プロダクトオーナーシップ Product Ownership

DtoDに基づくユーザーストーリーの組み立て Eliciting user stories with DtoD

アジャイル開発の普及とともに、要求をユーザーストーリーの形式で記述し、優先順位の高い順に開発を進め、納品していくというプラクティスが多くの開発に適用されている。 ユーザーストーリーは、「<役割>として、<機能/性能>ができる。そして<価値>が得られる」という簡潔な形式で要求を表現できる。しかし、記述されたユーザーストーリーが顧客、業務及び技術などの複数の利害関係者の観点を反映しているかどうか、また「INVEST」[1]を満たしているかどうか、を判断するためには不十分である。 これらの課題の解決策として、要求/分析の分野で長年に渡り活躍してきた米国EBG Consulting社のEllen GottesdienerとMary Gormanが Discover To Deliver (DtoD)[2]というフレームワークを考案した。DtoDは複数のリリース、次のリリース、次の反復という3つの時間軸と以下に示すプロダクトの7側面の観点を用いて、ユーザーストーリーを組み立てて、その実現スケジュールを利害関係者で話し合い、合意し、「正しいプロダクト」を納品するためのフレームワークである。 ...more »

Submitted by
5 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

90分~105分のセッションを希望します。

追加の詳細情報 / Comments :

発表者:(株)オージス総研 アジャイル開発センター長 藤井 拓ワークショップのファシリテータ:(株)オージス総研 アジャイル開発センター 張 嵐

Voting

10 votes
10 up votes
0 down votes

その他 Others

本当に顧客の要望わかっていますか?顧客自身もわかっていないのに…~サービスデザイン思考とは?~

スクラムで開発するとき、プロダクトは顧客が本当に望んでいるものになっていますか? 例えば、iPhoneのようなイノベーティブな商品が登場するとき、顧客は事前に 「iPhoneのようなものが欲しい。」と要望していたでしょうか? また、iPhoneの発表があったときにすぐに欲しいと思った人はどれだけいたで しょうか? 大多数の人は、発売されて店頭で実際に見て、触ってみて、はじめて「ああ、これが私の望んでいたものだ」と思ったのではないでしょうか? そう、顧客の本当の要望は顧客自身もわかっていないのです。 わかっていない要望をどのように把握するのでしょうか?もちろん顧客に聞いてもだめです。 そして顧客は、実際に見たり、触ってみないと、自分が望んでいたものかどうかわかりません。 いきなりソースコードを書いてプロトタイプを作っていたら、時間もコストもかかってしまいます。 そこで「サービスデザイン思考」です。 スクラムで開発する前にサービスデザイン思考を用いて、顧客自身もわかっていない要望を見つけましょう。 ...more »

Submitted by (@hidehikoakasaka)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

付箋紙 ・コピー紙(A4,A3) ・サインペン

追加の詳細情報 / Comments :

発表者:(株)オージス総研 竹政 昭利、赤坂 英彦

90分を希望します。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

プロダクトオーナーシップ Product Ownership

PO - the forgotten role: Define and Schedule Complex Work

In USA job website, 500,000 SM jobs, 3 PO jobs… Each team is supposed to have both!? Since 2007, every company I have visited has a problem. They can't bridge the gap between strategy and User Stories. In the session, we will survey several techniques and tools that PO use to clarify design, and then clarify requirements. Most importantly, we show the PO’s critical role in limiting WIP, and scheduling work. Target ...more »

Submitted by (@stevemcgee)
3 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector. White board if available.

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes