Regional SCRUM GATHERING® Tokyoセッション公募ページへようこそ

Welcome to Regional SCRUM GATHERING® 2016 Call For Sessions

→ See description in English.


このページは、Regional SCRUM GATHERING® Tokyoのセッション公募サイトです。
イベントについてはRegional SCRUM GATHERING® Tokyo公式サイトをごらんください 。

まずここではセッションを投稿することができます。さらに、興味のある他人のセッションに投票したりコメントすることでコンテンツ作りに参加することができます。投稿者はコメントを受けてセッション内容をより良いものにすることができます。
みなさまの積極的な参加をお待ちしております!

■セッション公募の流れ
下記のスケジュールに沿って、セッションを公募します。

  1. セッション公募とレビュー     2015/10/24~2015/11/28
  2. セッション決定と登壇者へのご連絡 2015/11/28〜2015/12/12

■セッションSpeakerになりたい方へ
下記の要領に従って、セッションの内容を登録してください。

  1. まずは、ideaScaleユーザーの登録
  2. 左上の“新しいアイディアを投稿”をクリック
  3. 画面に従い、セッションの題名、内容を入力
  4. 適当なタグの他に、セッション枠(20分または45分)をタグ付けして下さい
  5. セッション内容に合ったキャンペーンを選択し、投稿!
キャンペーンについて
キャンペーンとは、セッションの内容をカテゴライズしたものです。
セッションの決定にあたっては、キャンペーンの種類ごとにバランスを調整する場合がありますので宜しくお願い致します。
キャンペーンの種類は以下のとおりです。
  • スクラム全般のテーマ
    • スクラムってなに? What is Scrum?
    • スクラムのはじめかた How to begin Scrum
  • チームや組織のテーマ
    • チームの学びと成長 Learn and Grow by Team
    • 組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process Improvement
  • 各ロールにフォーカスしたテーマ
    • ソフトウェア開発の熟達 Software Craftsmanship
    • 達人スクラムマスターへの道 A way to be a master of ScrumMaster
    • プロダクトオーナーシップ Product Ownership
  • ワークショップ、その他
    • ゲームで学ぶ Learn by playing Game
    • その他 Others
投稿が終わった時点から投票の対象となります。

■セッションの投票をしたい方
ideaScaleユーザーの登録を行うと、どなたでも投票することができます。自分の見たいセッションに投票しましょう!あなたの一票がプログラム構成に反映されます。
また、投稿されているセッションにコメントしてあげてください。あなたの「ここを一番聞きたい!」「こんなことも話してほしい!」と言った要望が反映されたセッションになるかもしれませんよ。どんどんコメントして、あなたの意見をセッションに反映してもらいましょう!


This is a session proposal submission form for Regional SCRUM GATHERING® Tokyo 2016.
To learn event details, go to Regional SCRUM GATHERING® Tokyo website.

The Regional SCRUM GATHERING® Tokyo is one of the biggest conferences focusing on Scrum and Agile in Japan. It will run for two days from January 18th to 19th.

Please share your experience at your workplaces or any ideas related to Scrum. We accept talks, workshops, discussion panel ideas, but we also welcome your ideas. All submissions will be posted here, reviewed and discussed by community. Though Japanese is the official language of the conference, we welcome submissions in English.

Here you can submit ideas, vote on existing ideas, or add comments.

To submit your session, please click the Submit New Idea button at the top of the navigation sidebar. You will then be asked to add a title and choose a campaign for the new idea. Campaigns are like these :

  • Basics
    • What is Scrum?
    • How to begin Scrum
  • Team and organization
    • Learn and Grow by Team
    • Organizational Change and Process Improvement
  • Scrum Roles
    • Software Craftsmanship
    • A way to be a master of ScrumMaster
    • Product Ownership
  • Workshops, etc.
    • Learn by playing Game
    • Others
PLEASE NOTE: Each duration of a session should be a 20 or 45-minute time slot including time for questions. Please provide duration (20mins or 45mins) of your session by adding either tag.

You will also have the option to add tags to the idea. To vote on an idea, simply click the up or down arrows to the right of the idea title/description. And to add a comment, click in the box below the idea.

If you would like to see all ideas created with a specific tag, you can click on the word or phrase via the tagcloud in the navigation sidebar area under "What we're discussing". You can also view ideas sorted by Campaigns from the right navigation area. To return to this page, click the All Ideas link.

Submission and discussion deadline is November 28th. Each person can submit multiple proposals. Organizing committee will send you an acceptance or a reject notice by December 12th. Accepted speaker will receive a free admission ticket.

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Cisco’s Agile Journey – Continuous Delivery and Scaling Scrum

Ciscoは、アジャイル開発の手法の1つである、スクラムという方法を使いビジネスのやり方を変えようとしています。100%ウォーターフォールモデルを使っていた25,000人のCiscoのエンジニアをどのようにスクラムに移行していったのかをご紹介します。

現在、ビジネス側との強いパートナーシップと連携がビジネスの結果をより迅速に提供する原動力となっています。
しかしながら、私達のアジャイルへの進化のジャーニーは3年前に始まり、戦略的に、戦術的に、そして段階的に進められておりいまだ進行中です。
このジャーニーは、1つのサイクルが6か月から9か月を要するウォーターフォールモデルから、毎週、毎月と短期間で新しい機能をリリースできるアジャイル手法へビジネスの遂行力を変えていかなければならないという
必要性をエグゼクティブリーダーシップが認識し、強く希望したことから始まりました。
そして、全社的にこの進化の要となるアジャイル・リーダーを育成するという難しさを経験しました。... more »

Voting

37 votes
37 up votes
0 down votes

ゲームで学ぶ Learn by playing Game

ボードゲーム「世界一周ゲーム」で遊ぼう

「JALで行こう!世界一周ゲーム」を遊びに来ませんか?

このボードゲームは、昔、バンダイから発売されていたもので、ゲームの目的は3週間の旅を満喫してマイルを貯めることです。

ルールとしては、毎週、旅行の目的地が決まり、毎日の移動で各地を楽しみながらマイルを貯めていきます。

毎週ゴールがあるこのゲームは、1週間スプリントが体験できる市販ゲームと見ることができます。スクラムをチームに導入するさいのとっかかりとして使えそうな、このボードゲームを体験してみませんか?

 

スクラムを導入する際に組織の抵抗をどのように軽減しようか悩んでいる方にとっての、あらたな導入方法の一助になれば幸いです。

 

当日は、ふりかえりなどのイベントを加えながらゲームで遊び続ける予定です。

 

難しいことを考えなくても、ゲームを楽しむ気軽な場として、ご来場ください。

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session.

ホワイトボード

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes

スクラムのスケールアップ Scaling up Scrum

Product Backlog Refinement Workshop in Large Scale Scrum

Product backlog refinement (or grooming) is one of the activities in Scrum. This session is about how to do it in different scales.

In this session, we’ll explore the product backlog refinement practices from the situation of “a single person project”, to "a single scrum team", to "one PO with multiple teams", and to "8+ teams on one product."

The examples in the session are from real life organization. There will also... more »
ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session.

Two flip chart stands.

追加の詳細情報 / Comments

The speaker is an agile coach from Odd-e Singapore team. He's more than 1 decade experience in Nokia gave him deep understanding in Large Scale Scrum. He is also a certified SAFe Program Consultant, with which he has a good understanding of how scaling frameworks differentiate from each other.
The speaker is also a developer in open source projects. And he is the developer of http://less.works web site.

Voting

18 votes
18 up votes
0 down votes

チームの学びと成長 Learn and Grow by Team

スクラムの中で、何をやってて、何をやってないか。とその理由と試行錯誤。

楽天の大阪支社の開発部で、スクラムをベースにした開発を数年楽しくやってます。その中で例えば、スプリントボードをあれこれ考えながら作ってみてたり、バーンダウンチャートは書いてなかったり、組織構造的な難しさがある中でPOチームを組んでたり、ストーリーポイントは使っていなかったり。そんな風に、「やってること」と「やってないこと」があるなぁと思いました。そして、僕は自分がやってることが「これが正解だ!」とは思ってはいないし主張するつもりもないんですけど、その一つずつに自分なりの理由はあるんです。なので、その理由や試行錯誤をみなさんに共有してみて、それに対するみなさんの意見を聞いてみて、僕自身の考え方の幅を広げられる機会になったらいいなぁと思いました。

[これまでの発表内容]
The Power of Lazy Engineers
http://rakutentechnologyconference2015.sched.org/event/04db5f7f872c40261410edfde901d670... more »

Voting

23 votes
23 up votes
0 down votes

スクラムってなに? What is Scrum?

ビジネスプラクティスで捉えるScrum

書店で自己啓発コーナーなどに行けば分かるように、世の中には数多くのビジネスプラクティス・思考フレームワークが出回っています。それらはソフトウェア開発以外だったり、より汎用的なものだったりしますが、ソフトウェア開発に通じることも多くあります。

セッションでは、そのような他のフレームワークの観点でScrumを捉えることにより、Scrumの価値や、Scrumのプラクティスの適用におけるポイントを再認識するきっかけになればと思っています。

また、Scrumが有名なビジネスプラクティスに従ったという説明ができるようになれば、経営者層にも価値を伝えやすくなると思っています。

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

スクラム型受託開発の工夫あれこれ

フリーランスメンバーを中心にスクラムを導入して受託開発を行っています。

その中で行っているプラクティスとその工夫、上手くいくパターンと危ないパターンを報告できればと思います。

受託開発をしている方へのヒントになればと思います。

事例としては、新規事業開発、既存サービスのリプレイス、既存サービスの拡張などのパターンがありますが、基本的にBtoCサービスが多いです。

 

 

【想定アジェンダ】(変更の可能性あり)

* 契約形態

* 発注側と受託側の役割分担

* 発注者の意識や行動の変化(成功パターン)

* 課題(失敗パターン)

 

 

【想定する受講者像】

* 受託開発会社に勤めるエンジニア・マネージャ・経営者

* エンジニア不足に悩む事業会社

 

 

【どのようなものを得られるか】

* 日本の受託開発におけるスクラムの実践例

* 受注側へのスクラムの説明方法/巻き込み方

* フリーランスエンジニアとの協業事例

追加の詳細情報 / Comments

20分希望です。

Voting

14 votes
14 up votes
0 down votes

その他 Others

Teach in the University Programme : Agile and Scrum

This will be a session discussing about how the previous company that I worked for partnered with one of the biggest state universities in the Philippines in teaching Agile Methodologies and Practices by creating an elective course where actual Scrum Masters and Engineers from the company talk about how these concepts are being practiced in real working environments.

Additional Information :
Targeted Audience : Companies/any... more »

Voting

6 votes
6 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

あなたのチームの「いい人」は機能していますか?

【概要】
あなたの開発チームには、だれもやりたがらない仕事を率先して引き受けてくれたり、落ちているボールを積極的に拾ってくれるような、「いい人」はいますか?
言われなければ気が付かないけど、誰かがやってくれているからチームがうまくいっている「文化的雪かき」のような仕事が存在します。
そして、そういった仕事をやっている「いい人」が知らぬうちにすり減ってしまうケースが意外に多く存在するのかもしれません。
 
とある開発チームの1年の変革をベースに、以下をお話します
 
- 開発チームにおける「いい人」の定義
- 「いい人」が陥りがちで見逃しがちな罠
- 「いい人」がチームに与える悪影響
- 「文化的雪かき」を分類する
- 「いい人」のかけがえない価値について
- 多様なマインドセットを持ったチームにおける「文化的雪かき」の平準化方法
- OKR を用いたチームマネジメント
- 「いい人」のキャリアマネジメント
 
【想定する受講者層】... more »
追加の詳細情報 / Comments

株式会社 RightSegment

Voting

20 votes
20 up votes
0 down votes

スクラムのはじめかた How to begin Scrum

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみたお話

フィリピンのスタートアップにスクラムを導入しようとしてみた事例を紹介します。

「スクラムの導入をサポートして欲しい」という依頼をうけて、2015年10月中旬から4週間フィリピンに行ってスクラムの導入にチャレンジしてきました。

英語をほとんど話せない私がフィリピン、インドネシア、日本の多国籍チームに対してどのようにアプローチし、何を行ない、その結果どうなったかについてお話したいと思います。

 

■アジェンダ(仮)

- 経緯

- 当初の状況

- 各週(1〜4週)で実施したこととそのフィードバック

- やり残したこと、言い残してきたこと

- まとめ

 

参考までに、現地のリクルーティングイベントで発表したスライドはこちら。

http://www.slideshare.net/aratafuji/is-scrum-the-best-choice-for-you

Voting

22 votes
22 up votes
0 down votes

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

ペア・ドローイングやってみよう! / Let's try pair drawing

ペアプログラミングは実際にやってみないと効果が理解できず、実際に職場でやるのは意外とハードルが高いことが多いです。ペアプログラミングの効果を手軽に体感できる、ペア・ドローイングというエクササイズがあります。Joshua Kerievskyが考案したもので、このエクササイズを参加者どうしでペアを組み、実際にやってみましょう。

https://www.industriallogic.com/blog/pairdraw-2/

It can be difficult to understand the value of pair programming without actually doing it. And doing pair programming in your working environment can also be hard. There is an excersice named Pair Drawing... more »
ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session.

ペン(多色、1人1本)と紙を使います。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

その他 Others

本当に顧客の要望わかっていますか?顧客自身もわかっていないのに…~サービスデザイン思考とは?~

スクラムで開発するとき、プロダクトは顧客が本当に望んでいるものになっていますか?
例えば、iPhoneのようなイノベーティブな商品が登場するとき、顧客は事前に
「iPhoneのようなものが欲しい。」と要望していたでしょうか?
また、iPhoneの発表があったときにすぐに欲しいと思った人はどれだけいたで
しょうか?
大多数の人は、発売されて店頭で実際に見て、触ってみて、はじめて「ああ、これが私の望んでいたものだ」と思ったのではないでしょうか?
そう、顧客の本当の要望は顧客自身もわかっていないのです。
わかっていない要望をどのように把握するのでしょうか?もちろん顧客に聞いてもだめです。
そして顧客は、実際に見たり、触ってみないと、自分が望んでいたものかどうかわかりません。
いきなりソースコードを書いてプロトタイプを作っていたら、時間もコストもかかってしまいます。
そこで「サービスデザイン思考」です。
スクラムで開発する前にサービスデザイン思考を用いて、顧客自身もわかっていない要望を見つけましょう。... more »
ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session.

付箋紙 ・コピー紙(A4,A3) ・サインペン

追加の詳細情報 / Comments

発表者:(株)オージス総研 竹政 昭利、赤坂 英彦
90分を希望します。

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

ソフトウェア開発技術 Software Craftsmanship

Mob Programming をやってみよう! (Let's try Mob Programming!)

Mob Programming は、チームメンバー全員で、1台のPCを使って、アプリケーションを開発する手法です。

(詳しい説明は、後で追加します)

 

Youtubeでその様子が紹介されてます。

 

前から興味はあるのですが、こればっかりは1人じゃできないので、SCRUM GATHERING Tokyoに集まる人と一緒にやれると、とても嬉しい。

 

時間: 90分くらい? (もっと??)

人数: 8人程度 (本家はMAXこれくらい、最初のTRYは少なくしたほうが良い?)

ネタ: ペアプロのお題からちょっと難しそうなのを選ぶのはどうだろう?

言語: (どうすればいいんだろう? 固定しても大丈夫かな)

PC: (私の使ってもいいけど日本語配列だよ?)

ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session.

スクリーン(かなり大きいやつ)、プロジェクタ

追加の詳細情報 / Comments

本家サイトでワークショップの概要が紹介されてます。(1日コース)
http://mobprogramming.org/mobprogramming-workshop-at-tagged-in-sf/

Voting

12 votes
12 up votes
0 down votes

その他 Others

Get BDD with Cucumber

BDD is principally an idea about how software development should be managed by both business interests and technical insight, the practice of BDD does assume the use of specialized software tools to support the development process.[2] Although these tools are often developed specifically for use in BDD projects,

• Speaking a common language
• Making user stories power effective conversations
• Why describing behaviours... more »

Voting

16 votes
16 up votes
0 down votes

組織変革とプロセス改善 Organizational Change and Process

チョコレーゴ! 〜 スクラムゲームで学ぶDevOps

このワークショップでは「チョコレーゴスクラム (Chocolate, LEGO and Scrum)」というゲームを使ってDevOpsの文化を導入するシミュレーションを行います。

このセッションに参加すると、開発プロセスごとに分かれた組織全体をいかに最適化していくべきか、自分で試してみることができます。スプリント期間が長すぎたり、デプロイが延期された場合の悪影響を視覚化します。フィードバックループを増幅し、セキュリティ担当を巻き込み、継続的に価値を届けるために進化していきます。でも使うのは、レゴとチョコレートだけ (特定技術の経験は問いません)。

『The DevOps 逆転だ! 究極の継続的デリバリー (The Phoenix Project)』と『ザ・ゴール (The Goal)』にインスパイヤされて作られたこのワークショップで、DevOps文化をモノにする最初のステップを踏みましょう。その必要性がはっきりと理解できるにちがいありません。... more »
ペンや付箋など講演(ワークショップ)で必要なモノ / Request for what and how many supplies (i.e. markers, sticky notes, post-its, etc.) for your session.

8人チーム(Dev,Ops) x 4、6人チーム(Biz) x 2 を基本構成とします。それぞれ長机2-3台を合わせたグループ机が必要です。

Bizチームに一台ずつのホワイトボード、全体用に一枚のホワイトボード

プロジェクタとスクリーン1セット

そのほかの備品は用意します。

Voting

13 votes
13 up votes
0 down votes