スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Product Backlog Refinement Workshop in Large Scale Scrum

Product backlog refinement (or grooming) is one of the activities in Scrum. This session is about how to do it in different scales. In this session, we’ll explore the product backlog refinement practices from the situation of “a single person project”, to "a single scrum team", to "one PO with multiple teams", and to "8+ teams on one product." The examples in the session are from real life organization. There will also ...more »

Submitted by (@terryyin)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Two flip chart stands.

追加の詳細情報 / Comments :

The speaker is an agile coach from Odd-e Singapore team. He's more than 1 decade experience in Nokia gave him deep understanding in Large Scale Scrum. He is also a certified SAFe Program Consultant, with which he has a good understanding of how scaling frameworks differentiate from each other.

The speaker is also a developer in open source projects. And he is the developer of http://less.works web site.

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

「遅延のコスト」に基づく経済的優先順位づけ方法

Quantify the cost of delay, prioritize your backlog with an economic view アジャイル開発では、より高い経済的成果がより早く得られるよう、開発内容を管理するバックログの優先順位が常に適切に更新されなければならない。現在、プロダクトオーナーがバックログの個々の項目に対し、期待されるビジネス上の価値を予測し、その予測に基づいて開発順序を決めたり、MoSCoW体系や狩野の顧客満足度モデルなどの評価方法を用いて評価したりすることが一般的に行われている。しかし、多くのプロダクトオーナーは、優先順位付けが依然として難しい課題の1つと感じている。 Reinertsen[1]は「遅延のコスト」を定量化することによって、時間の流れに伴う価値の変化を理解し、経済的な視点で意思決定を行うという「遅延のコスト」の経済学に基づく優先順位付けの方法を示した。SAFe[2]では、それを具体化する形で、「遅延のコスト」に影響する主要な要因を定義することにより、個々のバックログ項目の「遅延のコスト」の見積もりを可能にした。また、バックログ項目の「遅延のコスト」と開発労力の見積もり値により算出される「重みづけされた最短作業から着手(WSJF)」[3]によって優先順位を決めていく方法を推奨する。 ...more »

Submitted by

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

ペン、附箋

追加の詳細情報 / Comments :

解説:15分、演習:30分

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes