チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Designing Your Retrospective by Pattern Language

スクラムではレトロスペクティブ(ふりかえり)がコアプラクティスとして定義されており、プロセスのカイゼンにとって重要な活動である。 国内ではKPTというふりかえりのフレームワークが2006年ごろより広く使われるようになってきており、はじめてアジャイル・スクラムを実施する際には、KPTを利用することも多い。最近では「YWT」(やったこと、わかったこと、試すこと)という新しいフレームワークも出てきている。 しかし、実際にレトロスペクティブを実行するチームの状況に合わせてふりかえり自身も最適化されていくことが望ましい。 例えば「アジャイルレトロスペクティブズ」のような書籍には、様々なレトロスペクティブで用いるツールが紹介されており、大抵のチームはこのような書籍で自分に合うツールを探す、あるいは独自に元のフレームワークをカイゼンしていくことが多い。 しかし実際には、ツールの選定は「慣れによるマンネリ打破」「目新しさ」が優先されてしまうことが多く、チームの状況に応じたふりかえりのカイゼンができないケースがある。本来フレームワークは目的達成のために状況に合わせて選択されるべきであるが、フレームワークを使っているとどうしてもフレームワークに囚われてしまう。 ...more »

Submitted by (@takeshikakeda)
6 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

* サインペン/1人

* 付箋(75mm x 75mm)/1人

* 模造紙 or ホワイトボード/グループ

* A3用紙/グループ

* マスキングテープ/グループ

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Simple tool for Retrospective to Impact Beyond Your Team

Retrospectives are great for healthy, productive teams. However we all know that there are causes outside the team that impacts performance. Managers don’t care too much about Velocity. But they do care about ROI. One simple metric can help your Scrum Master get manager support for improving organizational systems. We will teach how to calculate the metric and how to visualize ROI for your team. The Manager will ...more »

Submitted by (@stevemcgee)
Add your comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Projector

追加の詳細情報 / Comments :

Last fall we introduced this as a lightning talk to a Scrum group. It was well-received.

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes