(@yasuminakano) kudos icon +

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

金融系IT企業におけるスクラムへの挑戦

当社は生命保険分野を中心として、様々な生保、銀行様向けのシステムをウォーターフォールで開発してきました。

このような当社が、今回新規ソリューション開発において、初めてアジャイル開発にチャレンジしており、その中での具体的な取組み内容や、悩んだこと、工夫したことをご紹介いたします。

通常のウォーターフォールプロジェクトでは、EVMによる進捗報告、メトリクスによる定量的な品質評価が当たり前の世界の中で、アジャイル開発ではどのように進捗の定量報告、品質担保、品質評価していったかなど、試行錯誤しながら取組んだ施策をご説明いたします。


【想定アジェンダ】(変更の可能性あり)

 ・導入/立上げプロセスとポイント
   -WF前提の社内標準開発ルールからの逸脱の調整
   -社内の管理部門との合意(リスク管理、品質生産管理部門)
   -ファシリティ
   -スクラムコーチの活用

 ・KPTによるプロセス、運営改善の具体事例と効果
   -デイリーミーティングでの工夫... more »

Voting

20 votes
20 up votes
0 down votes
(@makototakaesu) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

PMP取ってみた

Project Management Professionalの取得者はまだまだ非アジャイル実践者に多いと思われます。

が、プロジェクトである以上プロジェクトマネジメントが必要であるのはアジャイルやスクラムを取り入れた開発でも変わりはありません。

「プロジェクトマネジャーについては書かれてないし、むしろ自己組織化を阻む存在でしかないのでいらない」、なんて思っていませんか?

それを否定はしませんが、だからこそスクラムチームみんなでプロジェクトマネジメントとは何かを学び、それらを自分たちで取り組むべきこととしてプロジェクトに望む姿勢が必要だと思いませんか?

ということで本セッションでは、以下のことを話したいと思います。

・PMPへの想い
・PM要る?
・PMBOKいいとこ紹介
・PMP要る?

そもそもプロジェクトってなんなのよ?な方、プロジェクトマネジメントって嫌いだし苦手なんだよなぁとお悩みの方、プロジェクトマネジャーなんだけどどうすればアジャイル/スクラムってものをうちでもやれるんだろう?と疑問に思ってる方、などなどどなたでもお気軽にご参加ください!... more »

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes
(@stevemcgee) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Simple tool for Retrospective to Impact Beyond Your Team

Retrospectives are great for healthy, productive teams.
However we all know that there are causes outside the team that impacts performance.

Managers don’t care too much about Velocity. But they do care about ROI.
One simple metric can help your Scrum Master get manager support for improving organizational systems.
We will teach how to calculate the metric and how to visualize ROI for your team.
The Manager will... more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes
(@tsutomu.yasui) kudos icon +

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

それ僕のTDDと違う!

TDD(テスト駆動開発)の基本から、賛否両論の議論を紹介し、どうTDDを活かしていけばいいか、紹介します。

 

1年くらい前のネタの再演になります。

http://www.slideshare.net/yattom/hey-its-not-my-tdd

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes
(@khiranabe) kudos icon +

スクラムってなに? What is Scrum?

People As the Conveyer of Knowledge (知識は人が運ぶ)

In 1986, Prof. Ikujiro Nonaka co-wrote with Prof.Takeuchi a well-known paper "The New New Product Development Game", and coined the word "Scrum" which is later referred to by Jeff Sutherland in his modern Scrum in Agile development context. Here I’ll present some important ideas about “how knowledge is created” and “who is the center of the knowledge creation”, discussed in the Nonaka's Scrum concept but not yet discussed... more »

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes
(@twinpanichsombat) kudos icon +

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Stack Overflow Driven Development: The Right Way

Stack Overflow Driven Development: The Right Way, Since Stack Overflow was invented, it is the light of hope of software industry. It shows the world that finally we have found our definition of “reuse” which is “copy and paste”. This session will how you “how to use stack overflow in proper way” so that you can deliver software together with good quality of code.

Target Audience: For management level you will know what... more »

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes
(@shinichiroishikawa) kudos icon +

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

大規模スクラムによる市場変化に対応できる組織作り

めまぐるしく変化するIT業界において、変化に対応できる組織の構築が企業の課題となっています。

私たちはインターネットサービスの市場変化に素早く対応できる組織作りを目指し、4つの開発チームで3つのサービスを開発するという取り組みに挑戦しました。

本セッションでは、組織作りを目的に大規模スクラムを導入した背景、この取り組みが組織に何をもたらしたのかを紹介します。

 

■想定する受講者像

・大規模システムの開発担当者

・マネージャー

 

■どのようなものを得られるか

・大規模スクラムの実践例

・市場変化に対応できる組織作り

Voting

11 votes
11 up votes
0 down votes
(@mrmallete) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

5 Target Conditions towards Agile Adoption

In the book "Toyota Kata" by Mike Rother, highlighted the importance of a "target condition" towards Kaizen. Inspired by this, we had been working with multiple organizations of various sizes and plethora of domains in adopting Scrum and Agile Software Development guided by 5 Target Conditions. This talk will be about what these target conditions are, how we help organizations with these, and what results we had experienced.... more »

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes
(@mitsuyukishiiba) kudos icon +

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムの中で、何をやってて、何をやってないか。とその理由と試行錯誤。

楽天の大阪支社の開発部で、スクラムをベースにした開発を数年楽しくやってます。その中で例えば、スプリントボードをあれこれ考えながら作ってみてたり、バーンダウンチャートは書いてなかったり、組織構造的な難しさがある中でPOチームを組んでたり、ストーリーポイントは使っていなかったり。そんな風に、「やってること」と「やってないこと」があるなぁと思いました。そして、僕は自分がやってることが「これが正解だ!」とは思ってはいないし主張するつもりもないんですけど、その一つずつに自分なりの理由はあるんです。なので、その理由や試行錯誤をみなさんに共有してみて、それに対するみなさんの意見を聞いてみて、僕自身の考え方の幅を広げられる機会になったらいいなぁと思いました。

[これまでの発表内容]
The Power of Lazy Engineers
http://rakutentechnologyconference2015.sched.org/event/04db5f7f872c40261410edfde901d670... more »

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes
(@nguyenhien) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

Being Agile: How we operate an office with flat management

I'm an engineer in 20-engineers-office where we are doing some parallel projects of an awesome product.

It's my story about how to operate our office with only engineers (more than 20) who can do everything to make the projects run, the office works in our happiness. It's not only by applying Agile in our projects but also by being Agile in our organization where everybody has a family spirit to be responsibility of... more »

Voting

17 votes
17 up votes
0 down votes
(@h.messer) kudos icon +

その他 Others

How to manage distributed teams successfully

In Hugo’s workshop, participants will create a best practice board in teams of 5-6 people. The teams go through each block of ‘The Bridge Canvas’. The goal is to share best practices, ideas and experiences. Per block, each team selects the ‘best best practice’. At the end of the workshop, each team will present the best best practices for each block.

At the start of the workshop, Hugo shares a few best practices (personal... more »

Voting

4 votes
4 up votes
0 down votes
(@hiroaki.xo) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

あじゃいる時代のソフトウェア品質保証 〜DevSQAの提案〜

「アジャイルってなんだか流行ってるけど、ソフトウェアの品質保証ってどうやるのか。品質保証部門はどうアジャイルに関われば良いのか。」

アジャイル宣言にもその背後の12の原則にも、「品質」という言葉は一切出てきません。アジャイルの時代において、品質保証部門はもはや用済みなのでしょうか。

アジャイル、DevOps、IoTの時代における品質保証部門の存在意義とは何か、どんな取り組みをしていくべきなのか。DevOpsならぬ"DevSQA"の提案と共にお話しさせていただきます。

Voting

19 votes
19 up votes
0 down votes
(@kawaguti) kudos icon +

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

チョコレーゴ! 〜 スクラムゲームで学ぶDevOps

このワークショップでは「チョコレーゴスクラム (Chocolate, LEGO and Scrum)」というゲームを使ってDevOpsの文化を導入するシミュレーションを行います。

このセッションに参加すると、開発プロセスごとに分かれた組織全体をいかに最適化していくべきか、自分で試してみることができます。スプリント期間が長すぎたり、デプロイが延期された場合の悪影響を視覚化します。フィードバックループを増幅し、セキュリティ担当を巻き込み、継続的に価値を届けるために進化していきます。でも使うのは、レゴとチョコレートだけ (特定技術の経験は問いません)。

『The DevOps 逆転だ! 究極の継続的デリバリー (The Phoenix Project)』と『ザ・ゴール (The Goal)』にインスパイヤされて作られたこのワークショップで、DevOps文化をモノにする最初のステップを踏みましょう。その必要性がはっきりと理解できるにちがいありません。... more »

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes