Regional SCRUM GATHERING® Tokyoセッション公募ページへようこそ

Welcome to Regional SCRUM GATHERING® 2016 Call For Sessions

→ See description in English.


このページは、Regional SCRUM GATHERING® Tokyoのセッション公募サイトです。
イベントについてはRegional SCRUM GATHERING® Tokyo公式サイトをごらんください 。

まずここではセッションを投稿することができます。さらに、興味のある他人のセッションに投票したりコメントすることでコンテンツ作りに参加することができます。投稿者はコメントを受けてセッション内容をより良いものにすることができます。
みなさまの積極的な参加をお待ちしております!

■セッション公募の流れ
下記のスケジュールに沿って、セッションを公募します。

  1. セッション公募とレビュー     2015/10/24~2015/11/28
  2. セッション決定と登壇者へのご連絡 2015/11/28〜2015/12/12

■セッションSpeakerになりたい方へ
下記の要領に従って、セッションの内容を登録してください。

  1. まずは、ideaScaleユーザーの登録
  2. 左上の“新しいアイディアを投稿”をクリック
  3. 画面に従い、セッションの題名、内容を入力
  4. 適当なタグの他に、セッション枠(20分または45分)をタグ付けして下さい
  5. セッション内容に合ったキャンペーンを選択し、投稿!
キャンペーンについて
キャンペーンとは、セッションの内容をカテゴライズしたものです。
セッションの決定にあたっては、キャンペーンの種類ごとにバランスを調整する場合がありますので宜しくお願い致します。
キャンペーンの種類は以下のとおりです。
  • スクラム全般のテーマ
    • スクラムってなに? What is Scrum?
    • スクラムのはじめかた How to begin Scrum
  • チームや組織のテーマ
    • チームの学びと成長 Learn and Grow by Team
    • 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process Improvement
  • 各ロールにフォーカスしたテーマ
    • ソフトウェア開発の熟達 Software Craftsmanship
    • 達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster
    • プロダクトオーナーシップ Product Ownership
  • ワークショップ、その他
    • ゲームで学ぶ Learn by playing Game
    • その他 Others
投稿が終わった時点から投票の対象となります。

■セッションの投票をしたい方
ideaScaleユーザーの登録を行うと、どなたでも投票することができます。自分の見たいセッションに投票しましょう!あなたの一票がプログラム構成に反映されます。
また、投稿されているセッションにコメントしてあげてください。あなたの「ここを一番聞きたい!」「こんなことも話してほしい!」と言った要望が反映されたセッションになるかもしれませんよ。どんどんコメントして、あなたの意見をセッションに反映してもらいましょう!


This is a session proposal submission form for Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016.
To learn event details, go to Regional SCRUM GATHERING® Tokyo website.

The Regional SCRUM GATHERING® Tokyo is one of the biggest conferences focusing on Scrum and Agile in Japan. It will run for two days from January 18th to 19th.

Please share your experience at your workplaces or any ideas related to Scrum. We accept talks, workshops, discussion panel ideas, but we also welcome your ideas. All submissions will be posted here, reviewed and discussed by community. Though Japanese is the official language of the conference, we welcome submissions in English.

Here you can submit ideas, vote on existing ideas, or add comments.

To submit your session, please click the Submit New Idea button at the top of the navigation sidebar. You will then be asked to add a title and choose a campaign for the new idea. Campaigns are like these :

  • Basics
    • What is Scrum?
    • How to begin Scrum
  • Team and organization
    • Learn and Grow by Team
    • Organizational Change and Process Improvement
  • Scrum Roles
    • Software Craftsmanship
    • A way to be a master of ScrumMaster
    • Product Ownership
  • Workshops, etc.
    • Learn by playing Game
    • Others
PLEASE NOTE: Each duration of a session should be a 20 or 45-minute time slot including time for questions. Please provide duration (20mins or 45mins) of your session by adding either tag.

You will also have the option to add tags to the idea. To vote on an idea, simply click the up or down arrows to the right of the idea title/description. And to add a comment, click in the box below the idea.

If you would like to see all ideas created with a specific tag, you can click on the word or phrase via the tagcloud in the navigation sidebar area under "What we're discussing". You can also view ideas sorted by Campaigns from the right navigation area. To return to this page, click the All Ideas link.

Submission and discussion deadline is November 28th. Each person can submit multiple proposals. Organizing committee will send you an acceptance or a reject notice by December 12th. Accepted speaker will receive a free admission ticket.

(@kdmsnr) kudos icon +

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

レゴスクラムの覚醒 / The Lego Scrum Awakens

「あまり時間をかけずにスクラムを導入したい」「開発者以外にもスクラムを広めたい」。そのような声をいただいて、ワイクル株式会社では2012年から「レゴスクラム」と呼ばれるシミュレーションゲームを実施してきました。これまでに500人以上の方々に受講いただいております。ですが、年に数回程度しか一般公開しておらず、法人研修でのみ実施しているため、あまり目に触れる機会がないと思います。本セッションでは、そのような方々のために、「レゴスクラムとは何か」「どのような特徴があるのか」「組織にどのような効果をもたらすのか」などといった気になる点を簡単にご紹介いたします。

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes
(@stevemcgee) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Critical Role of 21st Century Manager in organization change

As a Scrum Coach we can influence. Managers have the power to make changes.

Manager has a direct relationship with his people. They look to their manager for direction.
Sometimes the SME has similar authority.

Organization change is not possible without Manager support.
It is their job to meet with and discuss with other managers.
They must reach Agreement about the problem and opportunities.

We will explain this... more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes
(@sylvainmahe) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

The day I discovered I was not an Agile coach.

I remember that morning, 6 or 7 years ago. I had been practicing Agile for a few years and I had decided to update my LinkedIn profile. I edited my job title and replaced “Scrum Master” with “Agile Coach”.
That was a lie. But I didn’t know it at that time. I really believed I had become a coach. But in reality I was a consultant, a trainer, sometimes a mentor.
In this short talk, I will share my personal journey to become... more »

Voting

24 votes
24 up votes
0 down votes
(@miuranobuak) kudos icon +

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

「ただのチームメンバー」がフォロワーにジョブチェンジするための9つの心得

ひとりのチームメンバーとして、自分のチームをより良くしたいと日々考えている人は多くいると思います。

何をするべきか、何ができるかを考えた時に私がとったフォロワーというあり方とフォロワーとして、ひとりのチームメンバーとして大切だと感じた9つの心得をお話できればと思います。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@ryo.inaba) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Agile人材の評価とキャリアプラン

■前提
・キャリアとは不確実性に富み、不確実性を受け入れる間口を持つことが『機会』である
・キャリアは、ライフプランやステージの変化によりその形を変え、プランには多様性がある
・Agile/Scrum人材の姿勢は銃士の姿勢であり、壁を作らず状況に応じて適宜適切に対応すべき

■課題認識
・多くの会社では未だに、期首に目標を立て期末に評価するような、不確実性や流動性を前提としない評価をしていないでしょうか?
・多くの会社では未だに、「プログラマ⇒設計者⇒コンサル⇒管理者」と、キャリアパスが1本になってはいないでしょうか?
・メンバの評価がプロジェクトの売り上げベースで左右され、能力と実績が混同されていないでしょうか?

■語りたいこと
・人事制度の多くは「うちは特別だから」「うちはこのやり方が適してるから」「今までこうだからこう決まっている」と言う論理的ではない考え方で硬直することが多いと思います。
・しかし、不適切・不整合・不当な、評価や処遇やキャリアパスは人材を殺し離れさせます。... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@hidehikoakasaka) kudos icon +

その他 Others

本当に顧客の要望わかっていますか?顧客自身もわかっていないのに…~サービスデザイン思考とは?~

スクラムで開発するとき、プロダクトは顧客が本当に望んでいるものになっていますか?
例えば、iPhoneのようなイノベーティブな商品が登場するとき、顧客は事前に
「iPhoneのようなものが欲しい。」と要望していたでしょうか?
また、iPhoneの発表があったときにすぐに欲しいと思った人はどれだけいたで
しょうか?
大多数の人は、発売されて店頭で実際に見て、触ってみて、はじめて「ああ、これが私の望んでいたものだ」と思ったのではないでしょうか?
そう、顧客の本当の要望は顧客自身もわかっていないのです。
わかっていない要望をどのように把握するのでしょうか?もちろん顧客に聞いてもだめです。
そして顧客は、実際に見たり、触ってみないと、自分が望んでいたものかどうかわかりません。
いきなりソースコードを書いてプロトタイプを作っていたら、時間もコストもかかってしまいます。
そこで「サービスデザイン思考」です。
スクラムで開発する前にサービスデザイン思考を用いて、顧客自身もわかっていない要望を見つけましょう。... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@shinpeiyamada) kudos icon +

その他 Others

Global Scrum Gathering Prague 2015報告会

2015/11/16-18にチェコ・プラハで行われた「Global Scrum Gathering Prague 2015」に参加した4人が、カンファレンスの内容について「ぺちゃくちゃ(Pecha Kucha)」形式で報告します。

<発表者>
貝瀬 岳志(株式会社ディー・エヌ・エー)
藤井 良平(株式会社リクルートジョブズ)
西村 直人(株式会社リクルートジョブズ)
山田 晋平(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)

Global Scrum Gathering Prague 2015
https://www.scrumalliance.org/courses-events/events/global-gatherings/2015/prague-2015
PechaKucha
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%82%83... more »

Voting

17 votes
17 up votes
0 down votes
(@ykmc09) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

あなたのチームの「いい人」は機能していますか?

【概要】
あなたの開発チームには、だれもやりたがらない仕事を率先して引き受けてくれたり、落ちているボールを積極的に拾ってくれるような、「いい人」はいますか?
言われなければ気が付かないけど、誰かがやってくれているからチームがうまくいっている「文化的雪かき」のような仕事が存在します。
そして、そういった仕事をやっている「いい人」が知らぬうちにすり減ってしまうケースが意外に多く存在するのかもしれません。
 
とある開発チームの1年の変革をベースに、以下をお話します
 
- 開発チームにおける「いい人」の定義
- 「いい人」が陥りがちで見逃しがちな罠
- 「いい人」がチームに与える悪影響
- 「文化的雪かき」を分類する
- 「いい人」のかけがえない価値について
- 多様なマインドセットを持ったチームにおける「文化的雪かき」の平準化方法
- OKR を用いたチームマネジメント
- 「いい人」のキャリアマネジメント
 
【想定する受講者層】... more »

Voting

20 votes
20 up votes
0 down votes
(@hiroyukiito) kudos icon +

その他 Others

Road to CSP:「認定スクラムプロフェッショナル」申請ワークショップ

2015年になって、にわかに取得者が増え始めてきた「認定スクラムプロフェッショナル」(CSP)。同資格は、CSM/CSPO/CSDの上位資格であり、かつスクラムのプロであることをScrum Allianceから認定してもらえるものです。一方で同資格は、全手順が英語であることや入力内容の複雑さから、日本国内のスクラム実践者たちから敬遠されがちであることも事実です。これは、国際的観点から考えて非常にもったいない!

そこで本セッションでは、ライブコーディングよろしく、実際の申請手順をデモします。また、申請の際にハマるポイントも紹介させていただきます。

同資格の申請をためらわれている方は、是非ご参加下さい。
また既に取得済の方は、デモに愛のあるツッコミを入れていただければ幸いです。

[参考] How to acquire CSP/「認定スクラムプロフェッショナル」の資格を取得する方法
http://d.hatena.ne.jp/hageyahhoo/20150405/1428220411... more »

Voting

17 votes
19 up votes
2 down votes
(@nguyenhien) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Being Agile: How we operate an office with flat management

I'm an engineer in 20-engineers-office where we are doing some parallel projects of an awesome product.

It's my story about how to operate our office with only engineers (more than 20) who can do everything to make the projects run, the office works in our happiness. It's not only by applying Agile in our projects but also by being Agile in our organization where everybody has a family spirit to be responsibility of... more »

Voting

17 votes
17 up votes
0 down votes
(@nguyenhien) kudos icon +

その他 Others

Automation testing in Agile project

Following the Agile method, the quality needs to be built-in, so normally testing area isn't covered. But it's much difficult to have built-in quality in a product unless we have the different approach in the testing work, in both mindset and practice.

Continuous testing throughout is a key success factor but only automation can support this approach.

http://www.slideshare.net/hiennvn/automation-testing-in-agile-project... more »

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes
(@stevemcgee) kudos icon +

その他 Others

リーンコーヒー:学習をシェアするための素晴らしい方法

「リーンコーヒー」のファシリテーションの仕方を学ぶ。

「リーンコーヒー」は、トピックを議論すると同時に知識をシェアできる人気のある手法です。

 

非常に簡単で早く、とてもアジャイルです。

「リーンコーヒー」は、レトロスペクティブ(振り返り)、いろいろな部門やチームが参加するミーティング、昼食時に行うインフォーマルな話し合い、問題対策や問題解決のミーティングなど、様々なところで実践できます。

 

*さらに今回のカンファレンスでは、カンファレンスで私たちが学んだことを話し合うセッションとして行うことができます。

 

**このセッションは、最後に行うことが望ましいです。

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes
(@stevemcgee) kudos icon +

プロダクトオーナーシップ Product Ownership

PO - the forgotten role: Define and Schedule Complex Work

In USA job website, 500,000 SM jobs, 3 PO jobs… Each team is supposed to have both!?

Since 2007, every company I have visited has a problem. They can't bridge the gap between strategy and User Stories.

In the session, we will survey several techniques and tools that PO use to clarify design, and then clarify requirements.
Most importantly, we show the PO’s critical role in limiting WIP, and scheduling work.

Target... more »

Voting

8 votes
8 up votes
0 down votes
(@haradakiro) kudos icon +

スクラムってなに? What is Scrum?

スクラムパタン入門 / Intro to Scrum Patterns

ScrumPLoP は、2010年から活動を開始しているPLoP (Pattern Language of Programming) で、Scrum をパタンランゲージの形で表現して、Scrum がうまくいく理由、考え方、経験などを共有できるようにしようとしています。
このセッションでは、ScrumPLoP自体のご紹介した後、書かれたパタンのいくつかを一緒に読んでみましょう。
みなさんの Scrum 実践の中から、「こうやったらうまくいったよ」というパタンの種も探したいと思っています。

ScrumPLoP is a PLoP focusing on Scrum. We've been working on Scrum as patterns since 2010 and collaborating to form a Scrum pattern language.

In this session, we introduce ScrumPLoP... more »

Voting

39 votes
39 up votes
0 down votes
kudos icon +

プロダクトオーナーシップ Product Ownership

DtoDに基づくユーザーストーリーの組み立て Eliciting user stories with DtoD

アジャイル開発の普及とともに、要求をユーザーストーリーの形式で記述し、優先順位の高い順に開発を進め、納品していくというプラクティスが多くの開発に適用されている。
ユーザーストーリーは、「<役割>として、<機能/性能>ができる。そして<価値>が得られる」という簡潔な形式で要求を表現できる。しかし、記述されたユーザーストーリーが顧客、業務及び技術などの複数の利害関係者の観点を反映しているかどうか、また「INVEST」[1]を満たしているかどうか、を判断するためには不十分である。
これらの課題の解決策として、要求/分析の分野で長年に渡り活躍してきた米国EBG Consulting社のEllen GottesdienerとMary Gormanが Discover To Deliver (DtoD)[2]というフレームワークを考案した。DtoDは複数のリリース、次のリリース、次の反復という3つの時間軸と以下に示すプロダクトの7側面の観点を用いて、ユーザーストーリーを組み立てて、その実現スケジュールを利害関係者で話し合い、合意し、「正しいプロダクト」を納品するためのフレームワークである。... more »

Voting

10 votes
10 up votes
0 down votes