ゲームで学ぶ Learn by playing Game

Kanban in Action with a Game

The getKanban Board Game is a physical board game designed to teach the concepts and mechanics of Kanban for software development in a workshop setting. It has been described as the most effective way to teach Kanban. It’s hands-on, engaging, and fun.

 

During the workshop the teams construct charts based on data from the game including a Cumulative Flow Diagram, and a Statistical Process Control Chart.

Submitted by (@marisagility)
4 comments

Voting

20 votes
21 up votes
1 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

「遅延のコスト」に基づく経済的優先順位づけ方法

Quantify the cost of delay, prioritize your backlog with an economic view アジャイル開発では、より高い経済的成果がより早く得られるよう、開発内容を管理するバックログの優先順位が常に適切に更新されなければならない。現在、プロダクトオーナーがバックログの個々の項目に対し、期待されるビジネス上の価値を予測し、その予測に基づいて開発順序を決めたり、MoSCoW体系や狩野の顧客満足度モデルなどの評価方法を用いて評価したりすることが一般的に行われている。しかし、多くのプロダクトオーナーは、優先順位付けが依然として難しい課題の1つと感じている。 Reinertsen[1]は「遅延のコスト」を定量化することによって、時間の流れに伴う価値の変化を理解し、経済的な視点で意思決定を行うという「遅延のコスト」の経済学に基づく優先順位付けの方法を示した。SAFe[2]では、それを具体化する形で、「遅延のコスト」に影響する主要な要因を定義することにより、個々のバックログ項目の「遅延のコスト」の見積もりを可能にした。また、バックログ項目の「遅延のコスト」と開発労力の見積もり値により算出される「重みづけされた最短作業から着手(WSJF)」[3]によって優先順位を決めていく方法を推奨する。 ...more »

Submitted by
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

ペン、附箋

追加の詳細情報 / Comments :

解説:15分、演習:30分

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Designing Your Retrospective by Pattern Language

スクラムではレトロスペクティブ(ふりかえり)がコアプラクティスとして定義されており、プロセスのカイゼンにとって重要な活動である。 国内ではKPTというふりかえりのフレームワークが2006年ごろより広く使われるようになってきており、はじめてアジャイル・スクラムを実施する際には、KPTを利用することも多い。最近では「YWT」(やったこと、わかったこと、試すこと)という新しいフレームワークも出てきている。 しかし、実際にレトロスペクティブを実行するチームの状況に合わせてふりかえり自身も最適化されていくことが望ましい。 例えば「アジャイルレトロスペクティブズ」のような書籍には、様々なレトロスペクティブで用いるツールが紹介されており、大抵のチームはこのような書籍で自分に合うツールを探す、あるいは独自に元のフレームワークをカイゼンしていくことが多い。 しかし実際には、ツールの選定は「慣れによるマンネリ打破」「目新しさ」が優先されてしまうことが多く、チームの状況に応じたふりかえりのカイゼンができないケースがある。本来フレームワークは目的達成のために状況に合わせて選択されるべきであるが、フレームワークを使っているとどうしてもフレームワークに囚われてしまう。 ...more »

Submitted by (@takeshikakeda)
6 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

* サインペン/1人

* 付箋(75mm x 75mm)/1人

* 模造紙 or ホワイトボード/グループ

* A3用紙/グループ

* マスキングテープ/グループ

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

その他 Others

リーンコーヒー:学習をシェアするための素晴らしい方法

「リーンコーヒー」のファシリテーションの仕方を学ぶ。

「リーンコーヒー」は、トピックを議論すると同時に知識をシェアできる人気のある手法です。

 

非常に簡単で早く、とてもアジャイルです。

「リーンコーヒー」は、レトロスペクティブ(振り返り)、いろいろな部門やチームが参加するミーティング、昼食時に行うインフォーマルな話し合い、問題対策や問題解決のミーティングなど、様々なところで実践できます。

 

*さらに今回のカンファレンスでは、カンファレンスで私たちが学んだことを話し合うセッションとして行うことができます。

 

**このセッションは、最後に行うことが望ましいです。

Submitted by (@stevemcgee)
Add your comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

1人につき4枚の付箋とペン1本(自分のペンでOK)

テーブルと椅子

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes

その他 Others

Get BDD with Cucumber

BDD is principally an idea about how software development should be managed by both business interests and technical insight, the practice of BDD does assume the use of specialized software tools to support the development process.[2] Although these tools are often developed specifically for use in BDD projects, • Speaking a common language • Making user stories power effective conversations • Why describing behaviours ...more »

Submitted by (@marisagility)
4 comments

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

金融系IT企業におけるスクラムへの挑戦

当社は生命保険分野を中心として、様々な生保、銀行様向けのシステムをウォーターフォールで開発してきました。 このような当社が、今回新規ソリューション開発において、初めてアジャイル開発にチャレンジしており、その中での具体的な取組み内容や、悩んだこと、工夫したことをご紹介いたします。 通常のウォーターフォールプロジェクトでは、EVMによる進捗報告、メトリクスによる定量的な品質評価が当たり前の世界の中で、アジャイル開発ではどのように進捗の定量報告、品質担保、品質評価していったかなど、試行錯誤しながら取組んだ施策をご説明いたします。 【想定アジェンダ】(変更の可能性あり)  ・導入/立上げプロセスとポイント    -WF前提の社内標準開発ルールからの逸脱の調整    -社内の管理部門との合意(リスク管理、品質生産管理部門)    -ファシリティ    -スクラムコーチの活用  ・KPTによるプロセス、運営改善の具体事例と効果    -デイリーミーティングでの工夫 ...more »

Submitted by (@yasuminakano)
9 comments

Voting

20 votes
20 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

TG(てーげー)でScrumをよりAgileに

沖縄人発案のアジャイル開発プロセスTG(てーげー)の紹介と、そこで推奨される「ScrumをよりAgileにする」プラクティスを紹介します。

 

ざっくり紹介すると、アジャイルマニフェストと守破離を大事にした、中身が無い(ので自分たちで作り上げていく)アジャイル開発プロセスです。

 

Scrumを実践しているからといってAgileであるとは限りません。

 

このセッションを通して、Scrumをより良く、楽しく実践できるヒントが得られます。

 

これまでに発表したものに加え新作も用意してますので、どなたでもお気軽にどうぞ。

 

参考までに、前回のスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/takaesu0/scrum-45654767

 

発表予定の内容は次のとおりです。

・TG(てーげー)って?

・ちゃんぷるーって?

・○○ぱなしって?

・あんべーって?

・でーじてーげーって?

Submitted by (@makototakaesu)
1 comment

追加の詳細情報 / Comments :

45分でも20分でもどちらでも可能です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

“作図ゲーム“で反復開発でのプロセス改善を体感しよう!

スクラムで反復開発を回していく上で、作業プロセスの改善は欠かせません。

本セッションでは、ゲームを通して

・「作業改善をするためにはどのような点に着目すればよいのか」

・「反復で作業を行った場合に効果がではじめるタイミング」

 などを体感することができます。

 

ゲームの内容は単純明快で、チームで協力して様々な図を書く“量”と“精度”を

競うものです。シンプルですが、メチャメチャ盛り上がります!

 

#このゲームは、自分が講師を担当しているスクラム講座で

#数十回にわたって実施しているものをベースに内容を拡張したものです。

Submitted by (@etsuoyamada)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

A4の紙を一束、赤のサインペン×10本、30センチ定規×6本、付箋、筆記用具

Voting

19 votes
19 up votes
0 down votes

プロダクトオーナーシップ Product Ownership

PO - the forgotten role: Define and Schedule Complex Work

In USA job website, 500,000 SM jobs, 3 PO jobs… Each team is supposed to have both!? Since 2007, every company I have visited has a problem. They can't bridge the gap between strategy and User Stories. In the session, we will survey several techniques and tools that PO use to clarify design, and then clarify requirements. Most importantly, we show the PO’s critical role in limiting WIP, and scheduling work. Target ...more »

Submitted by (@stevemcgee)
3 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector. White board if available.

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes

その他 Others

How to manage distributed teams successfully

In Hugo’s workshop, participants will create a best practice board in teams of 5-6 people. The teams go through each block of ‘The Bridge Canvas’. The goal is to share best practices, ideas and experiences. Per block, each team selects the ‘best best practice’. At the end of the workshop, each team will present the best best practices for each block. At the start of the workshop, Hugo shares a few best practices (personal ...more »

Submitted by (@h.messer)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

The ideal room layout is round tables which seat up to 6 people. Alternatively, a room where people can easily move chairs to sit in groups (or move to other rooms). Walls to stick large papers; post it notes, pens and pencils. A project screen for some slides and videos (without it, it’s also possible). There’s no preparation requirement’s for participants.

追加の詳細情報 / Comments :

Key learning points:

• Practical experiences from seasoned distributed team managers/coaches

• Learn how to communicate smoothly across culture, distance and time

• How to bridge cultural differences in distributed teams

• How to apply agile methods to a distributed setting

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

ざんねんスクラム放談会

これまで2回にわたって、スクラムに関する誤解/誤用/ScrumButを「ざんねん」とまとめて発表してきましたが、今回は失敗談/懺悔なども加え、参加者皆さんの経験談を中心に語り合いたいと思います。

 

どのように「ざんねん」なのかを通してスクラムの理解をより深めて、また他の実践者の方々が嵌ってしまった落とし穴なども共有できる場にしたいと思います。

 

想定している参加者としては、経験の有無は関係ありませんが、スクラムの用語は言葉だけでも知っている方となります。

 

雑談のように始まって雑談のように終わりますので、途中の入退出もお気軽にどうぞ。

 

参考までに、前回のスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/takaesu0/ss-45655213

Submitted by (@makototakaesu)
5 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

他の参加者の話を楽しく聴いて、時には話を被せにいって盛り上げて、話題をどんどん広げていく心構えでお願いします!

ネタの持ち込みも大歓迎です!!

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムとメトリクスとテストを活用するチームの事例

受託開発でスクラムを活用しているチームの事例を紹介します。

このセッションは「スクラムやっているけど、振り返りでなかなかアグレッシブに問題点や改善点がでてこなくて困っている」といった、お悩みスクラムチームにいくつかの大きな発見を提供します。

 

例えば、このチームではほぼ全ての開発活動を数十分単位で見える化したり、テスト設計の時間を80%削減したり、仮想通貨でコスト計算をしたり、スプリントにゲーミフィケーションを導入したり、レビューの質を定量化したり、などなど様々な取り組みをしてきました。

これらをどのようにチームでマネジメントしているのか、どうしてチームに根付いたのか、どうして活用できているのかといった視点で紹介します。

 

この発表自体は初めての内容ですが、一部関連するスライドは次があります。

 

http://www.slideshare.net/KyonMm/kaizen-process-with-test-hackt

Submitted by (@kyonmm)
3 comments

Voting

34 votes
34 up votes
0 down votes