Showing 3 ideas for tag "businessoutcome"
(@peterim)

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum

Ciscoは、アジャイル開発の手法の1つである、スクラムという方法を使いビジネスのやり方を変えようとしています。100%ウォーターフォールモデルを使っていた25,000人のCiscoのエンジニアをどのようにスクラムに移行していったのかをご紹介します。

現在、ビジネス側との強いパートナーシップと連携がビジネスの結果をより迅速に提供する原動力となっています。
しかしながら、私達のアジャイルへの進化のジャーニーは3年前に始まり、戦略的に、戦術的に、そして段階的に進められておりいまだ進行中です。
このジャーニーは、1つのサイクルが6か月から9か月を要するウォーターフォールモデルから、毎週、毎月と短期間で新しい機能をリリースできるアジャイル手法へビジネスの遂行力を変えていかなければならないという
必要性をエグゼクティブリーダーシップが認識し、強く希望したことから始まりました。
そして、全社的にこの進化の要となるアジャイル・リーダーを育成するという難しさを経験しました。... more »

Voting

37 votes
37 up votes
0 down votes
(@stevemcgee)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

組織変革における21世紀の新しいマネジャーの重要な役割

スクラムコーチとして私たちは影響を与えることができます。
Subject Matter Expert (SME) も同様な権限を持つように、マネジャーは変革を起こすパワーを持っています。

マネジャーは、自分の部下たちと直接的な関係を持っており、部下たちは自分たちのマネジャーに対し、どうしたら良いか明確な方向性を提供してくれることを期待しています。

組織を変革するためには、マネジャーのサポートが不可欠です。
どうすれば組織の目標や課題を達成するために協働できるか、マネジャーが他のマネジャーとミーティングを持ち、話し合うことがマネジャーの仕事です。
マネジャーたちは問題と機会について合意し一致する必要があります。

このセッションでは、マネジャーのこの新しい重要な役割について説明し、マネジャーが組織の透明度を高め、組織の目標を一致させ、方向性を揃え確実にアクションを実行するために用いる新しいツール(OKRやChange Canvasなど)も紹介します。... more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes
(@stevemcgee)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

進化を目指すアプローチと旧来の変革アプローチ

自分たちの問題が解決しないような急激な変革に賛同するようにマネジャーや人々を説得することは、全く時間の無駄です。

あなたが今行っていることから始めていき、その中から変化を起こしながら進化することは可能です。

Agile Change Management、Lean Change Method、Kanban Methodといった組織を変革するための新しいアプローチが生まれました。
これらは、「Push型のアプローチに対してPull型のアプローチ」であり、小手先のトリックではなく、最初からエンゲージメントすることが組み込まれています。

2014年に日本で「ユニークなアプローチ:マネジャー主導で、まず問題の合意にフォーカスし、問題解決のソリューションの仮説を作り、結果を測定する」をスクラムコーチに紹介しました。

このセッションでは、この新しいアプローチのさらなる全体像とその具体例、用いるツールなどを紹介します。
参加者は、進化を目指すアプローチとは何か、どのように始め、いかに継続していったらよいかを理解できます。... more »

Voting

5 votes
5 up votes
0 down votes