Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

進化を目指すアプローチと旧来の変革アプローチ

自分たちの問題が解決しないような急激な変革に賛同するようにマネジャーや人々を説得することは、全く時間の無駄です。 あなたが今行っていることから始めていき、その中から変化を起こしながら進化することは可能です。 Agile Change Management、Lean Change Method、Kanban Methodといった組織を変革するための新しいアプローチが生まれました。 これらは、「Push型のアプローチに対してPull型のアプローチ」であり、小手先のトリックではなく、最初からエンゲージメントすることが組み込まれています。 2014年に日本で「ユニークなアプローチ:マネジャー主導で、まず問題の合意にフォーカスし、問題解決のソリューションの仮説を作り、結果を測定する」をスクラムコーチに紹介しました。 このセッションでは、この新しいアプローチのさらなる全体像とその具体例、用いるツールなどを紹介します。 参加者は、進化を目指すアプローチとは何か、どのように始め、いかに継続していったらよいかを理解できます。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

VGAか HDMI コネクターでつながるプロジェクター

可能であれば、ホワイトボード

Voting

5 votes
5 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

僕らのおれおれメトリクス / We metrics in our own way!

メトリクス、数値の取得や分析・評価というのは、開発の役に立たず時間を食われるばかりだと、開発チームから忌避されがちです。しかしスクラムチームがスクラムチーム自身のために取得するメトリクスは、チームの状況把握と問題発見に役立ちますし、チーム自身が見てセルフチェックできるものです。本セッションでは、とあるスクラムチームのメトリクスを紹介しつつ、なぜ測ることにしたか、測ってどうなったかお伝えします。 ハイライト: ・僕たち、見積もり下手だと思ってたけど、意外とそうでもなかったね ・Tシャツだと精度が低いからポイントにしよう! ・スプリントを見比べるとお化けが出る ・僕たちのヘルスチェック 対象: ・スクラムマスター ・スクラムを実践中のチームメンバー ラーニングターゲット: ・メトリクスのアイデアを知り、自分の現場で試してみたくなる ・自分たちの問題解決にメトリクスがどう利用できるか、ヒントを得る Metrics are sometimes ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

講演なので必要ありません。

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes

Campaign: 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

組織変革における21世紀の新しいマネジャーの重要な役割

スクラムコーチとして私たちは影響を与えることができます。 Subject Matter Expert (SME) も同様な権限を持つように、マネジャーは変革を起こすパワーを持っています。 マネジャーは、自分の部下たちと直接的な関係を持っており、部下たちは自分たちのマネジャーに対し、どうしたら良いか明確な方向性を提供してくれることを期待しています。 組織を変革するためには、マネジャーのサポートが不可欠です。 どうすれば組織の目標や課題を達成するために協働できるか、マネジャーが他のマネジャーとミーティングを持ち、話し合うことがマネジャーの仕事です。 マネジャーたちは問題と機会について合意し一致する必要があります。 このセッションでは、マネジャーのこの新しい重要な役割について説明し、マネジャーが組織の透明度を高め、組織の目標を一致させ、方向性を揃え確実にアクションを実行するために用いる新しいツール(OKRやChange Canvasなど)も紹介します。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

プロジェクター

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

Campaign: チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムとメトリクスとテストを活用するチームの事例

受託開発でスクラムを活用しているチームの事例を紹介します。

このセッションは「スクラムやっているけど、振り返りでなかなかアグレッシブに問題点や改善点がでてこなくて困っている」といった、お悩みスクラムチームにいくつかの大きな発見を提供します。

 

例えば、このチームではほぼ全ての開発活動を数十分単位で見える化したり、テスト設計の時間を80%削減したり、仮想通貨でコスト計算をしたり、スプリントにゲーミフィケーションを導入したり、レビューの質を定量化したり、などなど様々な取り組みをしてきました。

これらをどのようにチームでマネジメントしているのか、どうしてチームに根付いたのか、どうして活用できているのかといった視点で紹介します。

 

この発表自体は初めての内容ですが、一部関連するスライドは次があります。

 

http://www.slideshare.net/KyonMm/kaizen-process-with-test-hackt

Submitted by

Voting

34 votes
34 up votes
0 down votes