Campaign: プロダクトオーナーシップ Product Ownership

DtoDに基づくユーザーストーリーの組み立て Eliciting user stories with DtoD

アジャイル開発の普及とともに、要求をユーザーストーリーの形式で記述し、優先順位の高い順に開発を進め、納品していくというプラクティスが多くの開発に適用されている。 ユーザーストーリーは、「<役割>として、<機能/性能>ができる。そして<価値>が得られる」という簡潔な形式で要求を表現できる。しかし、記述されたユーザーストーリーが顧客、業務及び技術などの複数の利害関係者の観点を反映しているかどうか、また「INVEST」[1]を満たしているかどうか、を判断するためには不十分である。 これらの課題の解決策として、要求/分析の分野で長年に渡り活躍してきた米国EBG Consulting社のEllen GottesdienerとMary Gormanが Discover To Deliver (DtoD)[2]というフレームワークを考案した。DtoDは複数のリリース、次のリリース、次の反復という3つの時間軸と以下に示すプロダクトの7側面の観点を用いて、ユーザーストーリーを組み立てて、その実現スケジュールを利害関係者で話し合い、合意し、「正しいプロダクト」を納品するためのフレームワークである。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

90分~105分のセッションを希望します。

追加の詳細情報 / Comments :

発表者:(株)オージス総研 アジャイル開発センター長 藤井 拓ワークショップのファシリテータ:(株)オージス総研 アジャイル開発センター 張 嵐

Voting

10 votes
10 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

組織変革における21世紀の新しいマネジャーの重要な役割

スクラムコーチとして私たちは影響を与えることができます。 Subject Matter Expert (SME) も同様な権限を持つように、マネジャーは変革を起こすパワーを持っています。 マネジャーは、自分の部下たちと直接的な関係を持っており、部下たちは自分たちのマネジャーに対し、どうしたら良いか明確な方向性を提供してくれることを期待しています。 組織を変革するためには、マネジャーのサポートが不可欠です。 どうすれば組織の目標や課題を達成するために協働できるか、マネジャーが他のマネジャーとミーティングを持ち、話し合うことがマネジャーの仕事です。 マネジャーたちは問題と機会について合意し一致する必要があります。 このセッションでは、マネジャーのこの新しい重要な役割について説明し、マネジャーが組織の透明度を高め、組織の目標を一致させ、方向性を揃え確実にアクションを実行するために用いる新しいツール(OKRやChange Canvasなど)も紹介します。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

プロジェクター

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

Campaign: その他 Others

本当に顧客の要望わかっていますか?顧客自身もわかっていないのに…~サービスデザイン思考とは?~

スクラムで開発するとき、プロダクトは顧客が本当に望んでいるものになっていますか? 例えば、iPhoneのようなイノベーティブな商品が登場するとき、顧客は事前に 「iPhoneのようなものが欲しい。」と要望していたでしょうか? また、iPhoneの発表があったときにすぐに欲しいと思った人はどれだけいたで しょうか? 大多数の人は、発売されて店頭で実際に見て、触ってみて、はじめて「ああ、これが私の望んでいたものだ」と思ったのではないでしょうか? そう、顧客の本当の要望は顧客自身もわかっていないのです。 わかっていない要望をどのように把握するのでしょうか?もちろん顧客に聞いてもだめです。 そして顧客は、実際に見たり、触ってみないと、自分が望んでいたものかどうかわかりません。 いきなりソースコードを書いてプロトタイプを作っていたら、時間もコストもかかってしまいます。 そこで「サービスデザイン思考」です。 スクラムで開発する前にサービスデザイン思考を用いて、顧客自身もわかっていない要望を見つけましょう。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

付箋紙 ・コピー紙(A4,A3) ・サインペン

追加の詳細情報 / Comments :

発表者:(株)オージス総研 竹政 昭利、赤坂 英彦

90分を希望します。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Evolutionary Change to Overcome Resistance

Don’t waste time trying convince managers to implement a radical system that doesn’t solve their (the Manager’s) problem. Starting with what you do now, it is possible to begin an evolutionary transformation. New approaches to organization change have emerged: Agile Change Management, Lean Change Method, the Kanban Method. These are ‘pull vs. push’ approaches. They have engagement built in - no gimmicks. Introduced ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

projector. White board.

追加の詳細情報 / Comments :

45 minutes for fast presentation.

90 minutes to include exercises.

Voting

5 votes
5 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

チョコレーゴ! 〜 スクラムゲームで学ぶDevOps

このワークショップでは「チョコレーゴスクラム (Chocolate, LEGO and Scrum)」というゲームを使ってDevOpsの文化を導入するシミュレーションを行います。 このセッションに参加すると、開発プロセスごとに分かれた組織全体をいかに最適化していくべきか、自分で試してみることができます。スプリント期間が長すぎたり、デプロイが延期された場合の悪影響を視覚化します。フィードバックループを増幅し、セキュリティ担当を巻き込み、継続的に価値を届けるために進化していきます。でも使うのは、レゴとチョコレートだけ (特定技術の経験は問いません)。 『The DevOps 逆転だ! 究極の継続的デリバリー (The Phoenix Project)』と『ザ・ゴール (The Goal)』にインスパイヤされて作られたこのワークショップで、DevOps文化をモノにする最初のステップを踏みましょう。その必要性がはっきりと理解できるにちがいありません。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

8人チーム(Dev,Ops) x 4、6人チーム(Biz) x 2 を基本構成とします。それぞれ長机2-3台を合わせたグループ机が必要です。

 

Bizチームに一台ずつのホワイトボード、全体用に一枚のホワイトボード

 

プロジェクタとスクリーン1セット

 

そのほかの備品は用意します。

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

進化を目指すアプローチと旧来の変革アプローチ

自分たちの問題が解決しないような急激な変革に賛同するようにマネジャーや人々を説得することは、全く時間の無駄です。 あなたが今行っていることから始めていき、その中から変化を起こしながら進化することは可能です。 Agile Change Management、Lean Change Method、Kanban Methodといった組織を変革するための新しいアプローチが生まれました。 これらは、「Push型のアプローチに対してPull型のアプローチ」であり、小手先のトリックではなく、最初からエンゲージメントすることが組み込まれています。 2014年に日本で「ユニークなアプローチ:マネジャー主導で、まず問題の合意にフォーカスし、問題解決のソリューションの仮説を作り、結果を測定する」をスクラムコーチに紹介しました。 このセッションでは、この新しいアプローチのさらなる全体像とその具体例、用いるツールなどを紹介します。 参加者は、進化を目指すアプローチとは何か、どのように始め、いかに継続していったらよいかを理解できます。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

VGAか HDMI コネクターでつながるプロジェクター

可能であれば、ホワイトボード

Voting

5 votes
5 up votes
0 down votes