スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Product Backlog Refinement Workshop in Large Scale Scrum

Product backlog refinement (or grooming) is one of the activities in Scrum. This session is about how to do it in different scales. In this session, we’ll explore the product backlog refinement practices from the situation of “a single person project”, to "a single scrum team", to "one PO with multiple teams", and to "8+ teams on one product." The examples in the session are from real life organization. There will also ...more »

Submitted by (@terryyin)
1 comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

Two flip chart stands.

追加の詳細情報 / Comments :

The speaker is an agile coach from Odd-e Singapore team. He's more than 1 decade experience in Nokia gave him deep understanding in Large Scale Scrum. He is also a certified SAFe Program Consultant, with which he has a good understanding of how scaling frameworks differentiate from each other.

The speaker is also a developer in open source projects. And he is the developer of http://less.works web site.

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

Scrum, The Planning and The Learning Loops

The topic shows a different angle of Scrum’s activities. This viewpoint can help the team much in Being Agile instead of Doing Agile. Additionally, it can help to answer a lot of questions and issues of growing Scrum teams.

Submitted by (@quangnguyen)
3 comments

Voting

10 votes
10 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

ベトナムで「ベトナムエンジニア+非IT系日本・韓国人」とScrumによる生産性の改善をした話。

--------------------------------------------------------- 日本語 --------------------------------------------------------- ●想定する受講者像 ・ベトナム・韓国・日本など、様々な国の方とチームとして働くことに課題・興味がある方 ・非IT系xIT系の方が一緒に1チームとして働く場合の課題をお持ちの方、そのようなチーム構成に興味がある方 ●どのようなものを得られるか ・様々なバックグラウンドや役割を持ったチームメンバーのモチベーションに対する「源泉」や「考え方」の違いを知ることができます。 ・この差異を知ることで、異なるバックグラウンドを持ったチームメンバーと一緒に仕事をしていくためのTipsやヒントを得ることができます。 (チーム間の協力方法、バイアスやギャップの縮め方) ・役員や事業長など決済権や最終判断の権限を持つ方に、Scrumの効果を理解してもらった上で組織構造を変える方法(会社規模〜30人くらい) ...more »

Submitted by (@misakonagano)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

無し

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

People As the Conveyer of Knowledge (知識は人が運ぶ)

In 1986, Prof. Ikujiro Nonaka co-wrote with Prof.Takeuchi a well-known paper "The New New Product Development Game", and coined the word "Scrum" which is later referred to by Jeff Sutherland in his modern Scrum in Agile development context. Here I’ll present some important ideas about “how knowledge is created” and “who is the center of the knowledge creation”, discussed in the Nonaka's Scrum concept but not yet discussed ...more »

Submitted by (@khiranabe)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

none

追加の詳細情報 / Comments :

A keynote from Agileroots 2014, revised.

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Microsoftが実践したScrum導入7年間の旅、そしてDevOpsへの進化

巨大企業Microsoftがなぜ、そしてどのようにScrumを導入していったのか?サービスリリース日に直面した失敗と学び、そしてその後のチーム学びと進化を、人・プロセス・技術の面から生々しくレポートしたいと思います。全世界にまたがったグローバルチーム開発、グローバル分散環境のデプロイメント戦略、プロダクションからの学び、テレメトリ戦略、DevOpsへの旅まで具体的にお話しいたします。

 

 近年突然インパクトある製品やサービスを生み出すことができるようになったMicrosoftは何故変わることが出来たのでしょうか?その秘密を公開いたします。

Submitted by (@tsuyoshiushio)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

プレゼンテーション形式なので、プロジェクターがあれば結構です。アイデアや感じたことをシェアできる壁と、付箋とマジックがあればより嬉しいです。

追加の詳細情報 / Comments :

本公演はAgile conference 2014でキーノートを務めたSam Guckenheimer氏が講演したプロジェクトの内容から更に進化した現在の姿を日本語で聞ける貴重な機会になっています。ぜひお楽しみください!

 

参考情報です。本公演は、Samが2014年に発表した内容を基にさらに2015年版にアップデートして日本語にしてわかりやすくしています。楽天テクノロジーカンファレンスでその一部をお話ししたのですが、満席をいただき、参加者の方からもっとマイクロソフトの事例の詳細を聞きたいというお話をいただいたので、この講演を企画しました。

 

Agile 2014のキーノート

Journey to Cloud Cadence - Sam Gukenheimer

http://agile2014.agilealliance.org/program/

 

Rakuten and Microsoft talk DevOps in Real world.

http://www.slideshare.net/TsuyoshiUshio/rakuten-and-microsoft-talk-devops-in-real-world

 

DevOps Enterprise 2015 Sam Guckenheimer - Visual Studio Online: The Inside Story from COTS to Cloud

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes

その他 Others

Teach in the University Programme : Agile and Scrum

This will be a session discussing about how the previous company that I worked for partnered with one of the biggest state universities in the Philippines in teaching Agile Methodologies and Practices by creating an elective course where actual Scrum Masters and Engineers from the company talk about how these concepts are being practiced in real working environments. Additional Information : Targeted Audience : Companies/any ...more »

Submitted by (@lee8donna)
2 comments

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

How to lift off Agile in a team

First I will introduce 2 cases, which has following results: 10 times increase for Gross Merchandise Volume 3 times shorten for cycle time 3 times increase for the active users 2 times increase for delivering velocity of R&D Second, I will introduce a pattern to help team lift off Agile concluded from above 2 cases. It is 1 core and 4 basics. In the meanwhile, besides introducing pattern, I will explain a tool or method ...more »

Submitted by (@jiangxb)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

no

追加の詳細情報 / Comments :

Here are some Learning Objectives from this presentation:

 

Case studies from the biggest B2C e-commercial company in China (JD.com)

Pattern for lifting off Agile in a team

Practical tool/method for starting Agile

Emphasis Value is core in Agile

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum

Ciscoは、アジャイル開発の手法の1つである、スクラムという方法を使いビジネスのやり方を変えようとしています。100%ウォーターフォールモデルを使っていた25,000人のCiscoのエンジニアをどのようにスクラムに移行していったのかをご紹介します。 現在、ビジネス側との強いパートナーシップと連携がビジネスの結果をより迅速に提供する原動力となっています。 しかしながら、私達のアジャイルへの進化のジャーニーは3年前に始まり、戦略的に、戦術的に、そして段階的に進められておりいまだ進行中です。 このジャーニーは、1つのサイクルが6か月から9か月を要するウォーターフォールモデルから、毎週、毎月と短期間で新しい機能をリリースできるアジャイル手法へビジネスの遂行力を変えていかなければならないという 必要性をエグゼクティブリーダーシップが認識し、強く希望したことから始まりました。 そして、全社的にこの進化の要となるアジャイル・リーダーを育成するという難しさを経験しました。 ...more »

Submitted by (@peterim)
9 comments

Voting

37 votes
37 up votes
0 down votes

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

Kanban in Action with a Game

The getKanban Board Game is a physical board game designed to teach the concepts and mechanics of Kanban for software development in a workshop setting. It has been described as the most effective way to teach Kanban. It’s hands-on, engaging, and fun.

 

During the workshop the teams construct charts based on data from the game including a Cumulative Flow Diagram, and a Statistical Process Control Chart.

Submitted by (@marisagility)
4 comments

Voting

20 votes
21 up votes
1 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみた事例を紹介します。

「スクラムの導入をサポートして欲しい」という依頼をうけて、2015年10月中旬から4週間フィリピンに行ってスクラムの導入にチャレンジしてきました。

英語をほとんど話せない私がフィリピン、インドネシア、日本の多国籍チームに対してどのようにアプローチし、何を行ない、その結果どうなったかについてお話したいと思います。

 

■アジェンダ(仮)

- 経緯

- 当初の状況

- 各週(1〜4週)で実施したこととそのフィードバック

- やり残したこと、言い残してきたこと

- まとめ

 

参考までに、現地のリクルーティングイベントで発表したスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/aratafuji/is-scrum-the-best-choice-for-you

Submitted by (@aratafuji)
5 comments

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes

その他 Others

リーンコーヒー:学習をシェアするための素晴らしい方法

「リーンコーヒー」のファシリテーションの仕方を学ぶ。

「リーンコーヒー」は、トピックを議論すると同時に知識をシェアできる人気のある手法です。

 

非常に簡単で早く、とてもアジャイルです。

「リーンコーヒー」は、レトロスペクティブ(振り返り)、いろいろな部門やチームが参加するミーティング、昼食時に行うインフォーマルな話し合い、問題対策や問題解決のミーティングなど、様々なところで実践できます。

 

*さらに今回のカンファレンスでは、カンファレンスで私たちが学んだことを話し合うセッションとして行うことができます。

 

**このセッションは、最後に行うことが望ましいです。

Submitted by (@stevemcgee)
Add your comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

1人につき4枚の付箋とペン1本(自分のペンでOK)

テーブルと椅子

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

自分たちのAチームを作ろう!

スクラムをベースしたアジャイル開発のイントロダクションを話します。AはアジリティのA、かつ優等のAです。最近、アジャイル開発が単なる反復型のソフトウェア開発プロセスだと誤解されているのを耳にすることが多くなってきました。チームが協働するための仕組みという観点から、あらためてスクラムのフレームワークを紹介します。

プレゼンテーション実績:

2015.6.27 ハッカーズチャンプルー2015

http://www.slideshare.net/MihoNagase/build-yourateamwithscrum

 

参加対象者:

チーム開発をしている開発担当者、開発部門のリーダー・マネージャー

 

Scrumそのものに対する説明は詳細に行いません。

Scrum Guideに記載されている用語および基本概念については理解している方、もしくは詳細説明は不要でチーム開発や協調作業に興味のある方が対象です。

Submitted by (@mihonagase)
2 comments

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes