スクラムってなに? What is Scrum?

自分たちのAチームを作ろう!

スクラムをベースしたアジャイル開発のイントロダクションを話します。AはアジリティのA、かつ優等のAです。最近、アジャイル開発が単なる反復型のソフトウェア開発プロセスだと誤解されているのを耳にすることが多くなってきました。チームが協働するための仕組みという観点から、あらためてスクラムのフレームワークを紹介します。

プレゼンテーション実績:

2015.6.27 ハッカーズチャンプルー2015

http://www.slideshare.net/MihoNagase/build-yourateamwithscrum

 

参加対象者:

チーム開発をしている開発担当者、開発部門のリーダー・マネージャー

 

Scrumそのものに対する説明は詳細に行いません。

Scrum Guideに記載されている用語および基本概念については理解している方、もしくは詳細説明は不要でチーム開発や協調作業に興味のある方が対象です。

Submitted by (@mihonagase)

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

How to lift off Agile in a team

First I will introduce 2 cases, which has following results: 10 times increase for Gross Merchandise Volume 3 times shorten for cycle time 3 times increase for the active users 2 times increase for delivering velocity of R&D Second, I will introduce a pattern to help team lift off Agile concluded from above 2 cases. It is 1 core and 4 basics. In the meanwhile, besides introducing pattern, I will explain a tool or method ...more »

Submitted by (@jiangxb)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

no

追加の詳細情報 / Comments :

Here are some Learning Objectives from this presentation:

 

Case studies from the biggest B2C e-commercial company in China (JD.com)

Pattern for lifting off Agile in a team

Practical tool/method for starting Agile

Emphasis Value is core in Agile

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

ざんねんスクラム放談会

これまで2回にわたって、スクラムに関する誤解/誤用/ScrumButを「ざんねん」とまとめて発表してきましたが、今回は失敗談/懺悔なども加え、参加者皆さんの経験談を中心に語り合いたいと思います。

 

どのように「ざんねん」なのかを通してスクラムの理解をより深めて、また他の実践者の方々が嵌ってしまった落とし穴なども共有できる場にしたいと思います。

 

想定している参加者としては、経験の有無は関係ありませんが、スクラムの用語は言葉だけでも知っている方となります。

 

雑談のように始まって雑談のように終わりますので、途中の入退出もお気軽にどうぞ。

 

参考までに、前回のスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/takaesu0/ss-45655213

Submitted by (@makototakaesu)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

他の参加者の話を楽しく聴いて、時には話を被せにいって盛り上げて、話題をどんどん広げていく心構えでお願いします!

ネタの持ち込みも大歓迎です!!

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Microsoftが実践したScrum導入7年間の旅、そしてDevOpsへの進化

巨大企業Microsoftがなぜ、そしてどのようにScrumを導入していったのか?サービスリリース日に直面した失敗と学び、そしてその後のチーム学びと進化を、人・プロセス・技術の面から生々しくレポートしたいと思います。全世界にまたがったグローバルチーム開発、グローバル分散環境のデプロイメント戦略、プロダクションからの学び、テレメトリ戦略、DevOpsへの旅まで具体的にお話しいたします。

 

 近年突然インパクトある製品やサービスを生み出すことができるようになったMicrosoftは何故変わることが出来たのでしょうか?その秘密を公開いたします。

Submitted by (@tsuyoshiushio)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

プレゼンテーション形式なので、プロジェクターがあれば結構です。アイデアや感じたことをシェアできる壁と、付箋とマジックがあればより嬉しいです。

追加の詳細情報 / Comments :

本公演はAgile conference 2014でキーノートを務めたSam Guckenheimer氏が講演したプロジェクトの内容から更に進化した現在の姿を日本語で聞ける貴重な機会になっています。ぜひお楽しみください!

 

参考情報です。本公演は、Samが2014年に発表した内容を基にさらに2015年版にアップデートして日本語にしてわかりやすくしています。楽天テクノロジーカンファレンスでその一部をお話ししたのですが、満席をいただき、参加者の方からもっとマイクロソフトの事例の詳細を聞きたいというお話をいただいたので、この講演を企画しました。

 

Agile 2014のキーノート

Journey to Cloud Cadence - Sam Gukenheimer

http://agile2014.agilealliance.org/program/

 

Rakuten and Microsoft talk DevOps in Real world.

http://www.slideshare.net/TsuyoshiUshio/rakuten-and-microsoft-talk-devops-in-real-world

 

DevOps Enterprise 2015 Sam Guckenheimer - Visual Studio Online: The Inside Story from COTS to Cloud

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Critical Role of 21st Century Manager in organization change

As a Scrum Coach we can influence. Managers have the power to make changes. Manager has a direct relationship with his people. They look to their manager for direction. Sometimes the SME has similar authority. Organization change is not possible without Manager support. It is their job to meet with and discuss with other managers. They must reach Agreement about the problem and opportunities. We will explain this ...more »

Submitted by (@stevemcgee)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector.

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum

Ciscoは、アジャイル開発の手法の1つである、スクラムという方法を使いビジネスのやり方を変えようとしています。100%ウォーターフォールモデルを使っていた25,000人のCiscoのエンジニアをどのようにスクラムに移行していったのかをご紹介します。 現在、ビジネス側との強いパートナーシップと連携がビジネスの結果をより迅速に提供する原動力となっています。 しかしながら、私達のアジャイルへの進化のジャーニーは3年前に始まり、戦略的に、戦術的に、そして段階的に進められておりいまだ進行中です。 このジャーニーは、1つのサイクルが6か月から9か月を要するウォーターフォールモデルから、毎週、毎月と短期間で新しい機能をリリースできるアジャイル手法へビジネスの遂行力を変えていかなければならないという 必要性をエグゼクティブリーダーシップが認識し、強く希望したことから始まりました。 そして、全社的にこの進化の要となるアジャイル・リーダーを育成するという難しさを経験しました。 ...more »

Submitted by (@peterim)

Voting

37 votes
37 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

「遅延のコスト」に基づく経済的優先順位づけ方法

Quantify the cost of delay, prioritize your backlog with an economic view アジャイル開発では、より高い経済的成果がより早く得られるよう、開発内容を管理するバックログの優先順位が常に適切に更新されなければならない。現在、プロダクトオーナーがバックログの個々の項目に対し、期待されるビジネス上の価値を予測し、その予測に基づいて開発順序を決めたり、MoSCoW体系や狩野の顧客満足度モデルなどの評価方法を用いて評価したりすることが一般的に行われている。しかし、多くのプロダクトオーナーは、優先順位付けが依然として難しい課題の1つと感じている。 Reinertsen[1]は「遅延のコスト」を定量化することによって、時間の流れに伴う価値の変化を理解し、経済的な視点で意思決定を行うという「遅延のコスト」の経済学に基づく優先順位付けの方法を示した。SAFe[2]では、それを具体化する形で、「遅延のコスト」に影響する主要な要因を定義することにより、個々のバックログ項目の「遅延のコスト」の見積もりを可能にした。また、バックログ項目の「遅延のコスト」と開発労力の見積もり値により算出される「重みづけされた最短作業から着手(WSJF)」[3]によって優先順位を決めていく方法を推奨する。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

ペン、附箋

追加の詳細情報 / Comments :

解説:15分、演習:30分

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

“作図ゲーム“で反復開発でのプロセス改善を体感しよう!

スクラムで反復開発を回していく上で、作業プロセスの改善は欠かせません。

本セッションでは、ゲームを通して

・「作業改善をするためにはどのような点に着目すればよいのか」

・「反復で作業を行った場合に効果がではじめるタイミング」

 などを体感することができます。

 

ゲームの内容は単純明快で、チームで協力して様々な図を書く“量”と“精度”を

競うものです。シンプルですが、メチャメチャ盛り上がります!

 

#このゲームは、自分が講師を担当しているスクラム講座で

#数十回にわたって実施しているものをベースに内容を拡張したものです。

Submitted by (@etsuoyamada)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

A4の紙を一束、赤のサインペン×10本、30センチ定規×6本、付箋、筆記用具

Voting

19 votes
19 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Technology-Driven Development

サブタイトル:Using Automation and Development Techniques to Grow an Agile Culture 2014年にアメリカのAgile2014で発表した内容の、日本語での再演になります。(ちなみに初めての日本語再演です。) とあるスマートフォンアプリの開発プロジェクトを通じて、私はCI/CD・TDD・BDDといった自動化の施策に、3つの可能性があるという考えに至りました。すなわち、1) 業務の効率化、2) チームメンバーやステークホルダーらとの良好な関係の構築、3) チームの学習と成長です。私はこの考え方を「Technology-Driven Development」と名付け、実務でも活用しています。現場での試行錯誤を通じて得たアジャイル・スクラムの実践知の1つを紹介させていただければと思います。 [参考] 1) Slideshare http://www.slideshare.net/ssuser968fab/technology-drivendevelopment-forslideshare-38323907 ...more »

Submitted by (@hiroyukiito)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

特にありません。

追加の詳細情報 / Comments :

45分を希望です。

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Stack Overflow Driven Development: The Right Way

Stack Overflow Driven Development: The Right Way, Since Stack Overflow was invented, it is the light of hope of software industry. It shows the world that finally we have found our definition of “reuse” which is “copy and paste”. This session will how you “how to use stack overflow in proper way” so that you can deliver software together with good quality of code. Target Audience: For management level you will know what ...more »

Submitted by (@twinpanichsombat)

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

その他 Others

Get BDD with Cucumber

BDD is principally an idea about how software development should be managed by both business interests and technical insight, the practice of BDD does assume the use of specialized software tools to support the development process.[2] Although these tools are often developed specifically for use in BDD projects, • Speaking a common language • Making user stories power effective conversations • Why describing behaviours ...more »

Submitted by (@marisagility)

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes

その他 Others

Re: AgileガチンコFight

「○○のはじめかた」「○○をやってみた」というセッションがあってもいい。だけど俺たちがホントに見たいのは、アジャイルやスクラムの先にある世界だ。 教科書通りにやるのも大事だ。だけどその教科書を疑う姿勢を失ったら思考停止じゃないか!本当に自分たちにとってベストなのか、もっとベターな道がないのか常に探し、常に挑戦し続ける。 よし、ならば戦おうじゃないか。誰が一番アジャイルなのか決める戦いが、いま始まる。 ==== ■AgileガチンコFightとは Regional SCRUM GATHERING Tokyo 2015で大好評をいただいたセッションです(http://goo.gl/yAISvr)。 アジャイル開発、スクラムなどを現場で実践しているとぶちあたる壁・悩ましい問題が出てきます。AgileガチンコFightでは、そういったトピックをテーマにあげてディベート形式で深掘りをします。そういった問題には一つの答えが存在するものなどほとんどありませんが、討論形式で深掘りすることで新たな視点を手に入れて次のステップに進むことができるかもしれません。 ...more »

Submitted by (@takaooyobe)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

楽しむ心、学ぶ気持ち

追加の詳細情報 / Comments :

エンタテイメント性を出すためにプロレスのメタファを取り入れていますが、内容や議論はいたって真剣です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes