組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

5 Target Conditions towards Agile Adoption

In the book "Toyota Kata" by Mike Rother, highlighted the importance of a "target condition" towards Kaizen. Inspired by this, we had been working with multiple organizations of various sizes and plethora of domains in adopting Scrum and Agile Software Development guided by 5 Target Conditions. This talk will be about what these target conditions are, how we help organizations with these, and what results we had experienced. ...more »

Submitted by (@mrmallete)
2 comments

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

開発以外でスクラム実践してみた

営業チーム、社内プロジェクトそれぞれでスクラムを実践した中ででてきた、良かったことと難しかったこと、開発以外に適用させるための工夫を報告します。

 

【想定アジェンダ】

* 導入したプロジェクトの背景

* 導入ステップ

* 実践したプラクティス

* 効果/メンバーからの反応

* 課題と改善案

 

(変更の可能性あります。営業チームでの実践と社内プロセス改善プロジェクトでの事例があり、どちらを報告するかは思案中です)

 

【想定する受講者像】

* スクラム実践に興味がある非開発者

* 営業や企画等のチームにスクラムを導入してみたい方

 

【どのようなものを得られるか】

* 通常の開発おけるスクラム実践と異なるポイント

* 営業チームでのスクラムの型としての実践例

* 非開発者(営業担当、マーケター等)のスクラムへの反応

Submitted by (@tomoyasu0620)
7 comments

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

初めての『アジャイル×ニアショア』のチーム成長記録【現在進行形で育成中!】

とある有料会員向け情報発信サイトの開発を請け負うこととなったインフォコム様がそれまでのお客様とのやり取りの中で、なかなか要件が固まらないことから、自らがいまだ経験したことのないアジャイルでの開発を提案したことからこの物語は始まります。   時を同じくして、インフォコム社の機能子会社(四国・松山)を活用する方針もありました。 そこで、アジャイル開発実績の豊富な弊社(株式会社アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング)にお声掛けがあり、一緒にチームを組んで取り組むことになりました。 ところが、初めてのアジャイルだけでも沢山の乗り越えない壁があるのに、リモート(ニアショア)要素も考慮しなければなりません。私たちもリモートの開発は初めてでした。 本PJは2015年6月~要件定義が始まり、8月中旬からSprint0を開始、2016年4月末をリリース日としています。   今回の発表では、今正に現在進行形で実施しているPJを題材に、赤裸々なチームの成長実録を依頼主のスクラムマスターであるインフォコムの嶋田様を共同発表者に迎え、生の声とともに皆様にお届けできればと思っています。 ...more »

Submitted by (@twatarai)
2 comments

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

その他 Others

リーンコーヒー:学習をシェアするための素晴らしい方法

「リーンコーヒー」のファシリテーションの仕方を学ぶ。

「リーンコーヒー」は、トピックを議論すると同時に知識をシェアできる人気のある手法です。

 

非常に簡単で早く、とてもアジャイルです。

「リーンコーヒー」は、レトロスペクティブ(振り返り)、いろいろな部門やチームが参加するミーティング、昼食時に行うインフォーマルな話し合い、問題対策や問題解決のミーティングなど、様々なところで実践できます。

 

*さらに今回のカンファレンスでは、カンファレンスで私たちが学んだことを話し合うセッションとして行うことができます。

 

**このセッションは、最後に行うことが望ましいです。

Submitted by (@stevemcgee)
Add your comment

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

1人につき4枚の付箋とペン1本(自分のペンでOK)

テーブルと椅子

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

People As the Conveyer of Knowledge (知識は人が運ぶ)

In 1986, Prof. Ikujiro Nonaka co-wrote with Prof.Takeuchi a well-known paper "The New New Product Development Game", and coined the word "Scrum" which is later referred to by Jeff Sutherland in his modern Scrum in Agile development context. Here I’ll present some important ideas about “how knowledge is created” and “who is the center of the knowledge creation”, discussed in the Nonaka's Scrum concept but not yet discussed ...more »

Submitted by (@khiranabe)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

none

追加の詳細情報 / Comments :

A keynote from Agileroots 2014, revised.

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Microsoftが実践したScrum導入7年間の旅、そしてDevOpsへの進化

巨大企業Microsoftがなぜ、そしてどのようにScrumを導入していったのか?サービスリリース日に直面した失敗と学び、そしてその後のチーム学びと進化を、人・プロセス・技術の面から生々しくレポートしたいと思います。全世界にまたがったグローバルチーム開発、グローバル分散環境のデプロイメント戦略、プロダクションからの学び、テレメトリ戦略、DevOpsへの旅まで具体的にお話しいたします。

 

 近年突然インパクトある製品やサービスを生み出すことができるようになったMicrosoftは何故変わることが出来たのでしょうか?その秘密を公開いたします。

Submitted by (@tsuyoshiushio)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

プレゼンテーション形式なので、プロジェクターがあれば結構です。アイデアや感じたことをシェアできる壁と、付箋とマジックがあればより嬉しいです。

追加の詳細情報 / Comments :

本公演はAgile conference 2014でキーノートを務めたSam Guckenheimer氏が講演したプロジェクトの内容から更に進化した現在の姿を日本語で聞ける貴重な機会になっています。ぜひお楽しみください!

 

参考情報です。本公演は、Samが2014年に発表した内容を基にさらに2015年版にアップデートして日本語にしてわかりやすくしています。楽天テクノロジーカンファレンスでその一部をお話ししたのですが、満席をいただき、参加者の方からもっとマイクロソフトの事例の詳細を聞きたいというお話をいただいたので、この講演を企画しました。

 

Agile 2014のキーノート

Journey to Cloud Cadence - Sam Gukenheimer

http://agile2014.agilealliance.org/program/

 

Rakuten and Microsoft talk DevOps in Real world.

http://www.slideshare.net/TsuyoshiUshio/rakuten-and-microsoft-talk-devops-in-real-world

 

DevOps Enterprise 2015 Sam Guckenheimer - Visual Studio Online: The Inside Story from COTS to Cloud

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

The natural of software development: stop do things in fashion

I am the person in charge of a start-up inside a corporate of Vietnam. I have my own team and our own products. We gather from 7 people, who want to “change the air” after stressing out with strict-and-tight management way from the corporate. We don’t follow Scrum and Lean startup fully. We gather together and start with asking “why” every week and trying to find what is actually needed for our team. Fortunately, now ...more »

Submitted by (@nhungnguyen)
2 comments

Voting

9 votes
9 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

The Agile Leader’s toolkit : shifting from manager to leader

I used to work as a Program Manager on a large waterfall project. I spent my day assigning tasks to people, tracking progress and trying to prevent the next crisis. I thought that was the normal life of a Program Manager. I was wrong. Agile proved me it can be different. In this short talk I will share the tools, books and trainings that helped me change my perspective and become a better person in the process: • Which ...more »

Submitted by (@sylvainmahe)
1 comment

追加の詳細情報 / Comments :

20 min talk

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes

その他 Others

本当に顧客の要望わかっていますか?顧客自身もわかっていないのに…~サービスデザイン思考とは?~

スクラムで開発するとき、プロダクトは顧客が本当に望んでいるものになっていますか? 例えば、iPhoneのようなイノベーティブな商品が登場するとき、顧客は事前に 「iPhoneのようなものが欲しい。」と要望していたでしょうか? また、iPhoneの発表があったときにすぐに欲しいと思った人はどれだけいたで しょうか? 大多数の人は、発売されて店頭で実際に見て、触ってみて、はじめて「ああ、これが私の望んでいたものだ」と思ったのではないでしょうか? そう、顧客の本当の要望は顧客自身もわかっていないのです。 わかっていない要望をどのように把握するのでしょうか?もちろん顧客に聞いてもだめです。 そして顧客は、実際に見たり、触ってみないと、自分が望んでいたものかどうかわかりません。 いきなりソースコードを書いてプロトタイプを作っていたら、時間もコストもかかってしまいます。 そこで「サービスデザイン思考」です。 スクラムで開発する前にサービスデザイン思考を用いて、顧客自身もわかっていない要望を見つけましょう。 ...more »

Submitted by (@hidehikoakasaka)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

付箋紙 ・コピー紙(A4,A3) ・サインペン

追加の詳細情報 / Comments :

発表者:(株)オージス総研 竹政 昭利、赤坂 英彦

90分を希望します。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

ペア・ドローイングやってみよう! / Let's try pair drawing

ペアプログラミングは実際にやってみないと効果が理解できず、実際に職場でやるのは意外とハードルが高いことが多いです。ペアプログラミングの効果を手軽に体感できる、ペア・ドローイングというエクササイズがあります。Joshua Kerievskyが考案したもので、このエクササイズを参加者どうしでペアを組み、実際にやってみましょう。 https://www.industriallogic.com/blog/pairdraw-2/ It can be difficult to understand the value of pair programming without actually doing it. And doing pair programming in your working environment can also be hard. There is an excersice named Pair Drawing ...more »

Submitted by (@tsutomu.yasui)
2 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

ペン(多色、1人1本)と紙を使います。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Agile人材の評価とキャリアプラン

■前提 ・キャリアとは不確実性に富み、不確実性を受け入れる間口を持つことが『機会』である ・キャリアは、ライフプランやステージの変化によりその形を変え、プランには多様性がある ・Agile/Scrum人材の姿勢は銃士の姿勢であり、壁を作らず状況に応じて適宜適切に対応すべき ■課題認識 ・多くの会社では未だに、期首に目標を立て期末に評価するような、不確実性や流動性を前提としない評価をしていないでしょうか? ・多くの会社では未だに、「プログラマ⇒設計者⇒コンサル⇒管理者」と、キャリアパスが1本になってはいないでしょうか? ・メンバの評価がプロジェクトの売り上げベースで左右され、能力と実績が混同されていないでしょうか? ■語りたいこと ・人事制度の多くは「うちは特別だから」「うちはこのやり方が適してるから」「今までこうだからこう決まっている」と言う論理的ではない考え方で硬直することが多いと思います。 ・しかし、不適切・不整合・不当な、評価や処遇やキャリアパスは人材を殺し離れさせます。 ...more »

Submitted by (@ryo.inaba)
2 comments

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

その他 Others

Re: AgileガチンコFight

「○○のはじめかた」「○○をやってみた」というセッションがあってもいい。だけど俺たちがホントに見たいのは、アジャイルやスクラムの先にある世界だ。 教科書通りにやるのも大事だ。だけどその教科書を疑う姿勢を失ったら思考停止じゃないか!本当に自分たちにとってベストなのか、もっとベターな道がないのか常に探し、常に挑戦し続ける。 よし、ならば戦おうじゃないか。誰が一番アジャイルなのか決める戦いが、いま始まる。 ==== ■AgileガチンコFightとは Regional SCRUM GATHERING Tokyo 2015で大好評をいただいたセッションです(http://goo.gl/yAISvr)。 アジャイル開発、スクラムなどを現場で実践しているとぶちあたる壁・悩ましい問題が出てきます。AgileガチンコFightでは、そういったトピックをテーマにあげてディベート形式で深掘りをします。そういった問題には一つの答えが存在するものなどほとんどありませんが、討論形式で深掘りすることで新たな視点を手に入れて次のステップに進むことができるかもしれません。 ...more »

Submitted by (@takaooyobe)
4 comments

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session. :

楽しむ心、学ぶ気持ち

追加の詳細情報 / Comments :

エンタテイメント性を出すためにプロレスのメタファを取り入れていますが、内容や議論はいたって真剣です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes