(@hidehikoakasaka)

その他 Others

本当に顧客の要望わかっていますか?顧客自身もわかっていないのに…~サービスデザイン思考とは?~

スクラムで開発するとき、プロダクトは顧客が本当に望んでいるものになっていますか?
例えば、iPhoneのようなイノベーティブな商品が登場するとき、顧客は事前に
「iPhoneのようなものが欲しい。」と要望していたでしょうか?
また、iPhoneの発表があったときにすぐに欲しいと思った人はどれだけいたで
しょうか?
大多数の人は、発売されて店頭で実際に見て、触ってみて、はじめて「ああ、これが私の望んでいたものだ」と思ったのではないでしょうか?
そう、顧客の本当の要望は顧客自身もわかっていないのです。
わかっていない要望をどのように把握するのでしょうか?もちろん顧客に聞いてもだめです。
そして顧客は、実際に見たり、触ってみないと、自分が望んでいたものかどうかわかりません。
いきなりソースコードを書いてプロトタイプを作っていたら、時間もコストもかかってしまいます。
そこで「サービスデザイン思考」です。
スクラムで開発する前にサービスデザイン思考を用いて、顧客自身もわかっていない要望を見つけましょう。... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@khiranabe)

スクラムってなに? What is Scrum?

People As the Conveyer of Knowledge (知識は人が運ぶ)

In 1986, Prof. Ikujiro Nonaka co-wrote with Prof.Takeuchi a well-known paper "The New New Product Development Game", and coined the word "Scrum" which is later referred to by Jeff Sutherland in his modern Scrum in Agile development context. Here I’ll present some important ideas about “how knowledge is created” and “who is the center of the knowledge creation”, discussed in the Nonaka's Scrum concept but not yet discussed... more »

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes
(@stevemcgee)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Evolutionary Change to Overcome Resistance

Don’t waste time trying convince managers to implement a radical system that doesn’t solve their (the Manager’s) problem.

Starting with what you do now, it is possible to begin an evolutionary transformation.

New approaches to organization change have emerged: Agile Change Management, Lean Change Method, the Kanban Method.
These are ‘pull vs. push’ approaches. They have engagement built in - no gimmicks.

Introduced... more »

Voting

5 votes
5 up votes
0 down votes
(@tsuyoshiushio)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Microsoftが実践したScrum導入7年間の旅、そしてDevOpsへの進化

巨大企業Microsoftがなぜ、そしてどのようにScrumを導入していったのか?サービスリリース日に直面した失敗と学び、そしてその後のチーム学びと進化を、人・プロセス・技術の面から生々しくレポートしたいと思います。全世界にまたがったグローバルチーム開発、グローバル分散環境のデプロイメント戦略、プロダクションからの学び、テレメトリ戦略、DevOpsへの旅まで具体的にお話しいたします。

 

 近年突然インパクトある製品やサービスを生み出すことができるようになったMicrosoftは何故変わることが出来たのでしょうか?その秘密を公開いたします。

Voting

27 votes
27 up votes
0 down votes
(@sylvainmahe)

その他 Others

The Facilitator’s Toolkit: 12 tools to reinvent your ceremonies

Goal of the session
Learn how facilitation tools can help you bring an Agile team to the next level!

Session Outline
This energetic session will give the participants the opportunity to discover and experiment facilitation tools that make meetings more productive, fun and engaging while promoting collaboration and building trust:
– How do you easily break the ice?
– How can you identify participants that would prefer... more »

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes
(@stanlylau)

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Fight Legacy Code Write Unit Test

Legacy code causes pain and impedes delivery. Developers are living with it everyday either from what they wrote or what they received. This session introduces how legacy code comes about and how to work effectively with it. There will be some source code shown.

Agenda:
1. What is legacy code?
2. The Problem
3. How to deal with it?

Target Audiences:
Not limited to developers, team leads and managers who have met the... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@kdmsnr)

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

レゴスクラムの覚醒 / The Lego Scrum Awakens

「あまり時間をかけずにスクラムを導入したい」「開発者以外にもスクラムを広めたい」。そのような声をいただいて、ワイクル株式会社では2012年から「レゴスクラム」と呼ばれるシミュレーションゲームを実施してきました。これまでに500人以上の方々に受講いただいております。ですが、年に数回程度しか一般公開しておらず、法人研修でのみ実施しているため、あまり目に触れる機会がないと思います。本セッションでは、そのような方々のために、「レゴスクラムとは何か」「どのような特徴があるのか」「組織にどのような効果をもたらすのか」などといった気になる点を簡単にご紹介いたします。

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes
(@ryo.inaba)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Agile人材の評価とキャリアプラン

■前提
・キャリアとは不確実性に富み、不確実性を受け入れる間口を持つことが『機会』である
・キャリアは、ライフプランやステージの変化によりその形を変え、プランには多様性がある
・Agile/Scrum人材の姿勢は銃士の姿勢であり、壁を作らず状況に応じて適宜適切に対応すべき

■課題認識
・多くの会社では未だに、期首に目標を立て期末に評価するような、不確実性や流動性を前提としない評価をしていないでしょうか?
・多くの会社では未だに、「プログラマ⇒設計者⇒コンサル⇒管理者」と、キャリアパスが1本になってはいないでしょうか?
・メンバの評価がプロジェクトの売り上げベースで左右され、能力と実績が混同されていないでしょうか?

■語りたいこと
・人事制度の多くは「うちは特別だから」「うちはこのやり方が適してるから」「今までこうだからこう決まっている」と言う論理的ではない考え方で硬直することが多いと思います。
・しかし、不適切・不整合・不当な、評価や処遇やキャリアパスは人材を殺し離れさせます。... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@kokikawagoi)

達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster

Whyから始めるスクラムマスター ~ふりかえりから始めたスクラム~

スクラム導入の許可を取れたが、全部を導入を許可してもらえないことがあリませんか?スクラムって言わずこっそり導入したいときもあると思います。

 

自分が導入するときには、導入までの話はFearless-Changeにお世話になりました。しかし、Fearless-Changeの一歩先になると、理想と現実の着地点を考えながらスクラムをやっていくことに困難がありました。

「スクラムを全部導入できないからうまくいかない」って諦めなくていいように対策しませんか?自分が実践した振り返りをベースに認めてもらうきっかけを作りながら、ゆるやかにスクラムを導入した方法をお伝えしたいと思います。

 

具体的には、改善することのメトリクスを設置する、ボトルネックを探して改善策を誘導する、スクラムのプラクティスのWhyを考えて有効な場面で導入できるようにしておくこと、をお話します。

Voting

20 votes
22 up votes
2 down votes
(@mrmallete)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

5 Target Conditions towards Agile Adoption

In the book "Toyota Kata" by Mike Rother, highlighted the importance of a "target condition" towards Kaizen. Inspired by this, we had been working with multiple organizations of various sizes and plethora of domains in adopting Scrum and Agile Software Development guided by 5 Target Conditions. This talk will be about what these target conditions are, how we help organizations with these, and what results we had experienced.... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@taihuynh)

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Offshore and Nearshore Scrum teams

Offshoring / Near-shoring part of a team is relatively much more difficult in a Scrum framework than in Waterfall. But with a committed organization that can make well-defined engagements and appropriate infrastructure changes, the benefits can be tremendous. It will be Scrum that can work around the clock . . . literally!

 

Come and join the session to know how to deal with offshore / nearshore Scrum teams.

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes
(@stanlylau)

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Bridging the communication gap with Specification by Example

Having trouble with users can’t fixed the requirements? Built the wrong functionality? This talk illustrates some of the common problems in software development and shows you how the practice of Specification by Example can reduce the communication gap. Specification by Example has its influences from XP practices like Test-Driven Development and Acceptance testing and is regarded as one of the cornerstones in software... more »

Voting

15 votes
15 up votes
0 down votes