testing area isn't covered. But it's much difficult to have built-in quality in a product unless we have the different approach in the testing work, in both mindset and practice. Continuous testing throughout is a key success factor but only automation can support this approach. http://www.slideshare.net/hiennvn/automation-testing-in-agile-project ...more »

Submitted by (@nguyenhien)
5 comments

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

"あの"メーカーがスクラムを始めたようです

あの有名な電機メーカーで、私たちのグループはとあるクラウドサービスを開発しています。

- ユーザーのニーズにあったサービスを、素早く、しかし品質を犠牲にすることなく提供したい

- トップダウンによる恐怖政治ではなく、自己組織化されたチームにしたい

等々を目指して、数ヶ月前からスクラムを導入しました。ところが…。

 

まだまだ始めたばかりで、目に見えるような効果はそれほど出ていませんが、

大きな企業ならではの悩みや躓き、事件など、

社内初(かどうかは知らんけど)の公認スクラムマスター(そんな役職はありません)がお話しします。

Submitted by (@tak.h0818)
6 comments

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes

その他 Others

とにかく明るいセッション

安心してください!

Submitted by (@mihonagase)
7 comments
Declined or Canceled
Archived
Declined or Canceled

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

「遅延のコスト」に基づく経済的優先順位づけ方法

Quantify the cost of delay, prioritize your backlog with an economic view アジャイル開発では、より高い経済的成果がより早く得られるよう、開発内容を管理するバックログの優先順位が常に適切に更新されなければならない。現在、プロダクトオーナーがバックログの個々の項目に対し、期待されるビジネス上の価値を予測し、その予測に基づいて開発順序を決めたり、MoSCoW体系や狩野の顧客満足度モデルなどの評価方法を用いて評価したりすることが一般的に行われている。しかし、多くのプロダクトオーナーは、優先順位付けが依然として難しい課題の1つと感じている。 Reinertsen[1]は「遅延のコスト」を定量化することによって、時間の流れに伴う価値の変化を理解し、経済的な視点で意思決定を行うという「遅延のコスト」の経済学に基づく優先順位付けの方法を示した。SAFe[2]では、それを具体化する形で、「遅延のコスト」に影響する主要な要因を定義することにより、個々のバックログ項目の「遅延のコスト」の見積もりを可能にした。また、バックログ項目の「遅延のコスト」と開発労力の見積もり値により算出される「重みづけされた最短作業から着手(WSJF)」[3]によって優先順位を決めていく方法を推奨する。 ...more »

Submitted by
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

ペン、附箋

追加の詳細情報 / Comments :

解説:15分、演習:30分

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Critical Role of 21st Century Manager in organization change

As a Scrum Coach we can influence. Managers have the power to make changes. Manager has a direct relationship with his people. They look to their manager for direction. Sometimes the SME has similar authority. Organization change is not possible without Manager support. It is their job to meet with and discuss with other managers. They must reach Agreement about the problem and opportunities. We will explain this ...more »

Submitted by (@stevemcgee)
Add your comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector.

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

その他 Others

How to manage distributed teams successfully

In Hugo’s workshop, participants will create a best practice board in teams of 5-6 people. The teams go through each block of ‘The Bridge Canvas’. The goal is to share best practices, ideas and experiences. Per block, each team selects the ‘best best practice’. At the end of the workshop, each team will present the best best practices for each block. At the start of the workshop, Hugo shares a few best practices (personal ...more »

Submitted by (@h.messer)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

The ideal room layout is round tables which seat up to 6 people. Alternatively, a room where people can easily move chairs to sit in groups (or move to other rooms). Walls to stick large papers; post it notes, pens and pencils. A project screen for some slides and videos (without it, it’s also possible). There’s no preparation requirement’s for participants.

追加の詳細情報 / Comments :

Key learning points:

• Practical experiences from seasoned distributed team managers/coaches

• Learn how to communicate smoothly across culture, distance and time

• How to bridge cultural differences in distributed teams

• How to apply agile methods to a distributed setting

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes